会社の真の実力。The true power of the company.

私の父は、事業を経営していました。けれども、それは、反面教師でした。つまり、悪い見本でした。ですから、多くのリーダーの本が、とても好きで、色んな本を読むことが、多かった。

人は、トップに立つと傲慢になることが多い。けれども、多くの偉大な経営者は、とても謙虚です。常に、人々に耳を傾けています。

稲盛和夫氏は、こう言っています。経営者は、人間心理について優れた洞察力が必要だっと考えています。

成果主義は、成果が上がれば、大きな報酬を手にすることができ、社員のモチベーションが上がるので、短期的に見れば、効率的な経営手法かもしれない。

しかし、と続きます。会社の業績は、常に良い方には、向かわない。だから、下方に向かう時に、社員の不満が出て、士気が、下がる。だから、大きな視点に立って、評価して、その実力を反映される必要があることを書いています。

日本的経営は、短期では、多くの報酬は、得られないが、これは、社員の士気をコントロールする為です。

この頃は、若い人は、「お金持ちになる」とか「お金を稼ぐ」とか、日本でも、言うようになった。けれども、日本的経営には、「サムライ」の精神があります。だから、そこには、金銭では、買えない、魅力が、必要になります。これが、経営理念であり、それは、会社の哲学だったりします。

そんな、お金では、買えない理念が、ここ日本では、運用されています。又、このように言っています。

新しい事業というものは、次々と技術革新が起こる。現時代において、常にトップを走っていくことは、難しい。技術的優位性というものは、永遠不変ではない。

これは、「無常」という言葉を思い出してください。

だから、企業経営を安定させると思うなら、たとえ技術的に優れていなくても、どこでもやれるような事業を優れた事業にすることが大切である。

つまり、誰でもやれるような仕事をしていても、「あの会社は、ひと味違う」というような経営をすることが、その会社の真の実力なのである。

この記事は「アメーバ経営ひとりひとりの社員が主役」稲盛和夫著、日本経済新聞社を元に作られました。

「アメーバ経営」稲盛和夫著、日本経済新聞出版社、電子書籍”Ameba Management” by Kazuo Inamori, Nihon Keizai Shimbun Publishing Co., Ltd., e-book

My dad ran a business. But it was a teacher on the other hand. In other words, it was a bad example. Therefore, I liked the books of many readers very much, and I often read various books.

People are often arrogant when they are at the top. But many great business owners are very humble. I’m always listening to people.

Kazuo Inamori says: Management believes that they need good insight into human psychology. The performance-based system may be an efficient management method in the short term, because if the results are improved, a large amount of compensation can be obtained and the motivation of employees is increased.

However, it continues with. The performance of the company is not always good. Therefore, when going down, employees are dissatisfied and their morale drops.

Therefore, I write that it is necessary to take a big point of view, evaluate it, and reflect its ability.

Japanese-style management does not get a lot of compensation in the short term, but this is to control the morale of employees.

Around this time, young people began to say “get rich” or “make money” even in Japan. However, Japanese-style management has a “samurai” spirit.

Therefore, there is a need for charm that cannot be bought with money. This is the management philosophy, and it is the philosophy of the company.

Such an idea that money cannot buy is being used here in Japan.

Also, he says like this. In new businesses, technological innovations occur one after another. In this era, it is difficult to always be at the top. Technological superiority is not eternal. Recall the word “impermanence”.

Therefore, if you want to stabilize corporate management, it is important to make a business that can be done anywhere, even if it is not technically superior, into an excellent business.

In other words, even if you are doing a job that anyone can do, it is the true ability of that company to manage something like “that company is a bit different.”

This article was written by Kazuo Inamori, “Each employee of Amoeba management plays a leading role”, and was based on Nihon Keizai Shimbun.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す