米国大統領選挙、第1回テレビ討論会。US presidential election, first television debate.

2020/09/30。米国の次期大統領を決める第1回目テレビ討論会が、米国中西部オハイオ州にて行われました。

中国は、第3次世界大戦をするかも知れない、なんて、いう人が、居たりするし、それに、対応できるだけの、リーダーシップが、必要とされる、大事な時です。

戦争に負けてはいけない。

これが、一番の大切な要点、つまり、大切なところ、です。

世界中が、注目している選挙、であることは、間違いない。

だから、この日本でも、特別番組が、放送された。

討論会とは、物事の道すじを色んな角度からお互いに議論を戦わす、ことです。

ところが、お互いに、同時に「発言するから」議論すると、いうより、「相手のこと」を「互い」に「同時に」そして、「大声で」、「威嚇」している、模様でした。

だから、「討論」なんか、していない。

すでに、お互いの政治方針は、この離れた日本までも、聴こえてきます。

だから、この「テレビ討論」は、「テレビで、その候補者を比べる放送」だから。

候補者は、自分の魅力をアピールするのに、必死なのです。

色んな、個性があります。

共和党トランプ大統領は、口撃は、凄い。

その、対する民主党のバイデン前副大統領は、イメージと違って、上手く、口撃をかわした。

だから、対応のあまりできないような、イメージだったけれど、案外、口が立つな、と感じました。

トランプ大統領は、いつものイメージでした。

多分、このことは、イーブン、つまり、引き分け、で、これは、「政策」によって、判定されることになると感じる。

だから、「政策」をアピールした方が、勝つと感じる。

どれだけ、リーダーシップをとって、その政策を達成することが、できるか、それが、一番大切です。

だから、具体的に「数字」を出すと、とても「説得力」がある。

だから、その「数字」を出し、どのような道すじで、達成するか「主張」した方が、良いし、これが、とても、「効果的」です。

お互いに「討論」は、多分、無理だから、テレビに向かって、自分の政策を「数字」で、米国の国民に示す、方が、得策です。

相手の言葉に、流されずに、「主張」した方が、多分、有利になる。

世界中から、注目されている選挙です。

聴衆は、テレビを観ている。

その聴衆の心を掴んだ方が、勝つ。

この記事は、読売新聞のテレビニュースを参考に作成されました。

2020/09/30. The first television debate to decide the next president of the United States was held in Ohio, Midwestern United States.

It’s an important time when there are people who might wage World War III in China, and leadership is needed to deal with it.

Don’t lose the war.

This is the most important point, that is, the important point.

There is no doubt that it is an election that the world is paying attention to.

Therefore, a special program was broadcast in Japan as well.

A debate is about fighting discussions with each other from various angles along the path of things.

However, when they argued with each other “because they speak” at the same time, it seemed that they were “speaking” at the same time, and “loudly” and “intimidating”.

Therefore, there is no “discussion”.

Already, each other’s political policies can be heard even in this distant Japan.

Therefore, this “television debate” is a “broadcast that compares the candidates on television.”

Candidates are desperate to showcase their appeal.

There are various personalities.

Republican President Trump has a terrific talk.

The former Vice President of the Democratic Party, Mr. Biden, did not swear, unlike the image.

That’s why I had the image that I couldn’t deal with it very much, but I felt that I couldn’t speak up unexpectedly.

President Trump was the usual image.

Perhaps this is an even, or draw, and I feel that this will be judged by “policy.”

Therefore, I feel that the one who appeals “policy” wins.

The most important thing is how much leadership you can take to achieve that policy.

Therefore, if you give specific “numbers”, it is very “persuasive”.

Therefore, it is better to give the “number” and “claim” what kind of path to achieve it, and this is very “effective”.

So it’s probably not possible to “discuss” with each other, so it’s better to show your policy in “numbers” to the American people on TV.

It is probably more advantageous to “claim” without being distracted by the other party’s words.

It is an election that is drawing attention from all over the world.

The audience is watching TV.

The one who catches the heart of the audience wins.

This article was created with reference to the TV news of the Yomiuri Shimbun.

コメントを残す