トヨタ自動車の後継者はダレ?Who is the successor to Toyota?

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2020/09/03。電撃的ニュースが、走った。

ホンダと米国GMの提携を発表しました。

自動車業界の再編が始まる。

その経営を考えたいと思う。

上手くいけば、世襲(セシュウ)で代々と続く。

世襲とは、血の繋がった者が、その仕事を引き継ぐことです。

これは、色んな議論がある。

世襲で、成り立つ者も居るし、そうで無い者も居る。

経済は、数字で成績が出る。

だから、世襲とは、とても難しい。

大体の会社は、血縁とは、関係無く、会社のトップを決める。

ユニクロの創業者の柳井正も、既に、もう世襲、つまり、後継者は、公平に、一般から登用すると言っています。

それが、日本では、一般的になっています。

だから、業績が良くないとその人物がその職にふさわしいか、検討される。

だから、のんびりしてられない。

その雇われたトップは、ひたすら経営に取り掛かる。

しかし、日本は、海外の会社より恵まれている。

株主は、そんなに短いスパンで業績を見ない。

配当金が、少々少なくても、その事業計画がうまく軌道に乗るまで、じっと待っています。

だから、会社の留保金も多い。

これは、こんなコロナウイルスで、ひどい経済であっても、雇用を簡単に解雇しない。

従業員も、そんな高額なお給料でもない。

でも、社会保障として、身分は、それなりに安定しています。

終身雇用って、若い時に、お安いお給料で、一生懸命に働けば、その後、安心してその会社に、その働きを認められて、それなりのお給料で、生きていける。

少し社会主義みたいなところが、ここ日本にはあります。

だから、とても、居心地が良い、「場合」が、多い。

話は、戻るけど、そんな会社でも、トップは、大変です。

世襲が、できない。

その中で、異色を放つ、会社がある。

それは、「トヨタ自動車」です。

この会社の創業者は、1933年豊田佐吉(サキチ)で、豊田自動織機を創業しています。

この会社は今も存在しています。

その名の通り、織り物を作る機械の会社です。

それを前身に、トヨタ自動車を創業したのが、豊田喜一郎でした。

だから、「トヨタ自動車」の創業者は、豊田喜一郎です。

そして、次は、豊田章男です。以下、アキオと呼びます。

アキオは、とても、苦労して、「トヨタ自動車」のトップになった。

一般人のように、段々と上に登っていった。

だから、トップになるのは、とても「難しい」ことでした。

だから、そんな簡単に「世襲」になったのではない。

じゃあ、ここで「悩む」。

一般の会社は、世襲なんて、タブーなのです。

でも、アキオは、円高で、クルマが売れない時、会社は、どん底でした。そんな、会社を立ち直した実績がある。

だから、側から見れば、「世襲」かもしれませんが、そうではない。

じゃあ、こうやって、会社も安定すれば、世間一般でタブーとされている「世襲」でも、良いのではないか、と考える。

今、多分、アキオは、「迷って」いる。

世界的な会社です。安定は、している。

だけど、世界の流れは早い。

トヨタ自動車の時価総額を超えた会社がある。

米国のテスラと呼ばれる、新しい会社です。

この会社は、自動運転に力を入れているらしい。

だから、日本の自動車会社とは、切り口が違う。

自動車は、テクノロジーの塊(カタマリ)で、もう、「輸送機械」ではない。

あのソニーが電気自動車を開発しています。

だから、「自動車」っていう「分野」は、無くなっています。

この大波に「世襲」で、乗り切ることができるのか、とても気になっています。

今後の「トヨタ自動車」は、どうなるのか。

それは、誰も分からない。

ただ、分かっているのは、時間は、答えを出す、ということです。

会社は、数字で成績が出るから、とてもシビアなのです。

この記事は、Wikipedia を参考に作られました。

2020/09/03. A blitz of news ran.

Announced a partnership between Honda and US GM.

The reorganization of the automobile industry begins.

I want to think about its management.

If successful, it will continue for generations due to hereditary heritage.

Hereditary means that a person with a blood connection takes over the task.

There are various discussions about this.

Due to heredity, some people are valid, some are not.

As for the economy, the numbers are good.

So inheritance is very difficult.

Most companies decide the top of the company, regardless of blood relations.

Tadashi Yanai, the founder of UNIQLO, has already said that he has already succeeded, that is, his successor will be promoted fairly from the public.

That is becoming common in Japan.

Therefore, if the performance is not good, it is considered whether the person is suitable for the job.

So I can’t relax. The hired top just goes on to run the business.

But Japan is better off abroad.

Shareholders do not see results in such a short span.

Even if the dividend is a little low, we will wait until the business plan is well on track.

Therefore, there are many retained earnings of the company.

This is such a coronavirus that does not easily dismiss employment, even in a terrible economy.

Employees aren’t that expensive.

However, as social security, the status is fairly stable.

Lifelong employment allows you to work hard at a low salary when you are young, and after that, the company is allowed to work with peace of mind and you can live with a reasonable salary.

There is a little socialism here in Japan.

Therefore, there are many “cases” that are very comfortable.

The story goes back, but even at such a company, the top is tough.

You can’t inherit.

Among them, there is a company that is unique.

It is “Toyota Motor”.

The founder of this company was Sakichi Toyota in 1933 and started the Toyota Industries Corporation.

This company still exists.

As the name implies, it is a company that manufactures weaving machines.

With that as its predecessor, Toyota Motor was founded by Kiichiro Toyota.

Therefore, Toyota Motor’s founder is Kiichiro Toyota.

Next is Akio Toyoda.

Hereinafter referred to as Akio.

Akio became the top of the “Toyota Motor” with great effort.

He climbed up like a normal person.

So getting to the top was very difficult.

So, it wasn’t that easy to be a hereditary one.

Then, “worry” here.

In general companies, inheritance is taboo.

However, Akio was at a bottom when the yen was so strong that cars couldn’t sell.

There is a track record of rebuilding the company.

So, from the side, it may be “hereditary”, but it’s not.

Then, if the company stabilizes in this way, I think that the “hereditary” that is taboo in the general public may be good.

Maybe Akio is “lost” now.

It is a global company.

It is stable. However, the flow of the world is fast.

There are companies that exceed Toyota’s market capitalization.

A new company called Tesla in the United States.

This company seems to be focusing on autonomous driving.

Therefore, it is different from Japanese automobile companies.

The car is a tech bloc, no longer a “transportation machine.”

That Sony is developing an electric car.

Therefore, the “field” of “automobile” is gone.

I’m wondering if I can survive this big wave by “hereditary”.

What will happen to “Toyota Motor” in the future?

No one knows that.

But all I know is that time gives the answer.

The company is very strict because it gives numerical results.

This article was created with reference to Wikipedia.

コメントを残す