「断捨離、ダンシャリ」言葉の教え。Teaching of the word “danshari”.

この頃は、ものを持たないように、人々は、なってきています。

ここ日本では、物を処分して、身軽にすることを「断捨離、ダンシャリ」といいます。

これは、とても、仏教の教え、が影響しています。

「断、ダン」これは、「煩悩、ボンノウ」を断つ。とされます。

「煩悩、ボンノウ」とは、とても難しいことばで、人々を悩ませることがら、です。これには、貧しさ、怒り、いやらしいこと、ただ惰性でいること、疑うこと、見てしまうこと。

色んな「煩悩、ボンノウ」があります。これは、「108」の煩悩、ボンノウ、「8400」の煩悩、ボンノウ、とも言われる。

色んな、誘惑があり、色んな思惑が、あり、色んな欲がある。

だから、このような、数えられないほどのものを、超えた者だけが、悟り、サトリ、とされる。

だから、このような境地、キョウチ、にだどり着くのは難しいとされる。

人は、それ、つまり、悟り、サトリを得る為に、人間の本能の食、つまり、食欲も、仏教では、断じる。

その為に、断食、ダンジキ、という、修行、シュギョウ、も存在します。

修行、シュギョウ、とは、悟り、サトリを求めて、仏、ホトケ、の教えを実践することです。

仏、ホトケとは、悟り、サトリを得た者とされる。

だから、ひたすら、人間であることも、否定するほど、「食」も断つ。

「断捨離、ダンシャリ」の言葉は、「シャリ」は、仏教では、「舎利、シャリ」とされ、漢字が違う、同音異義語です。

「舎利、シャリ」とは、聖者の遺骨とされる。

だから、仏教では、火葬なので、燃え残った「遺骨、イコツ」のようにされる。

でも、その物は、選(ヨ)りすぐられた、もの、です。

つまり、高貴なものです。

だから、そんな、仏教の教えを、現代の生活に、物を過剰に持つのは、優れたことでは、無い、選りすぐられた、物を少しだけ、持つ、こと、を勧めています。

だから、日本では、物を少なく持つ為に、物を捨てることを、「断捨離、ダンシャリ」と言っています。

「断捨離、ダンシャリ」。

現代の日本のブームの言葉です。

Nowadays, people are becoming so that they don’t have anything.

Here in Japan, disposing of things and making them lighter is called “cutting off, danshari”.

This is very much influenced by Buddhist teachings.

“Dan, cut off” This cuts off “Kleshas, Bonnow”.

Is said to be. “Kleshas, Bonnow” is a very difficult word that bothers people.

This includes poverty, anger, nasty things, just inertia, doubts, and seeing. There are various “Kleshas, Bonnow”.

This is also referred to as the “108” worldly desires, Bonnow, and the “8400” worldly desires, Bonnow.

There are various temptations, various speculations, and various desires.

Therefore, only those who exceed such innumerable things are considered to be enlightenment and satori.

Therefore, it is difficult to reach such a situation, Kyochi.

In Buddhism, one refuses the food of human instinct, that is, appetite, in order to obtain enlightenment and satori.

For that reason, there are also trainings such as fasting and danjiki.

Training, Shugyo, is to practice the teachings of Buddha and Hotoke in search of enlightenment and Satori.

The Buddha and Hotoke are said to have been enlightened and gained Satori.

Therefore, the more I deny that I am a human being, the more I refuse to eat.

The word “cut off, danshari” is a homonym with different kanji, which is called “shari, shari” in Buddhism.

“Shari, sushi rice” is said to be the remains of saints.

Therefore, in Buddhism, because it is a cremation, it is treated like an unburned “remains, knack”.

However, the thing is a selected thing.

In other words, it is noble.

Therefore, I recommend that Buddhist teachings, such as having an excess of things in modern life, are not good, be selected, and have a few things.

Therefore, in Japan, throwing away things in order to have less things is called “cutting off, danshari”.

“Cut off, danshari”.

It is a word of the modern Japanese boom.

コメントを残す