敏腕の三井住友銀行。Sumitomo Mitsui Banking Co., Ltd.

2020/09/04。三井住友銀行が、利回りがマイナスの社債を発行するというニュースが、発表された。

つまり、お金を持っている人は、お金が、減り、お金を借りた人は、お金がもらえるのです。

その額、ユーロ建てで担保付き社債で、10億ユーロ(約1,260億円)です。

コロナウイルスで、世界的金融緩和になったものだから、とりわけ、金利の下落の激しいユーロ圏をターゲットにしている。

とても、したたかな戦略だと思う。

三井住友銀行は、過去の沿革を見ても、通常の運営とは、違う歴史を持っている。

だから、こんな社債が、直ぐに発行できた、のだと思う。

2003年、三井住友銀行、わかしお銀行と、合併している。

三井住友銀行は、8,000億円億円の負債を持っていた、とされる。

資産は、約2兆円持っていたのです。

ですが、これは、簿価にすると、非常に都合が悪く、時価評価にする為に、三井住友銀行は、わかしお銀行に吸収合併されました。

これは、「小が大を呑む」と言われる合併でした。

もちろん、社名は、三井住友銀行でしたが、わかしお銀行に吸収される合併でした。

このことによって、国有化を防いだのでした。

この話は、とても有名です。

そして、2009年には、日興コーディアル証券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)を吸収合併して、証券部門も扱うようになりました。

日本は、1980年代のバブル期、そしてバブル崩壊、リーマンショック、そしてデフレ、等を通して、金融機関は、とても大変な経営をしています。

その中でも、私は、この「三井住友銀行」の経営は、とても興味深いものが、あります。

日本は、世界に先がけて、デフレを経験し、マイナス金利を知っています。

だから、世界的投資家が、日本の政策に興味を持ち、今、日本に投資しているのだと、感じます。

この記事は、日経新聞,Wikipedia を参考に作成されました。

2020/09/04. News that Sumitomo Mitsui Banking Corporation will issue corporate bonds with negative yields was announced.

In other words, people who have money will lose money, and people who borrow money will receive money.

The amount is a euro-denominated secured bond amounting to 1 billion euro (about 126 billion yen).

The coronavirus, which has become a global monetary easing policy, targets the euro area, where interest rates are falling sharply.

I think it’s a very fresh strategy.

Looking at the past history, Sumitomo Mitsui Banking Corporation has a different history from normal operation.

Therefore, I think that such a bond could be issued immediately.

In 2003, it merged with Sumitomo Mitsui Banking Corporation and Wakashio Bank.

It is said that Sumitomo Mitsui Banking Corporation had a debt of 800 billion yen.

I had about 2 trillion yen in assets.

However, this is very inconvenient when it comes to book value, and Sumitomo Mitsui Banking Corporation was merged with Wakashio Bank in order to mark it to market value.

This was a merger called “small swallows big”.

Of course, the company name was Sumitomo Mitsui Banking Corporation, but the merger was absorbed by Wakashio Bank.

This prevented nationalization.

This story is very famous.

In 2009, Nikko Cordial Securities Co., Ltd. (currently SMBC Nikko Securities Co., Ltd.) was merged into a new securities business.

In Japan, financial institutions have run very difficult through the bubble period of the 1980s, bubble burst, Lehman shock, and deflation.

Among them, I find that the management of “Sumitomo Mitsui Banking Corporation” is very interesting.

Japan experiences deflation and knows negative interest rates ahead of the rest of the world.

So I feel that global investors are interested in Japanese policy and are now investing in Japan.

This article was created with reference to Nikkei Shimbun and Wikipedia.

コメントを残す