戦争は、人間の残酷さを検証できる。War can verify human cruelty.

第二次世界大戦は、日本に多くの犠牲者を出しました。

日本は、世界で唯一の被曝国です。1945年の8月6日に広島に原爆が、投下され、その上に、長崎も同年、8月9日に原爆が投下されました。

灼熱の中、多くの犠牲者が出てから今年、2020年は、75年目になります。

毎年、黙とうが、捧げられ、ここ日本では、犠牲者を心から、悼み、世界平和を祈ります。

日本では、8月15日が、終戦記念日とされる。

これは、昭和天皇のお言葉により終戦を告げられました。

そのラジオ放送のあった日です。

しかし、世界は、国によって終戦日が、違います。

一番遅いのは、ロシアの9月3日です。

このタイムラグについて、書いていこうと思います。

私は、ひっそりとした映画館で、「樺太1945年夏 氷雪の門」を観ました。

ずいぶんと前のことです。この映画は、放送禁止になっています。

だから、多くの人は、知らない。

樺太とは、今のサハリン島のことで、8月15日、昭和天皇が、終戦を告げました。

ラジオ放送を聞いた樺太の住民が、武器も捨て、何も持たない住民が、次々とその当時のソ連軍(現ロシア)によって殺害されていくのです。

その日付8月20日。

それを電話交換手が、取り次いでいく。話です。

武力も、日本は、持たないから、そのまま、殺害される。

それは、残酷なもので、女性は、死ぬ前、死体であっても、残酷なことをされるのである。

だから、真岡町の上陸を開始したことを知った真岡郵便電信局の電話交換手の女性達は、青酸カリで、自ら死を選んだ、という話です。

だから、日本は、8月15日が終戦記念日だけど、その国によって違う。

つまり、武力を捨てた後も、攻撃され、多くの人命と領土を失った事実があります。

けれど、敗戦国は、それを語ることさえ、できない。

ソ連軍は、北海道さえ、狙っていた、と語る人がいる。

人間は、それが正当であると指導者が言えば、バイアスがかかると何でもする。

究極に残酷になれる。

だから、日本の国民は、このことを、もう一度、振り返って、考えることが、必要です。

日本では、決して教えられない、歴史こそ、真実があります。

いくら、世界平和を願っても、人間は、残酷な存在で、自己中心的です。

核廃絶だって、いくら願っても、それをやめる国は無く、逆に増えている。

戦後、75年経ってこのような有り様だから、これは、実現しない。

お互いに脅すことは、最も重要なことだと思う。

武力が無ければ、「樺太」のようになる。

人間は、いつか、自滅するか、自然界から、追い出される、ことになると思う。

地球温暖化によって、北極の氷山が、無くなれば、航路が増えたと喜ぶ程、自己中心的だから。

そうやって、人間は、繁栄してきた。

生物の食物連鎖の頂点を立つ、人間がこのような状態だから、下を支える生物は、次々と絶滅しています。

今、人間が、口にしているのは、「養殖されたもの」「栽培されたもの」で、自然界のものではない。

だから、人間は数が、多すぎる。

医療によって、寿命も伸びた。

このまま、平穏で、人間だけ生き残ることは、できない。

「始まりがあれば、終わりがある」これは、自然の摂理です。

あんなに栄えていた恐竜さえ、突然、居なくなった、地球史があります。

樺太1945年夏 氷雪の門の少女像は、北海道稚内市、稚内公園に9人の少女像があります。

そこには、彼女達の最後のことば、「みなさんこれが最後です。さようなら。さようなら。」と刻まれています。

この記事は、Wikipedia より引用されて、作られました。

稚内公園 Wakkanai Park

World War II caused many casualties in Japan.

Japan is the only exposed country in the world.

The atomic bomb was dropped on Hiroshima on August 6, 1945, and then Nagasaki was dropped on August 9, 1945.

This year, 2020, will be the 75th year since many people were killed in the heat.

Every year, silence is dedicated, and here in Japan, we pray for world peace and sincerely mourn the victims.

In Japan, August 15th is the anniversary of the end of the war.

This was announced in the words of Emperor Showa.

The day the radio was broadcast.

However, the world has different end-of-war days depending on the country.

The latest is September 3rd in Russia.

I will write about this time lag.

I watched “Kabata Summer 1945 Ice and Snow Gate” in a quiet movie theater.

That was a long time ago.

This movie is prohibited from broadcasting.

So many people don’t know.

Sakhalin is the current Sakhalin island, and on August 15, Emperor Showa announced the end of the war.

Residents of Karafuto who listened to the radio broadcast, thrown away their weapons, and have no possession, one after another is killed by the Soviet army (now Russia) at that time.

That date is August 20th.

The telephone operator will follow it.

It’s a story. Japan also has no armed force, so it is killed as it is.

It is cruel, and a woman, even a corpse, is cruel before she dies.

Therefore, the women of the telephone exchanges of the Moka Post and Telegraph Bureau who knew that they had landed in Moka-cho chose to die by potassium cyanide.

So in Japan, August 15th is the anniversary of the end of the war, but it depends on the country.

In other words, there is a fact that even after abandoning armed forces, they were attacked and lost many lives and territory.

But a defeated country cannot even tell it.

Some say that the Soviet army was aiming even in Hokkaido.

Humans do anything biased if their leaders say it is justified.

Ultimately you can be cruel.

Therefore, it is necessary for the Japanese people to look back and think about this again.

In Japan, history is the truth that can never be taught.

No matter how much we wish for world peace, human beings are cruel and self-centered.

No matter how much we wish for the abolition of nuclear weapons, there is no country that can stop it and the number is increasing.

75 years after the end of World War II, this is not possible because it looks like this.

I think threatening each other is the most important thing.

If you don’t have the force, it’s like “Karafuta.”

I think that someday humans will either self-destruct or be expelled from the natural world.

Because of the warming of the Arctic icebergs due to global warming, it is self-centered enough to rejoice that the number of routes has increased.

That’s how humans have prospered. Since human beings at the top of the food chain of living things are in such a state, the living things that support the bottom are extinct one after another.

Now, human beings are talking about “cultivated” and “cultivated”, not the natural ones.

Therefore, there are too many humans.

Life has been extended by medical treatment.

As it is, no one can survive in peace.

“If there is a beginning, then there is an end.”

This is nature’s providence.

Even the dinosaurs that thrived so much suddenly disappeared, there is a history of Earth.

Karafuta Summer 1945: There are nine girls in the Snow and Ice Gate in Wakkanai Park, Wakkanai City, Hokkaido.

The last words of them are inscribed on them, “Everyone, this is the last. Goodbye. Goodbye.”

This article was created by quoting it from Wikipedia.

コメントを残す