「刀狩り」と銃、日本的伝統から学んで欲しいこと。I want you to learn from “katanagari, sword hunting”, guns, and Japanese tradition.

2020/09。テニスの全米オープンが、行われた。

ここで、大坂なおみ選手が、黒人の差別について、抗議を行っている。

銃で、亡くなったことについて、大きく触れている。

これは、米国で、簡単に「銃」が、手に入る。

だから、犯罪が多くなる。

ここでは、「銃社会」について、触れよう。

日本には、かつての「銃」にあたる、「日本刀」があった。

ですが、これは、「刀狩り」によって、完全に排除できた、のです。

ここには、日本の「忠誠心、チュウセイシン」がある。

忠誠、チュウセイとは、まごごろ。

まことマコト、尽くす心です。

まこと、マコトとは、人に対して、嘘をついて、騙さないことです。

このような心が、侍、サムライにあったから、できました。

米国は、他民族国家で、多く移民を受け入れている。

だから、優秀な人材も集まってくるし、色んな思想や人々が暮らす。

だから、その思想を統一するのは、なかなか難しい、ことかも、しれません。

このコロナウイルスの緊急事態でも、まず初めに売れたのは、「銃」だった。

「マスク」をすれば、暴力を振るわれ、街に居ることもできなかった、のです。

これは、おかしい。

自分の事を放り出して、相手の欠点を攻撃するのです。

今、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅で過ごすことが多い。

こんな時だからこそ、「道徳」を学び、人を思いやる、心を育てて欲しい。

人を疑うと、かぎり無い。

人は、完璧じゃないから、自分と違う所もある。

その「違い」を学んで、欲しい、と思う。

互いに、「違い」が、分かれば、「誤解」も解ける。

やがて、そんな、凶器、「銃」なんて持たない社会になって欲しい。

「銃」は、「自分を守る」ものではない。

それは、「相手を攻撃する」ものであることを、知るべき、です。

銃は、バーチャルの世界「ゲーム」だけ、で良い。

そんな「ゲーム」も、やはり、年齢制限は、必要だと、感じる。

幼い頃に、「銃のゲーム」をすることは、「擦り込み」を起こす。

決して、「銃で、幸せになれない」ことだけは、確かです。

「銃」を使って生き残っても、それは、周りが、「警戒」するから、です。

「銃社会」は、お互いが、不幸になり、消耗することを、学んで欲しい。

そして、銃のない社会が、訪れますように。

2020/09. The US Open of tennis was held. Here, Naomi Osaka is protesting against discrimination against black people.

He makes a big mention of his death with a gun.

It’s easy to get a “gun” in the United States.

Therefore, there are many crimes.

Here, let’s touch on the “gun society”.

In Japan, there was a “Japanese sword,” which was once a “gun.” However, this could be completely eliminated by “sword hunting”.

Here is Japan’s “Loyalty, Chuuseishin”.

Loyalty and Chusei are all about. Makoto Makoto, I will do my best.

Makoto is to lie and not deceive people.

This kind of heart was created because the samurai, Samurai, had this kind of heart.

The United States is a multi-ethnic country and accepts many immigrants.

Therefore, excellent human resources also gather, and various ideas and people live.

Therefore, it may be quite difficult to unify the idea.

Even in this coronavirus emergency, the first thing that sold was a “gun.”

If you put on a “mask”, you would be violent and couldn’t even stay in the city.

This is strange.

Throw yourself away and attack your opponent’s shortcomings.

Nowadays, everyone spends most of their time at home because of their social distance.

It is at such times that I want you to learn “morality”, be considerate of others, and nurture your heart.

If you doubt a person, there is no limit.

People are not perfect, so there are some differences from them.

I want you to learn the “difference”.

If we can understand the “difference” from each other, we can solve the “misunderstanding”.

Eventually, I want a society that does not have such weapons and “guns.” A “gun” is not something that “protects you.”

You should know that it is something that “attacks your opponent.”

The gun only needs to be a virtual world “game”.

I feel that age restrictions are necessary for such “games” as well.

Playing a “gun game” at an early age causes “rubbing”.

It is certain that you can never be happy with a gun.

Even if you survive with a “gun”, it is because the people around you are “alert”.

I want the “gun society” to learn that each other becomes unhappy and exhausted.

And may a society without guns come.

コメントを残す