北海道札幌市、北海道大学に行く。Go to Sapporo City, Hokkaido, Hokkaido University.

この北海道大学は、ポプラ並木があり、秋は、その見事なまで、綺麗な景色に恵まれます。その中に、クラーク博士の銅像があります。

そこには、有名な言葉が、刻んであります。「Boys, be ambitious.」「少年よ大志を抱け」です。

北海道は、開拓によって開かれた大地です。

その心は、大きな目標を成し遂げて今の北海道があります。

クラーク博士の言葉は、これからの未来のある若者に目標を持って生きることの素晴らしさを教え子との別れの時に、告げた言葉です。

それは、大きな大地の歴史と未来のある若者の人生を重ね、どんなに困難があっても、くじけることなく、目標を忘れずにいることは、大切です。

これは、達成された時は、大きな大地を見れば、素晴らしいことだと、物語っています。

不幸にも、それは、全ての人が、ゴールに行けるとは、約束はありませんが、努力は、必ず、色んな形で、素晴らしいことを多くの大地のめぐみが、教えています。

目標を持つこと、それは、大きな成長になる、原動力です。

成長を忘れることなく、常に身近な目標をひとつひとつ、積み重ねることが、最も、大切な事です。

それは、振り返ってみた時に、それは、目標を持つことの大切さ、がわかるでしょう。

このように日本の北の大地、北海道は、「開拓精神」これを語らずに歴史は、語れません。

クラーク像は、北海道にいくつかあります。

それほど、人々に影響を与えた人物です。

ウィリアム.スミス.クラーク氏は、1876年日本に来ました。

札幌農学校教頭に就任後、キリスト教信仰に基づく教育は、内村鑑三、新渡戸稲造らの学生に深い感化を及ぼしました。

1826〜1886年。

人種、国を超えて、今なお、尊敬されています。

北海道大学の落葉のビデオがありますので、興味ある方は、ご覧ください。

 

Among them is the statue of Dr. Clark.

Famous words are engraved there.

“Boys, be ambitious.”

Hokkaido is a land opened by reclamation.

That heart is now Hokkaido, which has achieved a big goal.

Dr. Clark’s words are the words that he told young people in the future about the wonders of living with goals when they parted from their students.

It is important to repeat the history of the great earth and the life of a young man with a future, and to remember the goal without being discouraged, no matter how difficult it may be.

This tells us that when it is achieved, it will be wonderful to see the great earth.

Unfortunately, there is no promise that everyone will be able to reach the goal, but many Megumi (fruit) Earth teaches that efforts are always wonderful in many ways.

Having a goal is the driving force for great growth.

The most important thing is to always accumulate familiar goals one by one without forgetting to grow.

When you look back, you will realize that it is important to have a goal. In this way, Hokkaido, the northern land of Japan, cannot talk about history without talking about the “pioneering spirit.”

There are several Clark statues in Hokkaido.

He is the person who influenced people so much.

William Smith Clark came to Japan in 1876.

After becoming the vice-principal of Sapporo Agricultural College, education based on the Christian faith has deeply influenced students such as Kanzo Uchimura and Inazo Nitobe.

1826-1886.

It is still respected across races and countries.

There is a video of the fallen leaves of Hokkaido University, so if you are interested, please have a look.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

3件のコメント

コメントを残す