消費行動も変えたインターネットの世界。The world of the Internet that has changed consumer behavior.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今回は、これからの商品販売について、書きたいと思う。

インターネットでは、実物の商品が手にとって見れない。

だから、その商品について、誠実に対応しないと販売は、成立しない。

Amazonの販売方法は、サブリクションが上手に絡めてある。

一定の年額料金を納めると送料が、無料になる。

だから、これで、資本に「ゆとり」ができるのです。

巨大な倉庫に商品を揃え、これを、まとめて配送する。

通常、2,000円以下なら、送料は、掛かる。

けれども、このAmazonプライムに加入していれば、送料は要らない。

他のネット通販は、送料が掛かることが多い。

だから、Amazonの顧客は、「とりあえず」Amazonプライム会員に加入する。

これが、大きくなる。

このコロナウイルスで、友人もネット購入を始めた。

今後、まだ、大きくなる、余地は大いにある。

日本の企業は、このネット通販の波に乗れなかった、のです。

これは、ネットの顧客を「軽く」見ていたのです。

ネットで、買い物をする顧客は、「信用の無い人物」だと、レッテルを貼ったりした。

デパートが、今、窮地に立たされているが、これは、ネットの顧客を「嫌がって、信用しなかった」からです。

私は、まだ、そんなにAmazonに商品が、揃っていない頃、Amazonで、商品を購入した。

その商品は、日本の家電販売会社が、委託を受けて販売していました。

その商品は、私の間違いで、発注したものでした。

まだ、商品の開封もしていない。

ですが、ダンボールを開けて、商品を見たのでした。

そうして、商品を返品したいと、その委託販売していた家電販売会社に連絡しました。

そうすると、もう、ダンボールを開けたので、返品は、できない、と言われたのです。

商品は、開封もしていない。

それで、私は、Amazonに電話をしました。

すると、Amazonは、返品は、受付します。

できない場合、Amazonが、保証します、と言ったのです。

そうすると、相手の販売会社は、Amazonで、買った私だけ、特別にして、返品受付した、ようでした。

だから、Amazonを通じて買ったのは、非常に良い選択だった、と思った。

つまり、日本のインターネット販売は、顧客を大切にしなかった、のです。

デパートでは、インターネット会社のクレジットカードが、使えなかった。

今では、使えるけれども、銀行系列のクレジットカードはありませんか?、と言い、顧客を「選別」していました。

顧客を大切にしないで販売をする「お店」は、衰退するようになります。

要は、自ら顧客を「選別」したのだから、これは、販売の間口が、小さくなる。

「インターネット」という、空間を軽く見ていた、というしかない。

今、家電量販店に商品を探して、相談すると、従業員は、何をするかというと、Amazonのホームページを開いて、その商品の詳細を調べる、のです。

商品の情報をどんどん積み重ねて、これをデータにしています。

だから、一般のどの「お店」も、これに打ち勝つには、もう値段しか無い。

Amazonは、開封した商品も返品に応じる、のです。

これは、サブリクションという、会員の会費が集まるから、可能であるし、このビジネスモデルにもはや、勝てる会社は、なかなか、無いと思う。

インターネット販売で、私は、ちょっと気になる会社がある。

モノタロウ(3064)です。

このネット通販会社は、日本の兵庫県尼崎市に本社を持つ会社です。

この会社の取り扱う商品が、非常にクオリティが高い、のです。

さすが、企業向けを中心に扱っているので、プロ向けの商品が、多数ある。

だから、通常、手に入れにくい商品が購入できます。

これは、送料を払っても、購入する価値があると思う。

その上、FAXでも、注文できるので、インターネットが、できない人でも、カタログが送られて来たりするので、心強い。

私は、クリーナーを購入しましたが、品質が良く、通常手に入らない商品なので、気に入っています。

このように、商品を販売するのは、「サービス業」です。

如何に、顧客の「心」をつかむことが、できるのかにかかっています。

日本の多くの「お店」は、その「サービス」を提供できなかったり、顧客を「選別」したのだから、これは、顧客の「心」が離れてしまったのです。

「インターネット」の顧客を「軽く」見た、のです。

それに、今のデパートには、欲しいものが、無い。

私が、評価するなら、食品部門は、良いと思う。

けれども、それ以外は、商品に魅力が無い。

フリマアプリ「メルカリ 」では、洋服も販売されています。

こと、デパートで、販売されている、商品は、売れない。

だから、時代の潮流に乗っていない洋服が、それも、高額で売られている。

これは、色んな商品に言える。

だから、みんなデパートには、行かない。

人は、物の「本当の値段」と「商品の価値」をインターネットで、知ってしまった。

だから、「メルカリ」の画面を見て、そのデパートで売られている商品の価格を見て、買わない、のです。

だから、中古のもので、コストパフォーマンスが良ければ、買う。

これからは、ボーダレスで、価格の競争がもっと、起こる。

これを知らない、デパートの経営者は、時代錯誤なのです。

インターネットは、人々の消費行動も変える、そんな「世界」なのです。

This time, I would like to write about future product sales.

You can’t see real products on the Internet.

Therefore, if the product is not dealt with in good faith, the sale will not be established.

Amazon’s method of sale has a good relation with subtraction.

If you pay a fixed annual fee, the shipping fee will be free.

So, with this, you can make the capital “comfortable”.

We stock products in a huge warehouse and deliver them together.

Usually, if it is 2,000 yen or less, shipping fee will be charged.

However, if you subscribe to this Amazon Prime, you don’t have to pay for shipping.

Other online shopping often costs shipping.

That’s why Amazon customers subscribe to Amazon Prime members “for the time being.”

This gets bigger.

With this coronavirus, my friends started to buy online.

There is still plenty of room for growth in the future.

Japanese companies couldn’t catch the wave of online shopping.

This was a “light” look at customers on the net.

Customers who shop online often label themselves as “untrustworthy people.”

Department stores are now in a predicament because they “disliked and did not trust” their online customers.

When I didn’t have so many products on Amazon, I purchased products on Amazon.

The product was sold by a Japanese home appliance sales company under a consignment.

The item was ordered by my mistake.

I have not opened the product yet.

However, I opened the cardboard and looked at the product.

Then, I wanted to return the product, and I contacted the home appliance sales company, which was the consignment seller.

I was told that I couldn’t return the card because I opened the cardboard box.

The product is not opened.

So I called Amazon.

Then, Amazon will accept the returned goods.

If it can’t, Amazon said it will guarantee it.

Then, it seems that the other sales company accepted only Amazon, who bought it, for a special return.

So I thought buying through Amazon was a very good choice.

In other words, Japanese internet sales did not value the customer.

I couldn’t use an internet company credit card at a department store.

Do you have a bank-based credit card that you can use now? , And was “selecting” customers.

The “shop” that sells without valuing the customer will decline.

The point is that the sales frontage becomes smaller because the customers are “selected” by themselves.

There is no other choice but to look lightly at the space called “Internet”.

Now, when I look for a product at a consumer electronics mass retailer and consult with him, what he does is open the Amazon home page and look up the details of the product.

We are stacking up product information one after another and using this as data.

So, any ordinary “store” can only afford to beat this.

Amazon also accepts returns for opened items.

This is possible because the membership fee of membership, which is called sub-reduction, is possible, and I think there are few companies that can win this business model any longer.

There are some companies that are a little worrisome about Internet sales.

It is Monotaro (3064).

This online shopping company is headquartered in Amagasaki City, Hyogo Prefecture, Japan.

The products handled by this company are of extremely high quality.

As expected, there are many products for professionals, because we mainly deal with products for companies.

Therefore, you can usually purchase items that are difficult to obtain.

I think this is worth buying, even if you pay the shipping costs.

In addition, you can order by fax, so even people who can not use the Internet will receive catalogs, so it is encouraging.

I purchased a cleaner, but I like it because it is a good quality product that is usually not available.

In this way, it is the “service industry” that sells products.

It depends on how we can win the “heart” of our customers.

This is because the “heart” of the customers is separated because many “shops” in Japan cannot provide the “service” or “select” the customers.

They looked at the “Internet” customers “lightly”.

Besides, I don’t have what I want in the current department store.

If I evaluate, I think the food sector is good.

However, other than that, the product is not attractive.

Clothes are also sold at the flea market app “Melkari”.

That is, the products that are sold at department stores cannot be sold.

Therefore, clothes that are not in the tide of the times are also sold at high prices.

This can be said for various products.

Therefore, no one goes to the department store.

People have learned the “real price” and “value of goods” of goods on the Internet.

That’s why you don’t buy it by looking at the “Mercali” screen and seeing the prices of the products sold at that department store.

So, if it’s a used one and the cost performance is good, buy it.

From now on, there will be more price competition in borderless.

The owner of a department store who doesn’t know this is anachronistic.

The Internet is such a “world” that also changes people’s consumption behavior.

コメントを残す