リサイクルはビジネスになる。

2021/02/04、JAL319便に、綿で、できた古着250万枚から、400Lのバイオジェット燃料を作って、普通燃料に2%混ぜて、実際に羽田空港から、福岡までフライトしました。

これは、綿とアルコールに微生物を混ぜて作られたものです。今まで、バイオマス燃料とか、色んなものが、開発されているけれど、実際にフライトして、問題が無かった。

これは、2025年には、実用化されるそうです。日本は、この新型コロナで、古着を輸出もできず、大変だったし、この古着輸出もいつまで、続くか、分からないと思っています。

実際、ペットボトルも、中国に輸出していましたが、今では、中止になっています。日本の国土は、小さい、です。その多くが、山岳地帯なので、平地が、極端に少ないので、人口密度も高い、です。

ですが、海外からは、そのゴミ処理について、日本に大きな関心を寄せているようなことを、聞いたことがあります。日本では、シャンプー等のヘアケア製品や衣料洗剤、ボディーソープ、化粧水、乳液等、色んな製品が、詰め替えボトルを買えば、もう、袋にパッケージされた商品を買って、詰め替えるようになっています。

これを導入するのに、容器会社が、反対しましたが、これは、認められませんでした。今、日本は、個人宅から出るゴミは、徹底的に分別されて収集されます。金物は、再生され、燃える物は、焼却、リサイクルされるものは、そのようにされます。全てではありませんが、ペットボトルは、ふたは、別に、フイルムは剥がされ、ちゃんと洗って出します。

それは、スーパーマーケットでも、店の入り口に紙パック、食品トレー、ペットボトル、アルミ缶、スチール缶、等集めています。だから、綺麗に洗って、スーパーに行けば、そのボックスに入れて、リサイクルに出せます。これらの運送は、スーパーの商品納入業者が、帰る空になったトラック等が、利用されます。

このように、日本は、国土が、小さいので、以前からこのようなシステムがありました。古着も輸出国でしたが、これからは、新型コロナで、輸出できなかった経験を生かして、色んなものが、色んな形になって再生して、使うことになるでしょう。

自分で、使ったものを他の国に頼らず、処理することは、自立するには、必要なことです。そうして、より良い衣料が、多くの国に行き渡ることを、日本は、ビジネスを通じて、頑張っています。

衣料再生は、ユニクロも取り組んでいます。ダウンコートのダウンを取り出して、再生して、販売しています。ダウンは、鳥から貰ったものですから、大切に使いたいですね。

こうやって、ゴミが、色んなものに生まれ変わっていくことは、自然と共存することに非常に大切です。

日本では、色んなアイデアを出す人がいて、使い捨ての割り箸を、農業の苗木の支えにしたりする為に集めて販売する古物商の方もいます。ゴミと思っていたものが、色んなアイデアで、使うことができます。

これからは、ゴミを色んなアイデアで、宝にできる人は、ひとつのビジネスの成功者になると思います。ニッチなところから、個人のビジネスは、始まります。そんな小さなことも、ビジネスになることがあります。

 

On 2021/02/04, I made 400L of bio-jet fuel from 2.5 million pieces of used clothing made of cotton on JAL319 flight, mixed it with 2% of ordinary fuel, and actually flew from Haneda Airport to Fukuoka.

It is made by mixing microbes with cotton and alcohol. Until now, various things such as biomass fuel have been developed, but there was no problem when actually flying.

This is said to be put to practical use in 2025. Japan couldn’t export used clothing with this new corona, and it was difficult, and I don’t know how long this used clothing export will continue.

In fact, PET bottles were also exported to China, but are now discontinued. The land of Japan is small. Most of them are mountainous areas, so there are extremely few flatlands, so the population density is high.

However, I have heard from overseas that there is a great deal of interest in Japan regarding the disposal of waste. In Japan, if you buy a refill bottle for various products such as hair care products such as shampoo, laundry detergent, body soap, lotion, and milky lotion, you can already buy the product packaged in a bag and refill it.

The container company opposed the introduction of this, but this was not accepted. Now, in Japan, garbage from private homes is thoroughly separated and collected. Hardware is recycled, burnable is incinerated, and recycled is so. For PET bottles, apart from the lid, the film is peeled off and washed out properly, but not all.

Even in supermarkets, paper packs, food trays, PET bottles, aluminum cans, steel cans, etc. are collected at the entrance of the store. So, if you wash it clean and go to the supermarket, you can put it in the box and put it out for recycling. For these transportations, empty trucks, etc., returned by supermarket merchandise suppliers are used.

In this way, Japan has a small land area, so there has been such a system for some time. Used clothing was also an exporter, but from now on, various things will be regenerated and used in various shapes by taking advantage of the experience of not being able to export with the new corona.

It is necessary to be self-reliant to handle what you use without relying on other countries. Through business, Japan is working hard to ensure that better clothing is distributed to many countries.

UNIQLO is also working on clothing recycling. We take out the down of the down coat, recycle it, and sell it. I got the down from a bird, so I want to use it carefully.

It is very important for garbage to coexist with nature in this way to be reborn into various things.

In Japan, there are people who come up with various ideas, and there are also antique dealers who collect and sell disposable chopsticks to support agricultural seedlings. What I thought was garbage can be used with various ideas.

From now on, I think that those who can treasure garbage with various ideas will be successful in one business. Personal business starts from a niche. Even such a small thing can become a business.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す