日本食の材料「こんにゃく」で、ダイエットする。Diet with the Japanese food ingredient “konjac”.

今回は、食生活のカロリーダウンについて書いてみようと思います。

ひと昔前には、「太った」人が、とても魅力的だった、とされる。

これは、食べものがあまり無かったので、豊かなしるしとして、目立ったし、人々は、「無いものねだり、ナイモノネダリ」つまり、実現することが、難しいことを、欲しくなる。

今、人々は、一部のお国を除いて、飽食の時代、です。

この食料の余剰廃棄は、非常に問題になっていて、SDGs、Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標、環境と共に、発展することを求められています。

このように、地球規模で見ると、色んなものが、偏在しています。

そして、この食生活が、豊かなお国は、今、ダイエットが、ブームです。太ることは、簡単で、豊かで、色んな食材があり、誘惑が、沢山ある。

だから、このような時代において、「痩せて、普通の体型」で、いることは、非常に難しく、これは、「誘惑」負けない、精神が要る。

だから、これも、「無いものねだり、ナイモノネダリ」です。

人々は、希少なものに、憧れます。

日本では、そんなに、「太った」人は、少ない。

だから、海外に行けば、驚きを持って、見られる、ことも、多い。

そして、日本食が、世界に、広く受け入れられる、のだと感じる。

今回は、その中で、おすすめしたい、食材があります。

それは、「こんにゃく」です。

里いも科の多年生作物で、原作国はインドです。これを加工した物、が、一般的に「こんにゃく」です。

この頃は、こんにゃく芋が、希少になり、代替の食材を使って作ります。

この「こんにゃく」は、100g、6.9kcal、で、非常に低カロリーです。

一番太る原因は、「甘いもの」にあります。

これは、「依存性」があり、「砂糖」を発見して、人類は、「虫歯」になるようになった、とされる。

話は、少し逸れてしまったけれども、それだけ、味覚は、「痩せる」為に必要、です。

主食の、パンやご飯には、糖分があります。

つまり、炭水化物は、「甘いもの」で依存性があります。

これは、「太る」原因になる。

このことは、GI値という言葉もある。

GI値とは、グリセミックインデックス値と言われ、炭水化物に含まれる「糖質」の値です。

ですから、この値は、非常に大切で、これを解く「鍵」が、「こんにゃく」です。

こんにゃくを加工して、お米にした商品、もある。

だから、この「こんにゃく」を主食に、上手に、取り入れる、ことは、「食欲」を抑え、その上に、「痩せる」効果が、あります。

日本では、「こんにゃく」は、手に入れやすいけど、海外では、難しい、と思うので、リンクを貼っておきますので、興味ある方は、ご覧ください。

より簡単にできるレシピを選びました。

皆さまの生活が、より良い生活になりますように。

この記事は、Wikipedia を参考に作られました。

This time, I would like to write about reducing the calories in my diet.

A long time ago, “fat” people were said to have been very attractive.

This stands out as a rich sign because there wasn’t much food to eat, and people want something that is “begging for nothing, naimononedari,” that is, difficult to achieve.

Now, with the exception of some countries, people are in an era of satiety.

This surplus waste of food has become a major issue and is required to develop along with the SDGs, the Sustainable Development Goals and the environment.

In this way, on a global scale, various things are unevenly distributed.

And in a country with a rich diet, dieting is booming now.

It’s easy to gain weight, it’s rich, there are many ingredients, and there are many temptations.

So, in such an era, it is very difficult to be “thin, normal body”, which requires a spirit that is not defeated by “temptation”.

Therefore, this is also “a begging for nothing, a naive thing”.

People yearn for rare things.

In Japan, there are few people who are so “fat”.

Therefore, if you go abroad, you will often be surprised to see it.

And I feel that Japanese food is widely accepted in the world.

This time, there are some ingredients that I would like to recommend.

That is “konjac”.

It is a perennial crop of the Araceae family, and the country of origin is India.

The processed product is generally “konjac”.

Around this time, konjac potatoes have become rare and are made using alternative ingredients.

This “konjac” weighs 100g and 6.9kcal, and is very low in calories.

The biggest cause of fatness is “sweet food”.

It is said that there is “dependence” and that human beings have become “cavities” by discovering “sugar”.

The story is a little off, but that’s how much taste is needed to “thin”.

Bread and rice, which are staple foods, have sugar.

In short, carbohydrates are “sweet” and addictive.

This causes “fat”.

This is also called the GI value.

The GI value is called the glycemic index value and is the value of “sugar” contained in carbohydrates.

Therefore, this value is very important, and the “key” to solve it is “konjac”.

There is also a product made from konjac processed into rice.

Therefore, taking this “konjac” as a staple food well, it suppresses “appetite”, and on top of that, it has the effect of “thinning”.

In Japan, “konjac” is easy to get, but overseas, I think it is difficult, so I will post a link, so if you are interested, please have a look.

I chose a recipe that is easier to do.

May your life be better.

This article was created with reference to Wikipedia.

How to make konjac.

konjacKonjac flour.

 

コメントを残す