環境に優しい日本食にしよう。Let’s make Japanese food environmentally friendly.

SDGsという言葉があります。

これは、Sustainable Development Goals の略で、「持続可能な開発目標」という意味です。

とても曖昧で、分かりにくいです。

これは、経済発展と、環境が両輪として発展することを目指しています。

環境、社会、企業、など、色んな方面から、発展していこうという取り組みです。

日本は、資源が無いので、とてもこういう取り組みは、相性が良いです。

日本人の主食は、「お米」です。それをお茶碗に入れて、食べます。

その時に、「ご飯一粒でも、お百姓さん、オヒャクショウサン(農業従事者)は、1年かかって作ったものだから、一粒残さず、食べなさい。」と、良く言われた。

今では、「くじら」なんて、一般の日本人は、食べない。

ですが、日本は、海洋資源を管理する部門がある。

だから、海洋の食物連鎖の頂点のくじらを調査捕鯨をします。

これは、とても、評判が悪い。

色んな国が、お魚を食べるようになりました。

だから、獲るだけでは、いけない。

さんまという、魚があります。

これは、日本では、漢字で、秋の魚「秋刀魚」と書きます。

日本では、とてもお安いお魚でした。

この頃は、日本食がブームで、この大衆魚さえ、とても値段が高くなった。

近くの国が、日本の近海に来るまでに、いっぱい獲ってしまうから、あまり、さんまが獲れなくなって、値段が高くなってしまいました。

このようになると、ますます、食物連鎖の頂点(くじら)は、食べ物が無くなります。

日本では、地曳網(ジビキアミ)の漁法も、網目を大きくして、あまり、小さな魚は、獲らないようにしています。

ですが、色んな国が、日本の海にやって来て、小さな魚まで、獲ってしまいます。

昔、日本が、くじらを食べていた頃は、くじらを食べるだけではなく、その他の部位も、脂を使って、クレヨンにしたり、ロウソクを作ったり、色んな工業用品にして、ムダにはしていませんでした。

今では、とても高等動物で、これらを獲ることは、世界的にタブーです。

くじらが、苦しまないように、魚を獲るだけでは、無く、魚を育てて、海に還すことをしないと、海は、空っぽになってしまいます。

海は、とても汚れています。

クラゲを食べるウミガメが、死んでいて、そのお腹には、ビニール袋がいっぱいだった、というお話もあります。

人間は、見えなければ、問題にあまり、触れません。

でも、これは、問題の先送り、です。

日本は、魚も、「あら炊き」と言って、刺身等で残った部位を炊いて、それも食べます。

決して、豊かな食材ではありませんでした。

それが、今では、日本食ブームで、とても高価な食材になっています。

皆さまが、しあわせになれますよう、もっと環境を大切にして、食べものを大切にしましょう。

日本の仏教では、殺生(セッショウ)と言って、生き物を殺して食べることを、禁じています。

だから、僧侶は、大地のお肉、「大豆」を好んで食べます。

大豆を、牛乳の代わりに、豆乳にしたり、お豆腐、湯葉、納豆など、食べます。

大豆を加工して、調味料としては、醤油にしたりします。

大豆は、とても栄養価に優れていて、とても良い食材です。

日本食が、好きでしたら、豆乳から、簡単に、豆腐や湯葉ができますから、勉強してみてください。

環境に優しい、日本食にしたいものですね。

There is the word SDGs.

This stands for Sustainable Development Goals and means “Sustainable Development Goals”.

Very vague and difficult to understand.

It aims at economic development and development of the environment as two wheels.

It is an effort to develop from various fields such as the environment, society, and companies.

Japan has no resources, so these efforts are very compatible.

The staple food of the Japanese is rice.

Put it in a bowl and eat.

At that time, it was often said, “Even one grain of rice, the farmer, Ohyakshousan (agricultural worker), took one year to cook, so eat one without leaving one grain.”

Nowadays, Japanese people don’t eat “whale”.

However, Japan has a department that manages marine resources.

That’s why I research and whal the whales at the top of the ocean food chain.

This is very unpopular.

Various countries have come to eat fish.

So you can’t just catch it.

There is a fish called pacific saury.

In Japan, this is the kanji and is written as “autumn sword fish” in autumn.

It was a very cheap fish in Japan.

Around this time, Japanese food was booming, and even this popular fish was very expensive.

By the time the neighboring countries came to Japan’s waters, they would get a lot of catch, so they couldn’t catch saury too much, and the price became high.

At this point, food is becoming more and more absent at the top of the food chain.

In Japan, the fishing method of Jikikiami also has a large mesh to prevent catching too small fish.

However, various countries come to the sea of Japan and catch even small fish.

When Japan used to eat whales in the olden days, not only whales were eaten, but other parts were also made of fat to make crayons, make candles, and make various industrial products. did not.

Nowadays, it is a very high animal, and catching these is taboo globally.

The whale doesn’t just catch the fish so that it doesn’t suffer, but if the fish aren’t raised and returned to the sea, the sea will become empty.

The sea is very dirty.

There is also a story that a sea turtle eating a jellyfish was dead and its stomach was full of plastic bags.

Human beings do not touch problems much if they cannot see them.

But this is postponing the problem.

In Japan, fish is also called “Ara-Daki”, and the remaining part of the fish is cooked and eaten. It was by no means a rich ingredient.

Now, with the boom of Japanese food, it has become a very expensive ingredient.

Let’s cherish the environment and foods so that everyone can be happy.

Japanese Buddhism prohibits killing and eating creatures, which is called killing (sessiou). That is why monks prefer to eat “soybeans,” the ground meat.

Instead of milk, soybeans are made into soy milk, or tofu, yuba, natto, etc. are eaten.

Soybeans are processed into soy sauce as a seasoning.

Soybeans are very nutritious and a very good ingredient.

If you like Japanese food, you can easily make tofu and yuba from soy milk, so please study.

I want to make it an environment-friendly Japanese food.

Japanese food made in English. Book

nigari 

How to make tofu.

How to make yuba.

コメントを残す