「孫子の兵法」を読む②Read “Sun Tzu’s Military Law” ②

今回も「勝つ」為の準備のお話の続き、です。

前回を踏まえて、敵、味方、の情報分析です。

お互いに比較して、

①リーダーが正しい哲学を持っている。

②その組織をまとめる力が、優秀であること。

③タイミング。そのアクセスポイントは、整っていること。

④組織、その率いるルール、その戦う力は、充分であること。

⑤個人の力。

⑥その組織は、実戦に強いこと。

⑦「信賞必罰、シンショウヒツバツ」必ず、功績をあげた者は、必ずそれを誉める。

罪をした者は、必ず、罰する。

これを厳格に行うこと。

前回の5項目と、これらの7項目を基準によって、「分析」することから、「必ず」、「勝つ」ことを準備するのです。

その組織を保つために、必要なのは、「厳しさ」を持つこととされています。

けれども、決してその「厳しさ」だけではなく、その中に、時に、「思いやり」を忘れては、いけない、これは、「仁、ジン」とも言われる。

これは、松下幸之助氏の組織の運営にも残されています。

「どうしても、その人を、切らないといけない時がある。

その時は、思いやりをもって、切る。」そんな言葉を残しています。

リーダーの資質は、時に、身を潜んで、時期を待ち、そして、周りを整えて、その時に備える、そんな「孫子」の心構えがあります。

あえて、松下幸之助氏を取り上げましたが、これは、国家、企業、事業、人生、において、非常に有用なことです。

戦いをする為には、準備が、重要で、「勝つ」ことが、最重要である、とされる。

つまり、孫子は、「必ず勝つ」ことを重要で、負ける「戦い」は、しない、のです。

だから、準備、つまり、「分析」して、そのマイナスを補正して、繰り返す。

常に情勢は、刻々と変化する。

だから、来たる日に備えて、準備万端、ジュンビバンタン、あらゆる事柄をするのに必要な情勢を前もって、整えること。が、非常に大事である。

人生においては、「勉強」がある。

それは、「机上の空論、キジョウノクウロン」、つまり、ただ、机の上で、プランされた、実際とかけ離れた、ものでは、いけない。ということです。

自分の人生に設計図を描き、それを実現するために、「勉強」つまり、準備する、ことは、非常に有用である。

とても、難しいように思いますが、「勝つ」為に、その準備は、非常に「最重要」だということです。

日本は、「漢字」の文化を残しながら、独自に文化を作っていきました。

ですから、この「漢文、カンブン」の、直線的文化、を学ことは、グローバル化に大切です。

そして、それに伴う「かな、カナ」文化がある。

これらは、独自の「文化」は、外来語は、「カタカナ」を使い、外来語に備えた。

だから、英語に侵食されずに、独自の文化を発展させている。

だかこそ、原点の、「勝つ」文化を分析して、知恵を英知として、再び、学習することは、異文化から、自国に変化させて、発展することは、非常に大切だと、感じます。

続く。

This time is a continuation of the story of preparations for “winning”.

Based on the last time, it is an information analysis of enemies and allies.

Compared to each other,

① the leader has the correct philosophy.

②The ability to organize the organization is excellent.

③ Timing. The access point must be in place.

④ The organization, the rules it leads, and its fighting power are sufficient.

⑤ Individual power.

⑥ The organization must be strong in actual battles.

⑦ “Shinshohitsubatsu, a punishment for credit” Be sure to praise those who have made achievements.

Anyone who sins will be punished.

Do this strictly.

By “analyzing” the previous 5 items and these 7 items based on the criteria, we prepare to “must” and “win”.

In order to maintain that organization, it is necessary to have “strictness”.

However, never forget not only its “severity” but also “compassion” in it, which is also called “jin, jin”.

This is also left in the management of Mr. Konosuke Matsushita’s organization.

“There are times when I have to cut that person by all means.

At that time, I cut it with compassion.”

The qualities of a leader are, at times, the attitude of a “Sun Tzu” who hides himself, waits for the time, prepares his surroundings, and prepares for that time.

I dared to take up Konosuke Matsushita, which is very useful in the nation, companies, business, and life.

It is said that preparation is important and “winning” is the most important for fighting.

In other words, it is important for Sun Tzu to “always win” and not to lose “fight”.

So prepare, that is, “analyze”, correct the minuses, and repeat.

The situation is constantly changing.

So be prepared, Jun Bibantan, and get the situation you need to do everything in advance for the coming day.

However, it is very important.

In life, there is “study.”

It shouldn’t be “desk theory, Kijo no Kouron”, that is, just on the desk, planned, far from reality. about it.

It is very useful to “study” or prepare to draw a blueprint in your life and realize it.

It sounds very difficult, but in order to “win”, the preparation is very “most important”.

Japan has created its own culture while preserving the culture of “Kanji”.

Therefore, it is important for globalization to learn the linear culture of this “Kanbun, Kanbun”.

And there is a “kana, kana” culture that accompanies it.

They prepared for foreign words by using their own “culture” and foreign words “katakana”.

Therefore, it develops its own culture without being eroded by English.

I feel that it is very important to analyze the origin of the “winning” culture, use wisdom as wisdom, and learn again, to change from a different culture to your own country, and to develop.

.. Continue.

コメントを残す