米国、バイデン大統領の署名する姿。The figure signed by President Biden of the United States.

米国のバイデン大統領が、パリ協定に加入、脱炭素社会、再生エネルギーの社会を目指して、大きく方向転換をとっています。今、日本卸電力取引所(JEPX)は、電力スポット価格が、上昇しています。これは、仮想通貨のように、心理的影響によるものが、多い。理論値を上回るから、です。

ところで、日本には、こんなことわざが、あります。清濁併せ呑む(セイダクアワセノム)澄んで、つまり、清いもの、濁っているもの、つまりその反対で、きれいなものではないこと、これらを全て、呑み込む、力量が、政治の世界では、その運営を握力、つまり、にぎりしめるちから、その運営をする能力が、現れると、される。

その「濁、ダク」汚れたものを呑み込むには、その大義名分(タイギメイブン)つまり、行動の理由付けになる根拠が、必要になります。その根拠が、地球温暖化です。確かに、その必要性は、ある。これは、誰にでも分かることです。米国には、オイルが出る。そこには、大きな利権や、雇用、色んなことが、詰まっています。これを、駆け引きに、出さず、簡単に、脱炭素社会に踏み切ったのです。

これは、大義名分、を上手く使っていない。そんな、駆け引きの無い、政策運営をすれば、勝利を得ることなく、相手国に呑み込まれるだけです。ここで、踏み止まり、大義名分を振りかざし、相手国に、脱炭素社会に於いて、どのように、アドバンテージを握るのか、考えるべきだと私は、指摘する。あまりに、簡単に交渉の段階を踏まずに、相手の「言いなり」になるのは、誰にでもできること、です。

これは、一国の運営だから、簡単に署名するのは、日本の文化の言葉を借りれば、「恥、ハジ」つまり、恥ずかしいこと、です。何故なら、そんなことは、誰にでも、できることだから、です。署名という行為は、非常に大切で、そう、簡単にするものではない。それには、ひとつ、ひとつ、の段階を踏んで、こそ、初めて、署名するもので、そこには、言いなりになるのではなく、駆け引きが、必要で、如何に有利に、国を守り運営するのか、試されるのです。

容易に署名など、してはいけないのです。交渉事は、その能力を出す、大きな出来事です。これをたやすく、署名するなんて、本当に、がっくりする。米国の政治に、思惑(オモワク)は無い。つまり、計画を立てて、それを実現するのに、あまりに単純で、そこには、何も、複雑な計画は、感じない。

こんな、政治が、行われることに、かつての、米国の威信(イシン)。つまり、威光と、信望は、感じない。悲しい現実がある。この記事が、外れるほどの、政策が、展開されるのを、望みますが、簡単に、署名する姿からは、その運営は、単純で、思惑なんて無い、政治が、透けて見える。

この記事は、日経テレビニュースを参考に作成されました。

President Biden of the United States has joined the Paris Agreement and is making a major shift toward a carbon-free society and a renewable energy society. Now, on the Japan Electric Power Exchange (JEPX), the electricity spot price is rising. This is often due to psychological effects, such as virtual currencies. Because it exceeds the theoretical value.

By the way, there is such a saying in Japan. Swallowing together (Seidaquawasenom) Clear, that is, clean, muddy, that is, the opposite, not clean, swallowing all of these, the ability to swallow, in the world of politics, its operation It is said that the ability to manage the grip strength, that is, the squeaky power, appears.

In order to swallow that “turbid, duck” dirty thing, you need the cause (Taigimeibun), that is, the grounds that justify your actions. The basis is global warming. Certainly, there is a need. This is something that anyone can understand. Oil comes out in the United States. It’s packed with big interests, employment, and much more. Instead of bargaining for this, we easily embarked on a carbon-free society.

This doesn’t use the cause well. If you manage such a policy without bargaining, you will not win and you will just be swallowed by the other country. At this point, I point out that we should stop, shake up the cause, and think about how to take advantage of the other country in a carbon-free society. Anyone can be “compliant” with the other party without going through the negotiation stage too easily.

Since this is a one-country operation, the easiest thing to sign is, in the words of Japanese culture, “shame, haji,” or embarrassment. Because that’s something anyone can do. The act of signing is very important, and yes, it’s not easy. It is the first time to sign one step at a time, and there is a need for bargaining rather than obedience, and how to protect and operate the country in an advantageous manner. , Will be tried.

Don’t sign it easily. Negotiations are a big event that brings out that ability. It’s really disappointing to sign this easily. There is no speculation in US politics. In other words, it’s too simple to make a plan and realize it, and I don’t feel any complicated plan there.

The prestige of the United States (Ishin) that such politics will be carried out. In other words, I don’t feel prestige and credibility. There is a sad reality. I hope that this article will unleash a policy, but from the simple signing, its operation is simple, unthinkable, and politics can be seen through.

This article was created with reference to Nikkei TV News.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す