陶器収集の趣味は、儲かるのか?Is the hobby of collecting pottery profitable?

今回は、陶器のお話です。

時々、陶器の収集を趣味にしている方が、いらっしゃるので、本当にその趣味は、続ける方が、良いのか、このお話を聞いて欲しいと思って、お話を進めていきます。

ご興味のある方は、どうぞ、お読みになってください。

日本の陶器は、中国から渡ってきました。

とても、絵柄が、華やかなものも多いです。

古い陶器は、釉薬(ユウヤク)の色が、赤を基調にされていました。

これは、とても、手に入れやすい色だったからです。

そのうち、ようやく、紀元前14世紀頃になって、青い釉薬(ユウヤク)が、できました。

ですが、これは、とても貴重で、高貴な人しか、手に入れることが、できませんでした。

ですから、この青い釉薬(ユウヤク)で、できた「青磁」は、今も、現存するものは、とても貴重です。

それから、青い絵付けの陶器も出てきたのですが、これも大変に貴重なものです。

現代は、色んな陶器があります。

普段使いの厚手の陶器や、薄い繊細な陶器。

そんなコレクターも居ると思います。

陶器には、窯元(カマモト)と言って、その陶器を作っている所があります。

陶器は、その窯元(カマモト)で、一度にたくさんの陶器が、焼かれて、作られます。

ですから、一度に、大量の「同じ」陶器が、焼かれ、生産されます。

だから、同じ陶器が、たくさん生産されますので、「資産」としての、陶器の収集は、「価値」がありません。

「価値のある陶器」は、その陶器が、「歴史的人物」によって使われることによって、「価値」が出ます。

ですから、一般に売られている陶器を買っても、「資産」には、なりません。

このことを、知って、陶器とお付き合いしましょう。

時々、陶器のことを自慢する人が、います。

ですが、それは、長く持っていても、そんな大きな「資産」には、なりません。

こんなことを、その自慢している人には、言えないことが、良くあります。

だからこそ、この場で、知って欲しいと思い、書きました。

やはり、良い陶器で、食事をするのは、気持ちが、良いです。

私もそういう意味では、陶器は、好きです。

ですが、一般に出回っている陶器を収集することは、「資産」には、ならない事を、知っておきましょう。

今回は、陶器収集の資産性について、書いてみました。

参考になりましたら、嬉しいです。

This time, we will talk about pottery.

From time to time, there are people who have a hobby of collecting pottery, so I’d like to hear this story as to whether it’s really better to continue that hobby.

If you are interested, please read it.

Japanese pottery came from China.

Many of them have very gorgeous patterns.

In old pottery, the color of glaze (Yuyaku) was based on red.

This is because it was a very easy-to-find color.

Finally, around the 14th century BC, the blue glaze (Yuyaku) was made. However, this was very valuable and could only be obtained by noble people.

Therefore, the “Celadon” made from this blue glaze (Yuyaku) is still very valuable.

Then, porcelain with blue painting came out, which is also very valuable.

In modern times, there are various kinds of pottery.

Thick pottery for everyday use and thin delicate pottery.

I think there are such collectors.

There is a place called Kamamoto that makes the pottery.

Pottery is made by baking many pottery at once in the pottery (Kamamoto).

So, at one time, a large number of “same” pottery is baked and produced.

Therefore, the same pottery is produced in large numbers, so collecting pottery as an “asset” has no “value”.

“Valuable pottery” is “valued” when it is used by “historical figures”.

Therefore, even if you buy pottery that is sold to the general public, it does not become an “asset”.

Let’s know this and associate with pottery.

Sometimes there are people who brag about pottery.

However, even if it lasts for a long time, it does not become such a big “asset”.

Often I can’t say this to those who are proud of it.

That’s why I wrote it because I wanted you to know it here.

After all, it feels good to eat with good pottery.

In that sense, I also like pottery.

But be aware that collecting pottery on the market is not an “asset”.

This time, I wrote about the property of pottery collection.

I would be happy if it was helpful.

コメントを残す