かなしい想い出のあるミャンマーに馳せる思い。A feeling that makes me feel like Myanmar with a good memory.

2021/02/03、ミャンマーの政情不安が、続いています。民主化の先頭に立つ、アウンサンスーチー氏は、長い軍事政権による自宅軟禁状態から開放され、一時的に、民主国家になったように感じました。ですが、それは、ほんの、一瞬の出来事のように、又、軍事政権が、復活しました。

その一瞬の間に、日本は、ミャンマーに、巨大工業団地を作り、全113社の内、おおよそ半分が、日本の企業とされ、その資本投下は、巨額です。ですが、このような情勢で、企業は、大変困っています。スーチー氏は、平和的解決を今も諦めずに、望んでいます。

スーチー氏の友人、宮下夏生さんは、過去に、3回のスーチー氏の暗殺計画も有った、と証言しています。又、このような状態になり、とても心配しています。ですが、民主派の人々とどうやら、連絡が、取れない模様です。

日本は、ミャンマーに、とても、悲しい過去の想い出と共に、語り継がれている物語があります。それは、「ビルマの竪琴(タテゴト)」です。1945年7月のある日、戦争に負けた日本は、多くの日本兵の遺体が、あたり一面に広がっていました。

その様子を見て、あるひとりの日本兵が、ビルマ(今のミャンマー)に残り、僧侶になって、その霊を慰める、ことにしたお話です。だから、日本は、ミャンマーに悲しい想い出と共に、大きな夢を描いていました。

ですが、このような事態は、とても残念です。ミャンマーは、大きな国が、近くに有ります。日本には、「漁夫の利(ギョフノリ)」という、ことばが有ります。これは、お互いに戦っている隙に全く違う人が、その利益を取ってしまう、ことです。

だから、そんな内紛をしている内に、大きな勢力が、ミャンマーを奪ってしまう、可能性が、大きいです。だから、その軍事力は、本来、外に向かって、軍備されるものです。そうして、国内は、民主的に運用することが、非常に大切です。

その「漁夫の利(ギョフノリ)」を最も心配します。ここまで、進んだ民主化を逆に戻すことは、他の国から見れば、「甘い美味しいもの」だから、です。

日本は、ミャンマーという国に、想い出が、あります。もう、悲しい想い出を作る必要は、ありません。軍事政権は、国外を警戒するべきです。ミャンマーが、ふたたび、自由な民主的な国家に復活することを、心から願っています。

「ビルマの竪琴(タテゴト)」のWikipediaのページを貼っておきますので、興味ある方は、ご覧になってください。

この記事は、日経テレビニュース、Wikipedia を参考に作成されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ビルマの竪琴

On 02/03/2021, political unrest in Myanmar continues. Aung San Suu Kyi, who is at the forefront of democratization, felt that he was temporarily released from house arrest by the long military government and became a democracy. But it was just like a momentary event, and the junta was resurrected.

In that moment, Japan created a huge industrial park in Myanmar, and about half of the 113 companies were Japanese companies, and the capital investment was huge. However, in such a situation, companies are in great trouble. Mr. Soo Chi still wants a peaceful solution.

Mr. Soo Chi’s friend, Natsuo Miyashita, testified that he had planned to assassinate Mr. Soo Chi three times in the past. Also, I am very worried about this situation. However, it seems that they cannot get in touch with the democratic people.

Japan has a story that has been handed down in Myanmar, along with very sad memories of the past. It is the “Burmese harp seal”. One day in July 1945, Japan lost the war, and the bodies of many Japanese soldiers were all over the place.

After seeing the situation, a Japanese soldier decided to stay in Burma (now Myanmar), become a priest, and comfort the spirit. Therefore, Japan had a big dream with sad memories of Myanmar.

However, such a situation is very disappointing. Myanmar is close to a large country. In Japan, there is a word called “fisherman’s interest”. This means that people who are completely different from each other will take advantage of it.

Therefore, there is a high possibility that a large force will rob Myanmar in the midst of such internal conflict. Therefore, its military power is originally to be armed outward. Therefore, it is very important for the country to operate democratically.

I am most worried about the “fisherman’s interest”. It is because, from the perspective of other countries, it is “sweet and delicious” to reverse the democratization that has progressed so far.

Japan has memories in the country of Myanmar. You don’t have to make sad memories anymore. The military junta should be vigilant abroad. I sincerely hope that Myanmar will be revived as a free and democratic nation.

I will post the Wikipedia page of “Burma’s Harp Seal”, so if you are interested, please have a look.

This article was created with reference to Nikkei TV News and Wikipedia.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す