「哲学」とは、人を幸せにする学問。”Philosophy” is a discipline that makes people happy.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「哲学」とは、物事を根本原理から統一的に把握、理解する学問です。

どこかで、スイスは、「哲学」が、必須だと聞いたことがある。

「哲学」なんて、自分には、関係無い、なんて思って居る、人も多いと思うけれども、これは、誤解です。

「投資家」や「経営者」には、「哲学」は、必須、だから。

随分と前に、「ダスキン」の本社前を歩いていた。

「ダスキン」は、掃除の会社の会社でもあり、ドーナツの会社でもあります。

身近な本社を見れる、会社だったので、印象に残っています。

会社の中だけではなく、会社の廻りもいつも掃除していました。

ですから、ダスキンの本社には、入ったことは、無いけれども、そこには、奉仕、ホウシ、の心が、感じられました。

奉仕、ホウシ、とは、献身的に、国家、社会に尽くすことです。

献身的、とは、自分を犠牲ににしてでも、他の為に尽くすことです。

日本には、こんな言葉があります。

「情け(ナサケ)は、人のためならず、ナサケハヒトノタメナラズ」

これは、思いやりは、他の人の為にするのではなく、めぐりめぐって自分のところに良いことが来る、という言葉です。

だから、このように、会社が、人を雇用している時間を社会奉仕に当てていたのです。

そして、会社には、哲学があります。

それは、社会には奉仕することは、会社に置き換えてみれば、製品やサービスのことです。

ですから、他の人を思いやることは、サービスや製品をより良いものを提供することによって、その人々は、幸せになり、それが、めぐりめぐって、会社の発展に繋がる、というものです。

これが、会社の基本原理です。

これは、「哲学」の入口でもあり、出口でもあります。

これをどう運営するのかは、その企業風土にもよりますが、より良い社会に奉仕、ホウシ、することが、最も重要である、ということです。

もし、それがうまくいかない時は、もう一度、考える、ことが、必要です。

そこには、時代背景や、その時の運もあるので、絶対とは、言えませんが、これは、時代を超えて、普遍の事実でもあります。

個人においても、これは、当てはまることで、国家、グローバルにおいても、当てはまることです。

「哲学」は、道徳が無ければ、できないことです。

他者(他の人)を自分に置き換えて、どうやって、人を幸せに、できるのか、考えることが、自分にとっても、相手にとっても、最も必要なことです。

人として、何ができるのか、真剣に考えるとそこには、真実が見えます。

時に、利害関係があり、衝突することもあると、思います。

ですが、悪いことをすれば、やはり、これはめぐりめぐって、自分に悪いことが起こります。

これは、金銭的問題ではなく、信用(クレジット)が無くなります。

これは、金銭が、無いより、最も悪いことです。

何故なら、この信用(クレジット)を失うことは、誰にも、信じられない、ことです。

ですから、道徳を学び、「哲学」を理解すれば、自ずと、目の前が、開ける、と感じています。

悪い人に騙されることもあると思います。

ですが、悪い人には、悪い人しか、集まって来なくなります。

良い人には、良い人が、集まってきます。

だから、「情けは人の為ならず、ナサケハヒトノタメナラズ」。

これを貫くのは、とても、行きづらい世の中です。

ですが、そんな簡単では、無いからこそ、そこにたどり着くと、良い人たちにめぐりめぐって、囲まれていると思います。

自分だけではなく、思いやる心を、持ち続ける、強さ、を培ってください。

今回は、「哲学」から、社会のあり方を、書きました。

“Philosophy” is the study of grasping and understanding things from the fundamental principle in a unified manner.

Somewhere, Switzerland has heard that “philosophy” is essential.

I think there are many people who think that “philosophy” has nothing to do with me, but this is a misunderstanding.

“Philosophy” is indispensable for “investors” and “managers”.

A long time ago, I was walking in front of the headquarters of “Duskin”.

“Duskin” is both a cleaning company and a donut company.

I was impressed because it was a company where you can see the familiar head office.

I was always cleaning not only inside the company but also around the company.

So, although I’ve never been to Duskin’s headquarters, I could feel the spirit of service and houshi.

Service, houshi, is devoted to the nation and society.

Devoted means doing something else, even at the expense of yourself.

There is such a word in Japan.

“Pity (Nasake) is not good for people, Nasake no Ontamenarazu”

This is a word that compassion is not for other people, but for good things to go around. is.

That’s why the company devoted its time hiring people to social service in this way.

And the company has a philosophy.

That is, serving society is, in terms of a company, a product or service.

So, caring for others is that by providing better services and products, they become happy, which in turn leads to the development of the company.

This is the basic principle of the company.

This is both the entrance and the exit of “philosophy”.

How this is managed depends on the corporate culture, but it is of utmost importance to serve and be a better society.

If that doesn’t work, you need to think again.

It cannot be said to be absolute because of the background of the times and the luck of that time, but this is also a timeless and universal fact.

This is true for individuals as well as nationally and globally.

“Philosophy” is something that cannot be done without morality.

It is most necessary for you and the other person to think about how you can make others happy by replacing others (others) with yourself.

When you think seriously about what you can do as a person, you can see the truth there.

At times, I think there are interests and conflicts.

However, if you do something wrong, it will go around and something bad will happen to you.

This is not a financial issue, you lose credit.

This is the worst thing with no money.

Because losing this credit is unbelievable to anyone.

Therefore, I feel that if you learn morals and understand “philosophy”, you will naturally be able to open your eyes.

I think you can be fooled by bad people.

However, only bad people will come to the bad people.

Good people gather for good people.

Therefore, “Pity is not for people, Nasake no Ontamenarazu”.

It is a very difficult world to go through this.

However, because it is not that easy, I think that when you get there, you will be surrounded by good people.

Cultivate not only yourself but also the strength to maintain a compassionate heart.

This time, I wrote about the ideal way of society from “philosophy”.

コメントを残す