北海道で学んだ「努力」の大切さ。The importance of “effort” learned in Hokkaido.

北海道に真狩(まっかり)村という所があります。

そこは、冬は、雪が深く、何もない、痩せた大地が、広がっています。

一面、ジャガイモ畑です。

その収穫期には、その地域でできるジャガイモがあります。

「まっかりジャガイモ」といいます。

茹でても、煮崩れせずに、とても美味しいそうです。

収穫期になると、その地域の方は、その「まっかりジャガイモ」を買い求め、時に、地方に発送します。

そのジャガイモは、普通のジャガイモの2倍のお値段です。

小さくて、丸い少し、黒味ががっています。

その収穫期だけに、限定販売されるポテトチップスがあります。

そのポテトチップスは、少し、硬く、ほっこりとしたお味です。

それを買い求めました。

ジャガイモは、さすがに重いので、買えませんでした。

そのお店の端で、一人の少年が、バイクで、旅をしているようで、片隅で、そのポテトチップスを、ほおばっていました。

そのポテトチップスの袋に書いてある言葉がとても、印象的でした。

「おばあちゃんの一言。スマイルでも一生。オニ顔でも、一生。」

つまり、人生は、笑って過ごしても、不機嫌に過ごしても、同じ時間です。

同じ、人生なら、幸せを周りに与えられる人生にしたい、ですね。

そしてこう続きます。

「おじいちゃんの一言。土作りは、あせらず(1年に海、川を汚す程入れないで)」

北海道の大地は、痩せています。

ですが、土を肥やすのに、一度に、急に作れば、流れてしまいます。

だから、少しずつ、コツコツと努力して、土を作ります。

そして、こう続きます。

「やすまず。(効果が見えるまで、10年)」

この土を作るには、10年もの歳月がかかるのですね。

私は、驚きました。

この雪の深い地域で、土を作る期間は限られています。

その時間は、とても貴重に使うことが必要です。

そして、こう続きます。

「あきらめず。(異常気候年にハッキリ差がつく)」

どんなに、苦難があっても、それをコツコツと努力すれば、異常気象で、不作で、収穫が減る年であっても、それは、努力の分、収穫量は、減らない。

だから、万が一に備えて、努力をおしまず、その時に報われるので、頑張りましょう。と書かれていました。

私は、そのジャガイモを刈り取られた大地の中、車で、通り抜けました。

一年で、一番賑わう、秋です。

そこには、トラクターで、作業する人を探すのが、難しいくらいの広い大地です。

時々、すれ違う人々は、とても良い笑顔でした。

これからも、大地の土を作り、作物を作る。

そこには、努力した分、多くの実りがあります。

いつもありがとう。

だだ、その一言しか、出ませんでした。

後日、空港で、探してみましたが、「まっかりジャガイモ」は、店頭には、ありませんでした。

とても、希少なジャガイモだったようです。

The location of the top photo, Lake Toya in Hokkaido.

There is a place called Makkari Village in Hokkaido.

In winter, there is a lot of thin land with deep snow and nothing.

One side is a potato field. During the harvest season, there are potatoes produced in the area.

It is called “Makkari potato”.

Even if it is boiled, it does not crumble and is very delicious.

During the harvest season, people in the area buy the “Makkari potatoes” and sometimes ship them to rural areas.

The potatoes are twice as expensive as regular potatoes.

It’s small, round and a little blackish.

Only during the harvest season, there are potato chips that are sold exclusively.

The potato chips have a slightly hard, warm taste.

I bought it. I couldn’t buy potatoes because they were so heavy.

At the edge of the shop, a boy seemed to be traveling on a motorcycle, and in one corner he was grabbing the potato chips.

The words on the potato chips bag were very impressive.

“A word from grandma. Smile or life. Oni face, life.”

In other words, life is the same time whether you spend it laughing or moody.

In the same life, I want to make a life that gives happiness to others.

And it continues like this.

“A word from Grandpa. Don’t rush to make soil (don’t put in enough to pollute the sea and rivers in a year)”

The land of Hokkaido is thin.

However, if you make it suddenly at once to fertilize the soil, it will flow.

So, little by little, I will work hard to make the soil.

And it continues like this.

“Yasuma. (10 years until the effect is seen)”

It takes 10 years to make this soil.

I was surprised.

In this deep snowy area, the period of soil preparation is limited.

That time needs to be very valuable.

And it continues like this.

“Don’t give up. (There is a clear difference in abnormal climate years)”

No matter how hard it may be, if you work diligently, it will be an effort, even in extreme weather, poor harvest, and low yields.

The yield does not decrease by that amount.

So, just in case, don’t make an effort and you will be rewarded at that time, so let’s do our best.

Was written.

I drove through the land where the potatoes were cut.

Autumn is the busiest of the year.

There is a large land where it is difficult to find a person to work with a tractor.

Sometimes the people who passed each other had a very nice smile.

We will continue to make the soil of the earth and grow crops.

There is a lot of fruit in the effort.

Thank you as always.

However, only that one word came out.

Later, I searched for it at the airport, but I couldn’t find “Makkari potato” in the store.

It seems that it was a very rare potato.

北海道で学んだ「努力」の大切さ。The importance of “effort” learned in Hokkaido.” への2件の返信

  1. It’s nice to learn more about a country known only from books 🙂 I read about Hokkaido in Haruki Murakami novels 🙂 Best regards, Diana

    1. Thank you for your comment. The photo of the location of the movie “Norwegian Forest” by Haruki Murakami is a landscape photo of the previous “Flea market apps are full of defects”. From now on, I would like to add comments to the photos. Thank you very much.

コメントを残す