環境に負けない。原子力発電から風力発電へのチャレンジ。We won’t lose to the environment. Challenge from nuclear power generation to wind power generation.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今、日本は、原子力発電の岐路に立っている。

2011/03/11、東日本大震災によって、福島第一発電所事故による災害で、廃炉(ハイロ)、つまり、もう使うことが出来ないように、なった。

クリーンエネルギーとして、風力発電を検討し、実用化しようとしています。

海の上の風が、良く吹く所を選んで、建設する方針だそうです。

日本の陸上は、その発電に値するパフォーマンスが、出ないので、洋上、つまり、海の上に建設することを計画しています。

すでに、ヨーロッパでは、導入されて、同じように洋上風力発電機の設置されている、イギリスは、1,000万kw (2019年)、日本は、2万kwで、とても比較にならないそうです。

24基原子力発電所を廃炉して、新設、増設は、考えていないそうです。

これは、梶山経済産業大臣のインタビューでした。

これは、とても、大きな方針転換であり、非常にトップダウンの判断だと感じる。

未来に「マイナスの遺産」を残してはいけない、と決断したのです。

その構想には、水上都市も構想があるそうで、それは、今や、海面上昇によって水没しそうなキリバス共和国からもオファーがあるそうです。

その建設に必要なのが、SEP(Self Elevation Platform)船と言われる船です。

その建設に世界最大のものが、日本の清水建設株式会社で造られるそうです。

その投資額500億円。

井上和幸社長が、自ら、大決断でした、とのこと。

その構想は、壮大なスケールです。日本のSDGs持続可能な開発目標、「Sustainable Development Goals」です。

洋上風力発電は、日本は世界に遅れている。

けれども、日本の建設技術は、非常に良いものを持っています。

海底もイギリスのように浅くは、無い。

だから、とても技術が、必要です。ですが、これを乗り越えることが、求められています。

壮大な計画で、多大な予算と、技術が必要です。

これを乗り越えて、是非、地球に優しい未来、を願うばかりです。

このプロジェクトは、現在進行形です。

日本の底力を注目してください。

こうやって、日本は、困難をいつも、環境に負けない。

こう、心に誓い、頑張っています。

この記事は、日経テレビニュースを元に作られました。

Shimizu Corporation

Japan is now at the crossroads of nuclear power.

Due to the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, the Fukushima Daiichi Power Station accident caused decommissioning (Hilo), that is, it became unusable anymore.

We are considering wind power generation as clean energy and are trying to put it to practical use. It seems that the policy is to choose a place where the wind on the sea blows well and build it.

Japan’s land does not have the performance it deserves, so we are planning to build it offshore, that is, on the sea.

Already introduced in Europe and installed with offshore wind power generators in the same way, the UK has 10 GW (2019) and Japan has 20,000 kW, which is very incomparable.

It seems that they are not considering the decommissioning of 24 nuclear power plants and new construction or expansion.

This was an interview with Minister of Economy, Trade and Industry Kajiyama.

I feel that this is a very big change in policy and a very top-down decision. He decided not to leave a “negative legacy” in the future.

It seems that there is also a floating city concept in the concept, and it is said that there is now an offer from the Republic of Kiribati, which is likely to be submerged due to rising sea levels.

What is needed for its construction is a ship called the SEP (Self Elevation Platform) ship.

It is said that the world’s largest construction will be made by Shimizu Corporation in Japan.

The investment amount is 50 billion yen.

President Kazuyuki Inoue himself made a big decision.

The idea is a grand scale. Japan’s SDGs Sustainable Development Goals.

Japan lags behind the rest of the world in offshore wind turbines.

However, Japanese construction technology has very good ones.

The seabed is not as shallow as in England.

Therefore, technology is very necessary.

However, it is required to overcome this.

It’s a grand plan and requires a lot of budget and technology.

I just hope to overcome this and hope for an earth-friendly future.

This project is ongoing.

Please pay attention to the strength of Japan.

In this way, Japan is always competitive with the environment.

I swear to my heart and do my best.

This article was created based on Nikkei TV News.

コメントを残す