苦境。スパコン富岳4部門達成の道のり。Predicament. The road to achieving the four divisions of the supercomputer Fugaku.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

スパコンとは、スーパーコンピューターの略称です。

この「富岳」が、4部門を全て達成して、世界一のスパコンに認定されました。

この「富岳」は、とても複雑な経緯があります。

現在の野党が政権を持っていた時、国会の予算委員会で、「1位では無くて、2位ではいけないんですか?」と、関係者に迫りました。

「京」からのスパコンで、今回の「富岳」は、予算がありませんでした。

その他経費全部合わせて、1,100億円でした。

スパコンのみでしたら、もっと費用は、掛かっていません。

その理化学研究所は、こんな風潮になる事は、いけない、と心から感じて、そのスパコン開発の大切さ、を一般人の方向けに、講演会をしておられました。

私も興味があり、これを聴きにいきました。

今の「京」を更にグレードを上げないと、世界には、通用しない、と力説されていました。

そんな逆風の中、このスパコンは、4部門全部受賞。(省エネ20倍以上、CPU(3倍)、AIビックデータのアプリに対応したCPU、業界標準ソフトも動くそうです。スマホ、20万台分)これは、政府の指針に合わされて作っています。

Supercomputer is an abbreviation for supercomputer.

This “Fugaku” has achieved all four categories and has been certified as the best supercomputer in the world.

This “Fugaku” has a very complicated history.

When the current opposition party was in power, the budget committee of the National Assembly said, “Isn’t it possible to be in second place instead of first?”

It was a supercomputer from the “Kei”, and I had no budget for “Fugaku” this time.

All other expenses were 110 billion yen.

If it’s just a supercomputer, it’s less expensive.

The RIKEN gave a lecture to the general public about the importance of developing supercomputers, since he felt that such a trend should not occur.

I was also interested and went to listen to this.

It was argued that unless the current “Kei”computer was upgraded, it would not be accepted in the world.

In such a headwind, this supercomputer won all four categories.

(energy saving 20 times or more, CPU (3 times), CPU compatible with AI big data application, industry standard software seems to work smartphone, 200,000 units) This is It is made according to the government guidelines.

ソサエティ5.0 Society 5.0

https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/

日本の内閣府は、このように運用します。

その他に、民間企業の製品開発に、役立ちます。

前の「京」でも、色んな企業が、製品実験に使ったそうです。

量子コンピュータも、脚光をあびていますが、先ずは、スパコンが、重要だそうです。

ヨーロッパにも、CPUを販売しているようです。

このように、他の国より、予算が無くても、頑張って成果を出した、理化学研究所は、凄い、と思います。

逆風の中での、スタートでした。

今の政権与党は、応援しています。

このように、恵まれない環境でも、頑張って、成果を出す心構えには、頭が下がります。

講演会での、理化学研究所の方は、とても真剣に国民にスパコンの開発の大切さを力説しておられました。

とても、苦境の中から生まれた「富岳」でした。

このお話は、日本経済新聞社のテレビ番組によって、理化学研究所所長、松岡聡氏のインタビューを元に作りました。

The Cabinet Office of Japan operates in this way.

Besides, it is useful for product development of private companies.

Even in the previous “Kei”, various companies used it for product experiments.

Quantum computers are also in the limelight, but first, the supercomputer seems to be important.

It seems that CPUs are sold in Europe as well.

In this way, I think that RIKEN, which has worked hard and produced results even if there is no budget compared to other countries, is amazing.

It was a start in the headwind.

The current ruling party is supporting it.

In this way, even in a disadvantaged environment, I am less prepared to work hard and achieve results.

At the lecture, the RIKEN person very seriously emphasized to the people the importance of developing supercomputers.

It was “Fugaku” that was born from a difficult situation.

This story is based on an interview with Satoshi Matsuoka, director of RIKEN, on a TV program by Nihon keizai(Nikkei)Shimbun.

コメントを残す