トヨタ自動車、豊田章男の火遊び。Toyota Motors, Akio Toyoda playing with fire.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2020/09/06。日本の富士スピードウェイで、「ピレリスーパー耐久シリーズ2020第1戦NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」通称、富士24時間決勝レースが、行われた。これには、色んなクラスがある。

その中で、異色を放ったドライバーが、いました。

自ら、MORIZO,モリゾウと名乗る、トヨタ自動車の代表、豊田章男が、いました。以下、アキオと呼びます。

アキオの率いるチームは、優勝しました。

アキオは、64歳です。(2020年)。

こんな驚きのドライバーこと、アキオの乗ったチームが、優勝しました。これは、驚愕です。

普通、64歳ともなれば、こんなことしない。

だから、言うけど、「トシガイも無い」こと。

つまり、フツーの人は、しないことを平気でしました。

そして、アキオは、優勝したのです。

これは、本当に凄いし、是非、私は、ギネスブックに登録して欲しい、ほどの快挙です。

チームメイトにも、恵まれたのも、あるけど、それだけでは、無い日本のトヨタ自動車の凄さを感じる。

アキオ自ら、乗ったこのクルマには、とても愛着もあったのだと思うし、結果も良かったので、最高だと思う。

自ら、お坊ちゃん、という、アキオは、いい副業を持っている。

会社にも、堂々としてられる。

こんな、オイシイ副業をしている人なんて、たぶん、いない。

レース会場に行けば、レースクィーンも居るだろうし、目の保養にもなる。

そんな、ウラヤマシイ、オイシイ、仕事を副業で、している人聞いたことないから。

アキオは、やっぱり、私の好きなタイプです。

きっと、周りは、ドキドキして、無事にレースをこなして、仕事をして欲しい、と思っているに違いない。

だから、「トシガイにも無い」つまり、フツーでは無いのです。

だから、前にも書いたけど、「お友達」と、恋しているし、色んなことを、楽しむ姿は、実にスガスガしいものがある。

こんな、健全な、「あそび」を知っているアキオは、やっぱり、尊敬するし、私の好きなタイプです。

元気が、一番。と、言っても、アキオは、良い「あそび」をするから。

アキオは、オンナ好きだけど、「あそび」に身を焦がさないように、してください。

カラダをマシーンでクラッシュして、燃やさないようにして、ください。

2020/09/06. At the Fuji Speedway in Japan, the “Pirelli Super Taikyu Series 2020 Round 1 NAPAC Fuji SUPER TEC 24 Hours Race”, commonly known as the Fuji 24 Hours Final Race, was held.

There are various classes in this.

Among them, there was a driver who gave off a different color.

There was Akio Toyoda, a representative of Toyota Motor Corporation, who named himself MORIZO.

Hereinafter referred to as Akio.

The team led by Akio won. Akio is 64 years old. (2020).

Such a surprising driver, the team with Akio, won the championship.

This is amazing.

Normally, at the age of 64, this is not done.

That’s why I say, “I don’t even have a toshigai.”

So the average person was okay not to do it.

And Akio won.

This is really amazing, and it’s a feat that I would like you to register in the Guinness Book of Records.

There are some teammates that I was fortunate to have, but that alone feels the awesomeness of a Japanese Toyota.

I think it was the best because Akio himself was very attached to this car and the result was good.

Akio, who himself is a priest, has a good side job.

You can be proud of your company.

Probably nobody has such a good side job.

If you go to the race venue, there will be a race queen and it will be a recreation for your eyes.

I’ve never heard of a person who is such a jealous, delicious, side job. After all, Akio is my favorite type.

I’m sure that the people around me should be thrilled, happy with the race, and want to work.

That’s why it’s not normal, that’s why it’s not even in the Toshigai.

That’s why, as I wrote before, there is a really refreshing appearance in which I am in love with my “friends” and enjoying various things.

After all, Akio who knows such a healthy “play” is respected and is my favorite type.

I’m fine Even so, Akio does a good “play”.

Akio likes woman, but please do not burn herself to “play”.

Crash your body on the machine and try not to burn it.

コメントを残す