サムライだった安倍晋三。Shinzo Abe was a samurai.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2020/08/28。この日、日本歴代最長の内閣総理大臣が、辞任しました。

その総理は、安倍晋三氏です。

このニュースは、世界を駆け巡りました。

以下、シンゾウと呼びます。

日本では、色んな試験や選挙などの結果を合格なら、「桜咲く(サクラサク)」、不合格なら、「桜散る(サクラチル)」と言われます。

桜は、日本の文化であり、伝統です。

最も、きれいな時は、「咲き」そして、桜は、咲いている期間の短い花で、そのはかなさから、その悲しみを「散る」と言います。

シンゾウは、持病の潰瘍性大腸炎で、一度、総理大臣を辞職しています。

それを乗り越えて、又、総理大臣になった時は、日本では、「返り咲き(カエリザキ)」と言います。

つまり、「桜がもう一度咲くこと」を言います。

そうやって、持病を持ちながらの在職でした。

だから、世論では、色んなことが有っても、シンゾウの心に誠実さを感じ、長く政権が、あったのです。

今回、シンゾウは、記者会見を開き、色んなことを話しました。

私は、「ああ、武士だった。」と思いました。

潔く、身を引いた、から。

今回の記者会見には、こんな言葉が、ありました。

「断腸の思いです。(ダンチョウノオモイデス)」これは、日本人なら、分かるけど、外国人は、分からないと思う。

ダンチョウとは、はらわた(ハラワタ)が、ちぎれるほど、たくさんの悲しみや苦しみ、のことです。

ハラワタとは、大腸や小腸のことです。

これらは、お腹に有ります。

日本の武士(サムライ)は、自分のミスなどあると、割腹(カップク)と言って、日本刀で、腹を切って死んでいました。

その姿が、潔く、素晴らしい、とされました。

だから、言い訳なんかせずに、自ら、死んでいきます。

その姿は、桜の散る、姿に私は、重なります。

つまり、シンゾウは、自分の限界を知り、自ら、地位を退きました。

外国から、すれば、道半ばで、政権を放り投げたように感じるかも、知れませんが、日本人は、この言葉、「断腸の思いです。」(ダンチョウノオモイデス)で、「ああ、サムライだった。」と思うのです。

2020/08/28. On this day, the longest-standing Prime Minister of Japan has resigned.

The Prime Minister is Shinzo Abe.

This news traveled around the world. Hereafter called Shinzo.

In Japan, if you pass the results of various tests and elections, you are said to be “Sakura Saku”, and if you do not pass, you are said to be “Sakura Chiru”.

Cherry blossoms are a Japanese culture and tradition. The most beautiful time is “blooming”, and cherry blossoms are flowers that have a short blooming period, and because of their fragility, they say that their sadness is “scattered.”

Shinzo has retired from the post of prime minister for chronic ulcerative colitis.

When I overcome it and become Prime Minister again, in Japan, it is called “Kaerizaki”.

In other words, it means that the cherry blossoms will bloom again.

That’s how I was working while having a chronic illness.

Therefore, in public opinion, even though there were many things, Shinzo felt honesty in his heart, and there was a long administration.

This time, Shinzo held a press conference and talked about various things.

I thought, “Oh, I was a samurai.”

Because I was clean and withdrawn.

This press conference had these words.

“It’s a thought of the intestine. (Dancho no Omoides)”

This can be understood by Japanese, but I don’t think foreigners can understand it.

An ostrich is so much sadness and suffering that the haraawata can be torn off.

Halawata is the large intestine or small intestine.

These are in my stomach.

A samurai in Japan said that he had a mistake when he made a mistake, and he died by cutting his belly with a Japanese sword.

His appearance was clean and wonderful.

So, without any excuse, I will die myself.

The figure is that the cherry blossoms are scattered, and I overlap. In other words, Shinzo knows his limits and retires himself.

From abroad, if you do, you might feel like you’ve thrown in power in the middle of the road, but the Japanese said, “I’m thinking of breaking the bowel.” (Dancho no Omoides) It was a samurai.”

コメントを残す