あなたは、ひとりぼっちではない。You are not alone.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

あるお寺に行った。そこは、病気を治すと言われる仏様がある。

そこに祈りを捧げている人を良く見る。

この現代において、病気が、祈りによって治るなんて、信じる人は、少なくなった。

科学が、発達して、そこには、理路整然(リロセイゼン)とした、論理があり、検証がある。

だから、人は、宗教を信じる人は、ずいぶんと、減ったそうです。

だから、日本のお墓も少なくなって来ています。

もちろん、人口が、減ったこともあるけれど、それ以上にお墓は、なくなって来ています。

合同葬と言って、共同墓地とか、日本は、火葬といって、火で焼いた遺骨を粉にして、散骨といって、生前の「遺言」によって、その場所に骨の粉をばらまく。ほんの少し、だけど。

そうやって、宗教から、少し、距離をおいている。

けれども、やはり、人は、何かに、すがりたい程、苦しい、時がある。

こんな現代でも。

前述のあるお寺に少しお年のいった夫婦が、数珠を手に、一生懸命、お経を唱え、お祈り、しています。

それぞれ仏様の前で、お祈りしています。

とても、心から、何かを、お願いしているようでした。

その横に、僧侶が、無言で、あゆみより、数珠を持ち、一緒に拝み(オガミ)ました。

心から、伝わるものが、あったのでしょう。

私は、このシーンを心から深く印象に残っています。

違うところでも、ずーっと手を合わせ、動かない、人もいます。

人は、誰でも、苦しみを持っています。

これは、こんなところに行けば、良く見るシーンです。

人は、本当の苦しみは、言えません。

苦しくて、これは、口から吐き出すこともできずに、飲み込んでしまいます。

自分より、苦しい人なんて、いないと思うかもしれません。

ですが、そうではありません。

多くを語る事なく、人は、なんらかの「苦しみ」を持っています。

だから、幸せだと見える人でも、それは、苦しみをたくさん持っています。

人は、苦しみをたくさん持っているだけ、「明るく」なります。

それらを隠そうとするから、です。

それを「口に出して言えない」から、カモフラージュをします。

日本のことばにこう言うことばがあります。「となりの芝生は、あおい」。人は、自分より、幸せに見える、のです。

だけど、今、尚(ナオ)、祈り、をする人は、後を断ちません。

これは、とても、苦しい人が、居る、ということです。

とても苦しい時は、こうやって、色んな場所に行けば、苦しんでいる人に出会うことが、できます。

そうすれば、ああ、自分だけでは、無い、と思えます。

そして、心から、自分だけでは無いと思い、苦しみ、を共有できると思います。

色んな困難があると思いますが、その苦しみは、自分ひとりだけではない、と感じて欲しいと思います。

そして、人生を投げ出す、のでは、なく、その困難にあっても、自分を大切にして、明日に、向かって、一歩で良いので、前に進んで欲しいと思います。

そこには、苦しみと涙の数だけ、横に寄り沿ってくれる誰か、がいます。

あの、僧侶のように。

I went to a temple.

There is a Buddha who is said to cure illness.

I often see people praying there.

In this modern age, few believe that illness can be cured by prayer.

Science has evolved, and there is logic and verification that is coherent.

Therefore, it seems that the number of people who believe in religion has decreased considerably.

Therefore, the number of Japanese graves is decreasing.

Of course, the population has decreased, but more than that, the graves are disappearing.

In the case of a joint burial, a communal graveyard, or in Japan, a cremation is called cremation, and the ashes burned on fire are crushed into powder.

Just a little, though. That way, I’m a little far from religion.

However, after all, there are times when people are so painful that they want to cling to something.

Even in such a modern age.

A couple who are a little older at the temple mentioned above are praying and chanting sutras with beads in their hands.

We pray in front of each Buddha.

It seemed that I was asking for something from the bottom of my heart.

Next to that, the priest silently held beads from Ayumi and worshiped with him (Ogami).

There must have been something that could be conveyed from the bottom of my heart.

I am deeply impressed with this scene.

Even in different places, there are people who keep their hands together and do not move.

Everyone has suffering.

This is a scene that you often see if you go to such a place.

One cannot say the true suffering.

It’s painful and it swallows without being able to spit it out of the mouth.

You may think that no one is more painful than you.

But that’s not the case.

Without saying much, one has some kind of “suffering.” So even those who look happy have a lot of suffering.

A person becomes “brighter” as he has a lot of suffering.

Because they try to hide them.

I camouflage it because I can’t say it.

There is a word in Japanese that says this. “The lawn next door is blue.” People look happier than they are.

But now, those who pray, Nao, will not refuse.

This means that there are some very painful people.

When you are in a very difficult time, you can meet people who are suffering by going to various places like this.

Then, oh, I don’t think I’m alone.

And from the bottom of my heart, I think I can share my suffering, not just myself.

I think there are various difficulties, but I want you to feel that you are not the only one suffering.

And instead of throwing out my life, I want you to take good care of yourself and move forward tomorrow, even if you are in trouble.

There is someone there who will stand by as many as the number of sufferings and tears.

Like a monk.

コメントを残す