1423〜1502年、村田珠光(ムラタシュコウ)。 奈良称名寺(ショウミョウジ)の僧侶になり、のちに京都に住む。 大徳寺(ダイトクジ)の一休(イッキュウ、僧侶、1394〜1481年)に教えを求め、「禅、ゼン」の味を加えた […]