たたき上げ。Launch,Tatakiage.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ここ日本では、やっと苦労して成功した人のことを「たたき上げ」と言います。

これは、とても「ほめる」ことば、です。

日本は、天災(テンサイ)とは、暴風、地震、落雷、洪水などの自然で起こる災害のこと、です。

事実、日本は、温泉が多いのは、地震の多いしるしです。

その上、急勾配(キュコウバイ)といって、リアス式海岸が多いので、急坂が多い。

だから、多量の雨によって、洪水なども多く発生します。

河が氾濫(ハンラン)します。この頃の異常気象によって、多くこのようなことが、起こるから、もう、住宅保険は、保険金を払うのが、大変になり、一年更新しかできないようになりました。(2020年現在)。

首都圏の、タワーマンションが、水害によって、大変なことになったし、今後、どのようなことが、起こるのか、想像もつかない。

そんな、日本だから、「苦労」は、尊敬される。

日本のことばに「たたき上げ」とは、人の下に使われて、出世しないとか、才能、能力が、なかなか、認められずに時間が大変かかり、その苦労をたくさんすることです。

それを耐えしのび、やっと、開花(カイカ)する。

カイカとは、ここ日本では、桜の花が、咲くことが、素晴らしい、出来事だと、言われます。

だから、「たたき上げ」つまり、いっぱい苦労した人は、尊敬される。

苦労しても、なかなか、うまくいかない人もいると思う。

人は、「ひねくれる」つまり、素直でいるのは、難しい。

だから、素直なことは、「成長」に欠かせない、ことだと思う。

人は、「自我、ジガ」自分のこと、を形成するのに素直にいることは、とても、難しい。

外国の人は、日本には、「根性、コンジョウ」困難にもくじけないことが、とても、尊敬される、とされるけれども、そんなことしてまで、こんなことしないといけないの?と感じているようなことを言われたことがあります。

日本は、地震がある。

だから、建物は、強い。

外国で、地震が発生して、建物が倒壊した、とか報道される。

この日本では、そんな程度の地震は、何時も起きている。

でも、建物は、倒壊しない。

建物ひとつだって、こんな感じです。

これは、そうならないと、この地、日本は、成り立たない、のです。

だから、見かけ、は、格好良くなくても、良い。

「たたき上げ」は、「尊敬」される。

見かけ、ではない。

そんな、国土だから。多くを語ることはない。

「無言」でも、必ず、人は、「感じる」。

だから、多くの「苦労」は、語ることは、無い。

Here in Japan, a person who has finally struggled and succeeded is called a “launch”.

This is a very “praise” word. In Japan, a natural disaster (sugar beet) is a natural disaster such as a storm, an earthquake, a lightning strike, or a flood.

In fact, in Japan, many hot springs are a sign of many earthquakes.

In addition, there are many steep slopes because there are many ria coasts, which are called steep slopes.

Therefore, a lot of rain causes many floods.

The river is flooded. Due to the abnormal weather around this time, many things like this happened, so it became difficult for home insurance to pay insurance money, and it was only possible to renew it for one year. (As of 2020).

The tower condominiums in the metropolitan area have become difficult due to flood damage, and I can’t imagine what will happen in the future.

Because of Japan, “hardship” is respected.

In Japanese language, “launching” is used under a person, and it takes a lot of time to get a job, or the talent and ability are not recognized easily, and it takes a lot of trouble.

It endures it and finally blooms (CAICA).

Caica is said to be a wonderful event here in Japan when cherry blossoms bloom.

Therefore, “launching”, that is, those who have had a lot of trouble, are respected.

Even if you have a hard time, I think there are some people who do not go well.

It is difficult for a person to “twist”, that is, to be honest.

Therefore, I think that honesty is indispensable for “growth.”

It is very difficult for a person to be obedient in forming “self, Jiga” himself.

It is said that foreigners are very respected by Japan for not being able to withstand the difficulties of “guts, conjou”, but do we have to do this? I have been told something that I feel.

Japan has an earthquake.

So the building is strong.

It is reported that a building collapsed due to an earthquake in a foreign country.

In Japan, such an earthquake is happening all the time.

But the building doesn’t collapse.

Even one building looks like this.

This is because otherwise Japan would not be possible.

So it doesn’t have to look good. “Tapping up” is “respected”.

Apparently, not.

Because it’s a land. I don’t say much.

Even if it is “silent”, people always “feel” it.

Therefore, many “hardships” do not speak.

コメントを残す