AIの時代を生きる。Live in the age of AI.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今や、「DX」、デジタルトランスフォーメーション、(Digital transformation)という言葉が、飛び交っています。

これは、IT 、つまり、情報を取得、加工、保存、伝送することを通じてビジネスモデルや組織を変革すること、らしい。

コロナウイルスによって、今や、「情報」の活用の時代に入った事になる。

日本では、プライバシーが重んじられ、「情報」分野は、進むのが、遅い。

行政は、官僚が、握っているので、業務がスリム化すると、自分達の雇用に関わるから、IT が、入るのは、遅いのです。

ですが、民間は、そんなこと、待っていられないから、急ピッチで、デジタル化が起こっています。

この「情報」が、非常に「あやうい」存在です。あやうい、とは、今にも、悪いことが、起こりそうで、安心できないことです。

「情報」を取られる人は、大変です。つまり、基礎の「情報」を取り出して、それが、AIによって、加工されるのです。

そうなると、人は、仕事が無くしてしまう。

「情報」は、最重要である。

それを踏まえて、人は行動しなければ、ならない。

多分、今、「情報」の産業に身を置いている多くの人は、その恩恵を大きく受けているだろう。

けれども、それは、長くは、続かない。

AIが、とって替わる、から。

それは、他の業界にも、言える。

じゃあ、何が、起こるかというと、ほんの一握りの人達と多くの消費者に置き替わる。

だから、資本主義は、利潤を突き詰めると、極端な貧富の差、が生まれる。

企業は、利潤を生むのが、使命だから、ここで、遅れをとれば、生き残れない。

だから、そのスピードを緩めることは、無い。

しかし、需要と供給で、経済は、成り立つ。

人が、消費する為にどこかで、収入を得なければ、ならない。

多分、それは、国家が、必死になって、すると思う。

だから、その矛盾は、国家によって、調整される。

その国家に大きな企業があり、納税されるのは、最重要、課題だと感じる。

これを見ていただくと分かると思う。

日本は、世界で一番、企業が長生きしています。

だから、少し、日本人は、救われるかも、しれない。

これからは、人は、多くの資金を持った国家に身を置くことが、安心になる。

ほんのひと握りの人、を除いて。

そんな、絶壁に立って、私たちは、将来を見ている。

この記事は、日経の記事を参考に作られました。

企業の創業ランキングWorld Founding Ranking

Now, the words “DX”, digital transformation, and (Digital transformation) are all over the place.

This seems to be IT, that is, transforming business models and organizations through the acquisition, processing, storage, and transmission of information.

With the coronavirus, we are now in an era of utilizing “information.”

In Japan, privacy is valued, and the “information” field is slow to move forward.

Since the administration is held by bureaucrats, if the business is streamlined, it will be involved in their employment, so IT will be slow to enter.

However, the private sector cannot wait for such a thing, so digitization is occurring at a rapid pace.

This “information” is a very “Ayaui” existence.

Awkward means that something bad is likely to happen and you cannot be relieved.

People who can get “information” are hard.

In other words, the basic “information” is taken out and processed by AI.

When that happens, people lose their jobs.

“Information” is of paramount importance.

With that in mind, one must act.

Perhaps many who are now in the “information” industry are greatly benefiting from it.

But it doesn’t last long.

AI will replace it. The same is true for other industries.

So what happens is that it replaces just a handful of people and many consumers.

Therefore, in capitalism, when profits are pursued, an extreme difference between rich and poor is created.

Companies cannot survive if they fall behind here because it is their mission to generate profits.

So it doesn’t slow down.

However, the economy is made up of supply and demand.

So, one has to earn somewhere to consume.

Maybe it’s because the nation is desperate.

So the contradiction is adjusted by the state.

There is a big company in that country, and I feel that paying taxes is the most important and issue.

You can see this by looking at this.

In Japan, companies live the longest in the world.

So, a little Japanese may be saved.

From now on, people will be relieved to be in a nation with a lot of money.

Except for a handful of people.

Standing on such a precipice, we are looking to the future.

This article was created with reference to the article by Nikkei.

コメントを残す