米国に女神の一筋の光が灯りますように。May the goddess shine a ray of light in the United States.

米国の大統領の宣誓式には、聖書が、登場するそうです。左手を聖書に手を載せ、右手を上にかざして、宣誓するそうです。オバマ大統領の時は、リンカーンのもの(奴隷解放)。キング牧師のもの(黒人解放)。の2冊の聖書を使ったそうです。トランプ大統領は、母からのプレゼントの使い込んだ聖書だそうです。米国は、そう、キリスト教が、信仰されています。

いわゆる、日本では、罰(バツ)の文化と言われて、います。でも、厳密に言えば、同じ漢字でも、罰(バチ)と読む、意味が、その信仰に沿っています。バチは、神仏が、人の悪行を罰して、こらすこと。であり、バツは、罪、過ちのある者に対するこらしめる、です。いずれも、同じように思うけど、「神々が、罰す」と言う厳密に解釈すれば、日本語では、バチになる。けれども、一般用語で、日本語では、バツと、翻訳されています。これは、日本の事情を話してみました。

ところで、話を大統領の宣誓式に戻してみよう。米国の国民の代表としてのそのスタイルは、なんか、自由の女神像と私は、重なって見えます。もちろん、持っている物は、女神像は、聖書ではない。けれども、正式名称、「世界を照らす自由」である。これは、7つの大陸と7つの海、を照らす女神なのです。

自ら、選んだ大統領であるから、米国の運命は、次は、バイデン大統領となる。米国は、激しく分断しています。けれども、思い出して欲しい。この女神像を。そこには、過去の教訓が、刻まれています。過去を振り返って、今、米国を見ると、あの女神像が持つ灯りのように、一筋の光が、見えているだろうか?多分、それは、無い。それは、その足元を見れば、鎖と足かせが、物語っています。

混乱から、その一筋の光を見いだすことが、きっとできる。それは、多民族であっても、それは、みんな平等に、米国の国民だからです。みんなで、選んだ大統領だから、これは、色んな意見があるけれども、受け入れて、前進することが、最も重要なことです。今は、非常に国際的に混乱しています。この新型コロナで、みんな苦しんでいます。今こそ、米国に頑張って、欲しい。そして、一筋の光が、灯りますように。

この記事は、日経テレビニュースとWikipedia を参考に作成されました。

The Bible will appear at the swearing ceremony of the President of the United States. He puts his left hand on the Bible, holds his right hand over it, and swears. At the time of President Obama, it was Lincoln’s (emancipation proclamation). Martin Luther King’s (Black Liberation). It seems that he used the two Bibles. President Trump is said to have used the Bible as a gift from his mother. In the United States, yes, Christianity is worshiped.

In Japan, it is said to be a culture of punishment. However, strictly speaking, even the same kanji is read as punishment (bachi), and the meaning is in line with that belief. The drumstick is that the gods and Buddha punish and punish the wrongdoing of people. And the cross is to punish those who have sins and mistakes. I think they are all the same, but if you take the strict interpretation that “the gods punish you”, you will be a drumstick in Japanese. However, in general terms, it is translated as x in Japanese. This talked about the situation in Japan.

By the way, let’s return to the president’s oath ceremony. That style, as a representative of the American people, seems to overlap with the Statue of Liberty. Of course, what I have is that the statue of the goddess is not the Bible. However, the official name is “freedom to illuminate the world.” It is the goddess that illuminates the seven continents and the seven seas.

Since he is the president of his choice, the fate of the United States will be President Biden. The United States is severely divided. But remember. This goddess statue. The lessons of the past are engraved there. Looking back on the past and looking at the United States now, can you see a ray of light like the light of that goddess statue? Maybe it doesn’t. If you look at its feet, the chains and shackles tell the story.

From the turmoil, you can surely find that ray of light. Because, even if they are multi-ethnic, they are all equal Americans. As we all have chosen president, this is the most important thing to accept and move forward, although there are many opinions. It’s very internationally confused now. Everyone is suffering from this new corona. Now is the time to do my best in the United States. And may a ray of light illuminate.

This article was created with reference to Nikkei TV News and Wikipedia.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す