日本国の紋章の「桐」のお話。The story of the Japanese coat of arms “paulownia”.

日本国の紋章、桐は、とても、日本の生活に欠かせないものです。今回は、この桐のお話です。日本では、女の子が、結婚するときに、タンスを用意して、その中にたくさんの衣料を入れて、結婚する時に、みんなに披露する、という慣習がありました。現在は、そのようなことは、しなくなりました。そのタンスに今回は、注目して、お話を進めます。

昔、女の子が、産まれると、庭に桐の木を植えて、大人になって、結婚する時に、その桐の木を切って、加工して、タンスにして、結婚の時に持って行きました。桐の木は、白くて、とても軽く、柔らかくて加工性に優れて、吸湿性の少ない素材です。

だから、日本のような高温多湿の国に、桐でできたタンスは、とても大切にされました。何故なら、着物は、絹でできているので、湿度によって、シミが、できます。桐のタンスは、とても大事な役割をしています。それは、湿気から着物を守るから、です。

そして、1-2月の時期の乾燥した空気の時に、カゲ干しをして、一年の湿気を取り除きます。私も、この時期になると、タンスを開き、乾燥した空気を入れます。そうやって、湿気を取り除き、着物にシミができないように、お手入れをします。

その上質な着物を入れるのは、調湿性のある、桐のタンスは、とても良いものです。この頃は、タンスは、捨てる人が、多く、とても残念に思っています。その桐の素材は、柔らかいので、加工性に優れています。

だから、引き出しを勢いよく、押すと、空気が、圧縮されて、その勢いで、他の引き出しが、出てきます。タンスの引き出しは、複雑に組み込んでおり、その角の加工は、ちょうど指と指が、互いに組み合わせたようになっています。

「匠」の技(ワザ)が、発揮されています。このように、精巧に作られています。この桐のタンスは、日本の文化でもあります。ですが、このところ、人気が無く、捨てられるものが、多いです。これは、残念なことです。

この桐の木は、落葉が激しく、直径30cmの手のひらのような葉が、たくさん落ちます。その上にとても高くなり、それは、10mにもなる、と言われています。その落葉が、激しいので、とても手間がかかります。

そうして、高く伸びて、その頂点に紫の可憐な花を咲かせます。あまりに、高く咲くので、その花は、遠い存在で、見上げて、「ああ!」と言葉にも、できません。その花は、あまりに高く咲くので、写真にも撮っていません。皆さまに披露できない、のが、残念です。

この桐の花は、苦労して、育てあげた末に、はっと咲きます。とても、感激します。私の家の前に桐の木があります。ですが、この頃は、あまりに、大変なお手入れが必要なので、剪定を強くします。つまり、葉が、あまり落ちないようします。そうすると、お花は、咲きません。

まだ、それは、良い方で、私の以前に住んでいたマンションの公園に桐の木がありましたが、マンションの住人は、そのお手入れに悩まされて、切ってしまいました。桐は、とても軽いので、日本では、最近は、まな板に使うようになりました。これは、落としても、軽いので、ケガしないから、です。

このように、日本では、桐の木は、生活を上質にするもので、とても素晴らしい木です。着物と桐、日本の生活に密着して、日本国の紋章になっている「桐」について、今回は書いてみました。

The Japanese coat of arms, paulownia, is very indispensable to Japanese life. This time, I will talk about this paulownia tree. In Japan, it was customary for girls to prepare a chest of drawers when they get married, put a lot of clothing in it, and show it to everyone when they get married. Now that’s no longer the case. This time, I will pay attention to that chest of drawers and proceed with the story.

A long time ago, when a girl was born, she planted a paulownia tree in the garden, and when she grew up and got married, she cut the paulownia tree, processed it, made it into a chest of drawers, and brought it to her when she got married. .. Paulownia wood is a white, very light, soft, easy-to-process material with low hygroscopicity.

Therefore, in a hot and humid country like Japan, a chest of drawers made of paulownia was very important. Because kimono is made of silk, humidity can cause stains. The paulownia chest of drawers plays a very important role. Because it protects the kimono from moisture.

Then, in the dry air of January-February, dry the lizard to remove the moisture of the year. At this time of year, I also open the chest of drawers and let in dry air. In that way, we will remove the moisture and clean the kimono so that it will not stain.

The paulownia chest of drawers, which has a humidity control property, is very good for putting in that fine kimono. Around this time, many people throw away chests of drawers, which is very disappointing. The paulownia material is soft, so it has excellent workability.

So, when you push the drawer vigorously, the air is compressed and with that momentum, other drawers come out. The drawer of the chest is intricately incorporated, and the processing of its corners is just like fingers and fingers combined with each other.

The skill of “Takumi” is demonstrated. As you can see, it is elaborately made. This paulownia chest is also a Japanese culture. However, these days, many things are not popular and are thrown away. This is a shame.

This paulownia tree has a lot of deciduous leaves, and many palm-like leaves with a diameter of 30 cm fall. On top of that, it gets very high, which is said to be as high as 10m. The fallen leaves are so intense that it takes a lot of time and effort.

Then, it grows high and blooms pretty purple flowers at its apex. It blooms so high that the flower is so distant that you can’t even look up and say “Oh!”. The flower blooms so high that I haven’t even taken a picture. It’s a pity that we can’t show it to you.

This paulownia flower blooms quickly after it has been raised with great effort. I am very impressed. There is a paulownia tree in front of my house. However, at this time, too much care is required, so pruning is strengthened. In other words, the leaves do not fall too much. Then the flowers will not bloom.

Still, it’s a good one, and there was a paulownia tree in the park of the apartment I used to live in, but the residents of the apartment were troubled by the care and cut it. Paulownia is so light that it has recently been used for cutting boards in Japan. This is because even if you drop it, it is light and will not hurt you.

As you can see, in Japan, the paulownia tree is a wonderful tree that makes life better. This time, I wrote about “paulownia”, which is the emblem of Japan and is closely related to kimono, paulownia, and Japanese life.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す