禅とワビ茶、懐石料理の美しさ。The beauty of Zen and Wabi-cha and kaiseki ryori.

1423〜1502年、村田珠光(ムラタシュコウ)。

奈良称名寺(ショウミョウジ)の僧侶になり、のちに京都に住む。

大徳寺(ダイトクジ)の一休(イッキュウ、僧侶、1394〜1481年)に教えを求め、「禅、ゼン」の味を加えた「茶湯、チャノユ」を始めた人物です。

この人物は、「ワビ茶、ワビチャ」の祖先と言われています。

この「ワビ茶、ワビチャ」とは、粗末なお茶、とされ、「草庵茶、ソウアンチャ」と呼ばれました。

その「ワビ茶、ワビチャ」は、お茶の世界に大きな変化を起こし、料理も大きく変わりました。

竹野紹鴎(タケノジョウオウ)1502〜1555年、から千利休(センノリキュウ)1522〜1592年、によって「ワビ茶、ワビチャ」は、完成されました。

この長い歳月をかけて、「ワビ茶、ワビチャ」は完成されました。

この不完全なお茶を煮立て、その不完全な「美」、「心から」、煮立て、成り立たせたものです。

それは、禅宗、つまり、座禅を持って、取得されるものとされる。

それと共に、発展したのが、精進料理でした。

それは、一汁三菜(イチジュウサンサイ)、ご飯、汁物、野菜の料理、といった粗末なものから、ともに発展しました。

その精進料理も、気品のある器に盛ることによって、「懐石料理、カイセキリョウリ」に発展しました。

そこには、極限に削ぎ落とされた中に、日本の四季(春、夏、秋、冬)に応じて、移ろいゆく、季節を器に「心から」盛り付けられました。

このように京料理は、発展しました。

粗末なお茶を「ワビ茶、ワビチャ」として、少ない中から「美」を見つけ、粗末な食事から、つまり少ないものから「美」を見つけ、「懐石料理、カイセキリョウリ」に発展しました。

そこには、禅宗の精神性を見いだす、大切さ、が発見できます。

禅宗は、その精神性を忘れずに、それを発展させることにより、少ないものの中から、「美」を見つけたのです。

何度も言いますが、「ワビ茶、ワビチャ」、「懐石料理、カイセキリョウリ」は、決して恵まれたものではなく、少ないものの中から、「美」を見つけたものです。

ですから、これは、精神性が、重視されます。

無いと思えば、それで、終わり、です。

無いからこそ、精神を磨いて、その恵まれない中でも、完成された、ものができるのです。

そこには、あふれる程の恵まれた環境では、できないものが、あります。

精神と物の豊かさは、反比例する、そんな「美」が、この日本の中にあります。

「禅」と「ワビ茶、ワビチャ」、「懐石料理、カイセキリョウリ」の「美」を今回は、書いてみました。

From 1423-1502, Murata Juko.

Became a monk at Shomyoji Temple in Nara, and later lived in Kyoto.

He is the person who started “Cha no Yu, Chanoyu” with the taste of “Zen, Zen” after asking for teaching from Ikyu (Ikkyu, Monk, 1394-1481) at Daitokuji Temple.

This person is said to be the ancestor of “Wabi-cha, Wabi-cha”.

This “Wabi-cha, Wabi-cha” is said to be poor tea, and was called “Kusaan-cha, Souancha”.

The “Wabi-cha, Wabi-cha” has made a big difference in the world of tea, and the cooking has changed a lot.

“Wabi-cha, Wabi-cha” was completed by Takeno Jou 1502-1555 and Sen no Rikyu 1522-1592.

Over the years, “Wabi-cha, Wabi-cha” has been completed.

This imperfect tea is boiled, and its imperfect “beauty”, “from the bottom of my heart”, is boiled and made.

It is supposed to be acquired with Zen Buddhism, that is, zazen.

At the same time, it was vegetarian cuisine that developed.

It has evolved from poor foods such as Ichiju Sansai, rice, soup, and vegetable dishes.

The vegetarian cuisine has also evolved into “kaiseki cuisine, Kaiseki Ryori” by serving it in elegant dishes.

While it was scraped to the limit, it was arranged “from the bottom of my heart” with the changing seasons according to the four seasons of Japan (spring, summer, autumn, winter).

In this way, Kyoto cuisine has developed.

We used poor tea as “wabi-cha, wabi-cha” and found “beauty” from the few, and found “beauty” from the poor meals, that is, from the few, and developed into “kaiseki cuisine, kaisekiryori”.

There, you can discover the importance of discovering the spirituality of Zen Buddhism.

Zen Buddhism found “beauty” from the few things by developing it without forgetting its spirituality.

As I say many times, “Wabi-cha, Wabi-cha” and “Kaiseki cuisine, Kaiseki-ryori” are not blessed, but “beauty” is found among the few.

Therefore, this emphasizes spirituality.

If you don’t think it’s there, that’s it.

It is because there is no such thing that you can hone your spirit and make something that is complete even if you are not fortunate.

There are things that cannot be done in an overflowingly blessed environment.

There is such “beauty” in Japan that the spirit and the richness of things are inversely proportional.

This time, I wrote “Beauty” of “Zen”, “Wabicha, Wabicha”, and “Kaiseki cuisine, Kaisekiryori”.

コメントを残す