今回は、陶器のお話です。 時々、陶器の収集を趣味にしている方が、いらっしゃるので、本当にその趣味は、続ける方が、良いのか、このお話を聞いて欲しいと思って、お話を進めていきます。 ご興味のある方は、どうぞ、お読みになってく […]

1.その戦いの装備は、とても大規模です。だから、その戦う兵の食料や、その費用、丁寧に扱うべき賓客、又、装備の費用、など、かなりの金額が必要になる。 そうして、ようやく、充分な装備をして、戦いが、できるようになる。 2.戦 […]

兵は、詭道(キドウ)なり。 戦いは、人を欺(アザム)く。これは、だます、まどわす、こと。そのようなやり方。正しくない手段。 ①できる能力があるのに、できないような態度をして、そして敵をだます。 ②近くに居るのに、わざと遠 […]

今回も「勝つ」為の準備のお話の続き、です。 前回を踏まえて、敵、味方、の情報分析です。 お互いに比較して、 ①リーダーが正しい哲学を持っている。 ②その組織をまとめる力が、優秀であること。 ③タイミング。そのアクセスポイ […]

中国、呉の国の「孫子の兵法」に触れたい、と思う。 その孫子は、戦争の困難さを知っていた、とされる、だからこそ「戦争の神様」だったとされる。 孫子は、このように語っています。 準備編。 戦争は、国家のとても重い事柄である。 […]

「国破山河在、城春草木深」 国破れて、山河あり。城春にして、草木深し。 クニヤブレテサンガアリ。シロハルニシテソウモクフカシ。 戦乱の為に国の都長安は、破壊されたが、山や河は、あり、その春は、草木も深く茂り、自然は、昔の […]

2020/09/02。遂に香港問題は、国際報道機関の弾圧に焦点が、当てられるようになった。 私は、以前、地球儀のお話をした。 私は、今、地球儀を2つ持っている。ひとつは、日本の地球儀。 もうひとつは、English で書 […]

「トゥキディデスの罠(ワナ)」ということばを知った。 戦争が、不可避な状態まで従来の覇権国家と、新興のぶつかり合う現象のことです。 これを今の米国と中国にの姿では、ないか?、と早口で、通り過ぎたテレビニュースだった。 フ […]

こんな諺(ことわざ)を知った。 Don’t change horses at midstream.「川を渡っている最中に馬を乗り替えるな」。 暑い夏の日が、続いています。 このコロナウイルスで、景気がとても冷え込んでいま […]

ここ日本では、8月15日は、終戦の日です。 これは、第二次世界対戦の終わった日、だとされています。 そんな日を前にして、2020年7月30日に一人の大物政治家が、亡くなりました。 台湾の李登輝(リトウキ)元総統で、日本の […]