ユニクロ、柳井正の経営に感じること。What UNIQLO and Tadashi Yanai’s management feels.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今回は、ユニクロの創業者、柳井正氏を書いてみたい、と思います。

以下、タダシ、と書いていきます。

タダシは、とても優秀な学校の出身です。早稲田大学の政治経済学部経済学科です。私の感じるタダシは、非常に頑固な性格だというのが、印象にあります。

父、柳井等からユニクロの前身である小郡商事を受け継いだのが、1984年です。1980年代は、バブル期でもあり、非常に高価な衣料が売れた時代背景や、商品の品質にも未だ未熟であり、非常に苦労したようです。

直接、私は、インタビューは、出来ないけれど、その片鱗(ヘンリン)が、経営ににじみ出ています。

タダシは、頑固です。

だから、事業を拡大するのに、資金が必要だった。

けれど、良い融資が、なかなか受けられないようでした。

だから、某有名なクレジット会社のカードは、もちろん、商品券も使えないのです。

この記事を書いている2020年でも。

もう、世界的長者番付に入る日本の実業家です。

だから、どんな銀行でも、融資も受けれると思うのに、未だ、使えない、クレジット会社が存在する。

これは、タダシの経営者として、一本筋の入ったものを感じる。

昔、困った時に、助けてくれた事を大事にしているのだ。

だから、タダシは、未だ、使えないクレジット会社が存在するのだと。

ユニクロは、ブラック企業とか、言われるほど、経営は、厳しいと言われています。

ですが、良い仕事をすれば、きっと応えてくれる会社で、これは、日本の終身雇用という、「甘いもの」をグローバル視線で、ばっさりと、無くしている、と感じる。

タダシは、受けた「恩、(オン)」つまり、「恵、メグミ」慈しみ(イツクシミ)、仏教で言う、四恩(シオン)を立てる。という、ことです。

少し、仏教のお話になりますが、一の恩(オン)、産んでくれた父母への恩。

二の恩、衆生(シュジョウ)の恩、つまり、社会を生きるために様々な方から受ける恩。

三の恩、国土の恩、自分の暮らす国への恩。

四の恩、(仏、法、僧)つまり、仏様とその教えと、それを教える僧への恩。

この四つの恩をまとめて、「知恩報恩、チオンホウオン」と言います。

これは、「自分が受けている恩を知り、その恩に報いる(ムクイル)」つまり、感謝の心が、込められています。

そんな日本の仏教にも似た、経営をしているように、私は、感じています。

この記事は、Wikipedia を参考に作られました。

This time, I would like to write Mr. Tadashi Yanai, the founder of UNIQLO.

Below, I will write. Tadashi comes from a very good school.

Waseda University Faculty of Political Science and Economics Department of Economics. My impression is that Tadashi I feel is very stubborn.

It was in 1984 that he inherited UNIQLO’s predecessor, Ogori Shoji, from his father, Yanai and others. The 1980s was also a bubble era, and it seems that it was a great struggle because the background of the time when very expensive clothes were sold and the quality of the products are still immature.

Directly, I can not interview, but the scale (Henlin) is bleeding into management.

Tadashi is stubborn.

So we needed money to expand our business. However, it seemed difficult to get a good loan.

That’s why you can’t use a gift card of a famous credit company, of course.

Even in 2020 writing this article.

I am a Japanese businessman who has already entered the world’s top ranking.

So, even though I think that any bank can receive a loan, there are still credit companies that cannot use it.

As a Tadashi owner, I feel that this is a straightforward thing.

In the past, when I was in trouble, I value the things that helped me.

Therefore, Tadashi said that there are still credit companies that cannot be used.

Uniqlo is said to be a black company, and management is said to be severe.

However, if you do a good job, it will surely respond, and I feel that this is completely eliminating the “sweet thing” of Japan’s lifelong employment from a global perspective.

Tadashi makes the “gratitude (on)” that he received, that is, “grace, megumi” compassion (ittsukushimi), the Buddhist four grace (Sion). about it.

It’s a bit of a Buddhist story, but it’s one of the benefits (on) to the parents who gave birth.

Second, the benefit of sentient beings, that is, the benefits of various people to live in society.

Three graces, national graces, graces for the country where I live.

Four benefits, (Buddha, law, monk) In other words, Buddha, its teachings, and the monks who teach it.

These four benefits are collectively called “Chionhoon.” This is “knowing and rewarding your gratitude (mukuiru),” that is, a grateful heart.

I feel that I run a business similar to that of Japanese Buddhism.

This article was created with reference to Wikipedia.

コメントを残す