環境に負けない。巨額の負債を抱えた銀行の努力。Not defeated by the environment. Efforts of banks with huge debt.

今、色んな業界で、変革が起こっています。

これは、コロナウイルスによるものですが、近未来化が加速度的に進んでいると思います。

私は、日本は、色んな意味で、世界の最先端を行っていると思っています。

日本の「バブル崩壊」「ITバブル崩壊」と立て続けに起きた金融危機は、米国発の「リーマンショック」の対処に日本の政策を参考にされました。

今の世界的マイナス金利は、すでに日本では、蔓延している。

日本は、ある意味で、金融の最先端だと思う。

金融危機で、2003年5月にりそな銀行が、国からの膨大な資金援助を受けました。

つまり、実質、銀行の国有化、です。

その金額、総額3兆1,280億円。膨大な金額です。

その公的資金をりそな銀行は、2015年6月に完済しています。

つまり、この膨大な金額をたったの12年間で、返済しました。

これは、とてもすごいことです。

普通、銀行は、9:00〜15:00の営業時間です。

これを9:00〜17:00としました。

その上、徹底的にに無人化が、行われました。

四国には、有人店舗も無いし、政令指定都市では、新潟市、静岡市、岡山市、にも無い。

そのATMも、そんなにお金を掛けていません。

普通、ATMは、銀行通帳がいっぱいになれば、新規の銀行通帳が、自動で出てきますが、その機能のあるATMは、少ない。

そして、横に、新規銀行通帳発行の専用機が置いてあります。

だから、普通の都市銀行に通い慣れている人は、少し戸惑う。

最先端の高額のATMは、置いていない。

だから、そこで、コスト削減できます。

りそな銀行の住宅ローンも驚きの連続です。

金利もそうお高くない。

店舗がある銀行で、低金利、なのです。

それだけではなく、繰り上げ返済のシステムが、すごい、のです。

繰り上げ返済の手数料が、無料なのです。

普通、繰り上げ返済をすると、多いところでは、20万〜数万円、取られる。

これは、とても、大きなコストなのです。

この、りそな銀行の繰り上げ返済は、とても近未来的システムです。先ず、銀行に繰り上げ返済をしようとすると、小さなpcとスキャナーと椅子のある、ボックスのような小さな部屋に案内されます。

そこで、本社は、色んな支店とつながっています。

だから、インターネットのテレビ電話につながるまで、待たないといけない。

やっと、つながると、インターネットテレビ電話の、本社の銀行員とお話をしながら、色んな書類に署名して、印鑑を押す。

これを、横に置いてある、スキャナーで、自分で本社に送るのです。

だから、全部、自分ですることになる。

住宅ローンを効果的に繰り上げ返済ができます。

金利より、この繰り上げ返済の手数料の方が、私は、住宅ローンを組む上で、大事だと思う。

銀行は、金利で、利益を出しているのだから、繰り上げ返済は、あまり好きでは、ない業務です。

これを、無料にしたのは、すごいと思う。

こうやって、りそな銀行は、この膨大な金額を完済した。

自動化は、人件費を削り、経営を強くします。

だから、これから、こんなことが、次々、起こるので、それに負けない、オンリーワンの強みを持つような人になれるよう、頑張ってほしい、と思います。

大きな負債を抱えた銀行も、こうやって、再生しました。

だから、置かれた環境をどう対処するかで、人生も変わります。

より良い人生になるように、全力を尽くしてください。

今回は、大きな負債を抱えた銀行の再生のお話から、人生の取り組み方を書いてみました。

より良い人生になりますように。

この記事は、Wikipedia,りそな銀行のホームページを参考に作られました。

Today, change is happening in many industries.

This is due to the coronavirus, but I think the near future is accelerating.

I think Japan is, in many ways, at the forefront of the world.

Japan’s policy of dealing with the “Lehman shock” originating in the United States was used as a reference for Japan’s “bubble burst” and “IT bubble burst” financial crisis.

The current global negative interest rates are already widespread in Japan.

In a sense, Japan is at the forefront of finance.

Due to the financial crisis, in May 2003, Resona Bank received a large amount of national financial support.

In other words, it is the nationalization of the bank.

The total amount is 3,128 billion yen.

That’s a huge amount.

The public fund, Resona Bank, was paid off in June 2015.

In other words, I paid back this huge amount of money in just 12 years.

This is amazing.

Banks are usually open from 9:00 to 15:00. This is 9:00-17:00.

Besides, drone was thoroughly done.

There are no manned stores in Shikoku, and there are no government-designated cities in Niigata City, Shizuoka City, and Okayama City.

That ATM doesn’t spend that much money either.

Normally, when an ATM is full, a new bankbook automatically appears, but few ATMs have that function.

And next to it, there is a special machine for issuing new bank passbooks.

Therefore, people who are accustomed to using ordinary city banks are a little confused.

The state-of-the-art expensive ATMs are not placed.

So there you can cut costs.

Resona Bank’s mortgage loan is also a surprise.

Interest rates are not so high.

A bank with a store has a low interest rate.

Not only that, the prepayment system is amazing.

The prepayment fee is free.

Usually, if you make early repayments, you can get 200,000 to tens of thousands of yen in many places.

This is a huge cost.

This prepayment by Resona Bank is a very near-future system.

First of all, if you try to make a prepayment to the bank, you will be taken to a small box-like room with a small pc, scanner and chair.

Therefore, the head office is connected to various branches.

So I have to wait until I get a videophone call on the Internet.

Finally, when I was connected, I talked to a bank employee at the headquarters on the Internet videophone, signed various documents and stamped my seal.

You can send this to the head office by yourself with the scanner placed next to it.

Therefore, you have to do it yourself.

You can effectively advance your mortgage and repay it.

I think this prepayment fee is more important than the interest rate for mortgages.

Since banks make profits at interest rates, prepayment is a business that I don’t like very much.

I think it’s amazing that I made it free.

In this way, Resona Bank paid off this enormous amount.

Automation reduces labor costs and strengthens management.

So, from now on, things like this will happen one after another, so I want you to do your best to become a person who has the strength of uniqueness.

Banks with large debts also regenerated in this way.

Therefore, how you deal with the environment in which you live will change your life.

Do your best to have a better life.

This time, I wrote about life’s approach from the story of the revitalization of a bank with a large debt.

I hope you have a better life.

This article was created with reference to Wikipedia, the homepage of Resona Bank.

 

コメントを残す