アベノミクスは、滅私奉公だった。Abenomics was Messi Houkou.

2020/09/07。安倍晋三の政策を振り返ったニュースのコメントに「レガシーだった。」との、コメントが、あった。

レガシー(legacy)とは、直訳では、「遺産」です。

これは、日本では、マイナスという、イメージがあるが、外国のセンスでは、違う。

だから、あえて、字幕に、「政治的功績」とでています。

このように、微妙なニュアンスが、伝えるのは、非常に難しい。

だから、昔の翻訳家は、微妙なニュアンスを伝えるのに、非常に大変で、これは、私は、本で、読んだことがある。

だから、ニュアンスは、その国によって微妙に違うから、このAIの発達した現代であっても、アイコンタクトによって、相手の「気持ちを汲み取る」のは、とても大切で、このコロナウイルスで、相手に会え無くても、電話ではなく、インターネットで、テレビ会議をする。

「レガシー」の安倍晋三は、「発言力」があり、「アベノミクス」を行い、「発信力」があった、と海外のマスコミは、論評している。

歴史に、「アベノミクス」は、大きく刻まれる。

国家は、やはり、大きな岐路にあった時に、そのリーダーが、どう決断するか、でその後が変わる。

イレギュラーもあった。

こんなコロナウイルスが無ければ、と思う。

でも、そんなこと考えるのは、無駄だから、何も考え無い方が良い。

それは、色んな人々の人生においても言えることで、物事は、判断して、選択する。

そんな繰り返しで、今ある自分がある。

過去から学ぶのは、良い勉強になるが、決して「後悔」するのは、良くない。

「後悔」しても、もう決断したのだから、前に進んで、次なる判断を下すことに、専念することが、後の「後悔」を生まない。

「アベノミクス」の功績は、おおむね好評だったようなコメントでした。

ただ、消費税の導入が、タイミングが良く無かった、と。

良くやったと思う。

私は、ひそかに、シンゾウの身体の方が、心配です。

「滅私奉公、メッシホウコウ」ということばがあります。

滅私、メッシとは、個人の利害を考え無いことです。

奉公、ホウコウとは、国家社会に力を尽くすこと、です。

「滅私奉公、メッシホウコウ」このことばが、心に響いています。

この記事は、日経テレビニュース、フィナンシャルタイムズ、東京支局長、ロビンハーディング氏のインタビューを参考に作られました。

2020/09/07. There was a comment in the news that looked back on Shinzo Abe’s policy, saying, “It was a legacy.”

Legacy is literally “heritage”.

This is a negative image in Japan, but it is different in foreign senses.

Therefore, I dare to say “political achievement” in the subtitle.

Thus, subtle nuances are very difficult to convey.

So old translators are very hard to convey subtle nuances, which I have read in a book.

Therefore, since the nuances are subtly different in each country, it is very important to “feel the feelings” of the other person through eye contact even in this modern AI-developed world.

Shinzo Abe, a “legacy”, had “voicing power,” “Abenomics,” and “transmitting power,” the overseas media commented.

“Abenomics” is greatly engraved in history.

Even if you don’t have it, make a video conference over the Internet, not over the phone.

After all, when the nation is at a big crossroads, how the leader makes decisions changes after that. There was also irregularity.

I wish I had no such coronavirus.

However, it is useless to think about such things, so it is better not to think about anything. That is true of the lives of many people, and things are judged and selected.

With that kind of repetition, I am now. Learning from the past is a good study, but never “regreting” is bad. Even if I regret, I have already decided, so devoting myself to moving forward and making the next decision does not cause later regret.

“Abenomics” was a comment that was generally well received.

However, the introduction of the consumption tax was not timely.

I think I did it well. I’m secretly worried about Shinzo’s body.

There is a word that means “Messihoukou”.

Messi is not thinking about personal interests.

Apprenticeship, hokou, is to devote ourselves to national society.

This message resonates in my heart.

This article was created based on an interview with Nikkei Television News, Financial Times, Tokyo Bureau Chief, and Mr Robin Harding.

コメントを残す