ゴッホの「ひまわり」。Van Gogh’s “Sunflowers”.

もう、1年以上待った「ロンドンナショナルギャラリー展」が、ようやく開催された。

このコロナウイルス対策で、入場規制が、厳しいので、諦めていました。

この展示会は、話題作品は、ゴッホの「ひまわり」です。

まだ、好きな絵がたくさんあったけれども、今回は、この「ひまわり」のお話です。

ゴッホは、1862-1926年。

太陽に向かって咲くひまわりは、キリスト教では、信仰心や愛を象徴されるとされる。

芸術家の理想的共同体「黄色い家」に飾る為に、描かれたとされる。

この構想は、色んな経緯で、断念されました。

ゴッホは、この絵の反響が素晴らしいので、7点描きました。

その1枚は、個人宅で焼失。

残りの6点の内、今回の展示された物。

そして、日本にも、この1点があります。

1987年、現在の損保ジャパン日本興亜がオークションで落札しました。

その金額、58億円、53億円、とか言われている。

これは、為替により多分、違いがあると思う。

私の記憶は、55億円だから、ちょうど、中央値になる。

当時は、高いと、世間では言われて、驚きを持って報道されました。

私は、良い買い物だったと思うし、今となっては、そんなにお高く無い。

ゴッホは、地味な生活を描いた作品が多い。

丹念にカンヴァスに乗った油絵の具は、厚く、タッチは、ちから強い。

平凡な風景画であっても、良く観れば、そのタッチは、丹念に重ねられ、趣きがあります。

これは、印刷物では、分からない。

そのゴッホが、黄金色という、同系色で、描いたのです。

これは、素晴らしい組み合わせで、ゴッホは、「黄色」をテーマにしたからこそ、卓越した作品が、生まれたのだと感じる。

画家には、2つのタイプがあり、その時代に合わせて、上手く、流行に乗って、生涯、金銭に困らずに過ごすタイプ。

生きているうちは、あまり金銭に恵まれないタイプがあります。

圧倒的に後者の金銭に恵まれないタイプが多い。

ゴッホもそのタイプに入る。

ゴッホの従来の絵とは、全く違う、色彩と、この明るさは、多くの人の心を掴んだのだと感じる。

リクエストに応じて、その「ひまわり」は、ゴッホによって7枚も描かれたことは、ゴッホのこの作品に全精神を注力している。

7枚、それぞれに特徴があり、全く同じものは、無い。

そこには、ゴッホのオリジナルが、展開されています。

一気に現存する「ひまわり」を見比べてみたいけれども、それは、贅沢な希望で、叶いそうに無い。

私は、絵の展示会は、大好きで、色んな絵を観ているけれども、ホンモノは、違う。

印刷物は、この時代においても、ホンモノには勝てない。

色も、全く違うし、立体感も違う。

だから、ホンモノを観て欲しいと思います。

今回は、ゴッホの「ひまわり」のお話でした。

時々、「絵」についても、書いていきたいと思います。

この記事は、ロンドンナショナルギャラリー展図録を参考に作られました。

ファン・ゴッホ美術館のゴッホの「ひまわり」。
公式公開絵画。
Van Gogh’s “Sunflowers” at the Van Gogh Museum.
Official public painting.

The “London National Gallery Exhibition”, which has been waiting for more than a year, has finally been held.

With this coronavirus countermeasure, admission restrictions are strict, so I gave up.

The topical work of this exhibition is Van Gogh’s “Sunflowers”.

I still had a lot of favorite pictures, but this time I will talk about this “sunflower”.

Van Gogh, 1862-1926.

Sunflowers that bloom toward the sun are said to symbolize faith and love in Christianity.

It is said that it was drawn to decorate the “Yellow House”, an ideal community of artists.

This concept was abandoned for various reasons.

Van Gogh drew 7 points because the response of this painting was wonderful.

One of them was burnt down in a private house.

Of the remaining 6 items, the ones exhibited this time.

And Japan also has this one point. In 1987, the current Sompo Japan Nipponkoa won the auction.

The amount is said to be 5.8 billion yen and 5.3 billion yen.

I think this is probably different depending on the exchange rate.

My memory is 5.5 billion yen, so it’s just the median.

At that time, it was said that it was expensive, and it was reported with surprise.

I think it was a good purchase and it’s not that expensive now.

This is not known in printed matter.

Van Gogh drew it in a similar color called golden.

This is a wonderful combination, and Van Gogh feels that an outstanding work was born because of the theme of “yellow”.

There are two types of painters, and they are the ones who are good at the times, get on the trend, and spend their entire lives without having to worry about money.

There are some types who are not very financially fortunate while they are alive.

There are overwhelmingly many types who are not blessed with the latter money.

Van Gogh also falls into that type.

I feel that the colors and this brightness, which are completely different from Van Gogh’s traditional paintings, have captured the hearts of many people.

Upon request, seven of the “sunflowers” were drawn by Van Gogh, which is the whole spirit of Van Gogh’s work.

Each of the seven sheets has its own characteristics, and none of them are exactly the same.

Van Gogh’s original is developed there.

I would like to compare the existing “sunflowers” at once, but that is a luxury hope and is unlikely to come true.

I love painting exhibitions and see various paintings, but the real thing is different.

Printed matter cannot beat the real thing even in this era.

The colors are completely different, and the three-dimensional effect is also different.

Therefore, I would like you to see the real thing.

This time, we talked about Van Gogh’s “sunflowers”.

From time to time, I would like to write about “pictures” as well.

This article was created with reference to the London National Gallery Exhibition Catalog.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す