尖閣諸島は、日本の領土。The Senkaku Islands are Japanese territory.

ようやく、日本の尖閣諸島について、日米安全保障条約の第5条が、適応されるようになった。遅くなったけれど、今からでも、がんばって欲しいと思う。以下は、その第5条の要綱です。

 

第5条は、米国の対日防衛義務を定めており、安保条約の中核的な規定である。

この条文は、日米両国が、「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」に対し、「共通の危険に対処するよう行動する」としており、我が国の施政の下にある領域内にある米軍に対する攻撃を含め、我が国の施政の下にある領域に対する武力攻撃が発生した場合には、両国が共同して日本防衛に当たる旨規定している。

第5条後段の国連安全保障理事会との関係を定めた規定は、国連憲章上、加盟国による自衛権の行使は、同理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの暫定的な性格のものであり、自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直ちに同理事会に報告しなければならないこと(憲章第51条)を念頭に置いたものである。

日本国外務省HP

つまり、米国と日本によって、防衛を強化しようということが、発表された。

これは、とても嬉しいことです。

中国政府は、特に「信賞必罰」シンショウヒツバツとは、功績のある者は、必ず表彰し、罪を犯した者は、必ず罰することで、これを強化している。

それも、独自のルールによって運用されています。

日本には、自衛隊が、発動するのは、難しいので、憲法解釈によって運用されています。

ですが、これには、限界があり、尖閣諸島の漁船が乱入し、海上保安官が、殺された。

当時の日本政府は、その漁師を中国に返してしまった。

その漁師は、今は、漁師などせずに、優雅な暮らしを送っている。

つまり、中国政府によって、優遇されている。

そんな事実がある。

こんな事実を放置すれば、尖閣諸島ならず、色んなことが起こる。

香港問題の林檎日報も同じくです。

「人を危めて苦しう無くは、是非に及ばぬ。」

つまり、人間を傷をつけたり、殺したりすることが、その苦しさを理解できない者は、道理、つまり、人として、行う正しい道徳が無いのです。

道徳が無い者が、表彰されるお国柄だと言う事を知る必要があります。

利害関係が対立することになれば、何でもできるという、ことになります。

「一時が、万事。」と言う言葉のとおり、ひとつのできごとが、全てのことに通じます。

これは、悲しいことですが、真理です。

色んな意味で、経済のつながりや、近隣国としても、仲良くすることは、大切です。

けれども、やはり、脅威をそのままにしておくことは、歴史を振り返って見ても、良いことはありません。

悲しい真実を知ることが、大切だと感じます。

Finally, Article 5 of the Japan-US Security Treaty has been applied to Japan’s Senkaku Islands. It’s late, but I want you to continue to do your best. The following is the outline of Article 5.

Article 5 stipulates the US defense obligations to Japan and is the core provision of the Security Treaty. This article states that both Japan and the United States “act to deal with common dangers” in response to “armed assaults against either one in the territory under the administration of Japan”, and under the administration of Japan It stipulates that in the event of an armed attack on an area under Japan’s administration, including an attack on the US military within the area in Japan, the two countries will jointly defend Japan. The latter part of Article 5 stipulates the relationship with the United Nations Security Council under the Charter of the United Nations, until the exercise of the right of self-defense by member states until the Council takes necessary measures to maintain international peace and security. It is a provisional nature of the United Nations, and keeps in mind that the measures taken by member states in exercising the right of self-defense must be immediately reported to the Council (Article 51 of the Charter).

Ministry of Foreign Affairs of Japan HP

In other words, the United States and Japan have announced that they will strengthen their defenses.

This is a great pleasure.

The Chinese government is strengthening this by always commending those who have made achievements and punishing those who have sinned, especially with “Shinshohitsubatsu”.

It is also operated by its own rules.

In Japan, the Self-Defense Forces are difficult to activate, so they are operated by constitutional interpretation.

However, this had its limits, and fishing boats from the Senkaku Islands broke in, killing coast guard officers.

The Japanese government at that time returned the fisherman to China.

The fisherman is now living an elegant life without a fisherman.

In other words, it is given preferential treatment by the Chinese government.

There is such a fact.

If such a fact is left unchecked, various things will happen, not just the Senkaku Islands.

The same applies to the Apple Daily Report on the Hong Kong issue.

“If you don’t endanger and suffer, you can’t do it.”

In other words, those who can’t understand the suffering of hurting or killing humans are the reason, that is, the right morality to do as a person.

There is no.

You need to know that those who are not moral are the ones who are honored.

If there is a conflict of interest, you can do anything.

As the saying goes, “One time is everything.”

One event leads to everything.

This is sad, but the truth.

In many ways, it is important to make friends with the economy and as a neighboring country.

But again, leaving the threat as it is is not a good thing in history.

I feel it is important to know the sad truth.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す