本来、宗教は「幸せ」になるためにあるもの。Originally, religion exists to be “happy”.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

宗教とは、人の心を救う為の教え、です。

日本に一般的に広まっている、仏教の教えには、「和」があります。

これは、みんなと繋がって幸せになる、教え、です。

イスラエルには、エルサレムという都市が有って、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地があります。

このイスラエルとアラブ首長国連邦が、国交を正常化したとのニュースがありました。

それを後押ししたのが、米国のトランプ大統領です。

ですが、色んな反発があるようです。

本来、幸せになるための教えがどうして、このようになるのか、哀しい。

多分、「神」は、色んな「教え」を色んな形で、残して、「人間」を試しているんだと思う。

宗教を巡る戦争もあった。

その歴史は、非常に残酷で、多分、みんな「神」に試され、「地獄」に落ちている。

この地方は、オイルも有るから、複雑な歴史がある。

だから、コロナウイルスが、「人間」の「欲」を取り去る為に、経済を疲弊させて、「オイルマネー」を止めたように映る。

「欲」は、限りない。

「聖地」を巡って、争いが起こる。

「救われる」教えが、「地獄」に落ちるのです。

争いをして、命を落とした人間が、救われるはずが、無いのです。

もう、亡くなった日本画家の平山郁夫氏がいます。

彼は、奈良の薬師寺に壁画を残しています。

多分、奪ったり、されないように「壁画」にしたのだと思う。

シルクロードの「大唐西域壁画」(ダイトウサイイキヘキガ)と名付けられています。

普段、この「壁画」は、公開されていない。

これを完成披露された時に、私は、観に行きました。

シルクロードが、描かれています。

その壁画の印象は、強烈でした。

私は、空の「蒼」(アオ)が、何とも言えない程、印象に残っています。

まっ青の青空が、夜空に紛れて、とても綺麗なのです。

そこには、平山郁夫氏の「平和」への「祈り」が、込められています。

もう、今はターリバンによって、破壊された「バーミヤン像」が、描かれています。

その壁画を描いた時に、既になかった。

その「バーミヤン像」が、描かれています。

だから、一歩づつで、良いから「平和」になって欲しい。

宗教もそうだけど、人間だって、人種があります。

だから、お互い、違いを認めて「平和」になって、「幸せ」になって欲しい。

その一歩が、始まったのだと、思う。

イランというお国は、反発している。

そのイランは、日本のドラマ、「おしん」が大好き、だと知った。

とても、苦労しているのだと思う。

これ以上、苦労することは、無い。

同じ「人間」だから。

誰にだって、「幸せ」になる権利はある。

一度、日本からの「平和」の祈り、平山郁夫氏の壁画をみんなで、観ていただきたいと心から願います。

Yakushiji Temple

Religion is a teaching to save people’s hearts.

Buddhist teachings that are widespread in Japan include “wa.”

This is a teaching that connects you and makes you happy.

In Israel, there is a city called Jerusalem, and there are sacred sites of Judaism, Islam and Christianity.

There was news that Israel and the United Arab Emirates normalized diplomatic relations.

It was backed by President Trump of the United States.

However, there seems to be various repulsions.

Originally, I am sad about why the teaching to be happy is like this.

Probably, “God” leaves various “teachings” in various forms and tries “humans”.

There was also a war over religion.

Its history is so cruel, maybe everyone is tested by “God” and falls into “hell”.

The region has a complex history as it also has oil.

Therefore, it seems that the coronavirus has exhausted the economy and stopped the “oil money” in order to get rid of the “human” “greed”.

There is no limit to “greed”.

There is a dispute over the “sacred place”.

The teaching of “saved” falls into “hell”.

There is no way that humans who have lost their lives by fighting should be saved.

There is already a dead Japanese painter, Ikuo Hirayama.

He left a mural at Yakushiji Temple in Nara.

I think I made it a “mural” so that it would not be robbed or taken.

It is named the “Datang Western Region Mural” on the Silk Road (Daitosai Ikihega).

Normally, this “mural painting” is not open to the public.

I went to see this when it was shown off.

The Silk Road is drawn.

The impression of the mural was intense.

I am so impressed with the blue “blue” of the sky.

The pure blue sky is very beautiful as it is mingled with the night sky.

There is a prayer of Ikuo Hirayama for “peace”.

The “Bamiyan statue” destroyed by the Taliban is now drawn.

When I painted the mural, it wasn’t there already.

The “Bamiyan statue” is drawn.

Therefore, I want you to be “peaceful” because you are good at each step.

Like religion, human beings also have race.

Therefore, I want each of us to recognize the difference and become “peaceful” and “happy”.

I think that step has begun.

The country of Iran is repulsive.

I learned that Iran loves Japanese drama “Oshin”.

I think you are having a hard time.

There is nothing more difficult to do.

Because it is the same “human”.

Everyone has the right to be “happy.”

I sincerely hope that everyone can once see the “Peace” prayer from Japan and Ikuo Hirayama’s mural.

コメントを残す