意欲と努力。Motivation and effort.

今は、ずいぶんと変わりつつある教育現場ですが、教育の素晴らしさ、を書いていきたいと思います。

日本の高度成長時代における、教育は、あまり、塾やスクールなどは、発展していませんでした。

ですから、一から平等に教育することは、とても難しい、ものでした。

ですから、夏休み、長期の休みの時に、補助して、授業についていけない子供の教育がありました。ですから、先生は、自分の子供のように、接していました。

日本は、高度成長時代、工業製品が日本で、作られ、大気は、汚れていました。

ですが、これは、いつも、地域によって、監視されていました。「光化学スモッグ」と呼ばれて、汚れた大気が押し寄せた時には、黄色い旗が、上げられ、運動も中止、されました。

ですから、その時は、建物の中で、運動したりしています。こんな、日本ですが、やはり、大気が汚れていますので、とても子供の「喘息」が、問題になりました。校長先生が、自分も「喘息」でした。

ですから、その小学校で、呼吸器を強くするために「水泳」に力を入れていました。

泳げ無い子供は、毎日、グレードに分けて、特訓がありました。

それは、プールは、入れる人が、限られるので、泳げ無い子供は、プールサイドで、ひたすら、スイミングフォームを、整えていました。

時々、プールで、伏し浮き、する程度でした。

ですが、これを毎年、夏の屋外プールで、授業がありました。そういう教育をしていると、自然に小学校3年生(9歳)には、学校で、泳げ無い子供はいなく、なります。

個人差は、ありますが。夏だけのプール授業ですが、そういうことをコツコツしていくと、4年生になれば、個人レベルに合わせて、プールサイドが、決められて、授業の始まりから、終わりまで、ひたすら泳ぎます。

5年生になれば、プールに、真ん中に輪を作って、プールのターンで、休め無いようにして、授業中、ずっと泳ぎます。

それを、続けていると、6年生の12歳になると、海で、命綱を付けて、ひたすら泳ぎます。

卒業には、みんな1,500〜3,000メートル、泳げるようになりました。

この区域の学校は、今でも「水泳」が有名で、転校で、他の地域から来た子供は、授業についていけないので、スイミングスクールで、自習しないとついていけないそう、です。

このように、水泳、でも、誰でもできるようになります。

コツコツと、ひとつ、ひとつ、することは、大切です。

今回は、日本の授業、水泳、について書いてみました。

Nowadays, the educational field is changing a lot, but I would like to write about the wonderfulness of education.

In Japan’s high-growth era, education did not develop much at cram schools and schools.

So it was very difficult to educate from the ground up.

Therefore, during summer vacation and long vacation, there was an education for children who couldn’t keep up with the classes.

So the teacher was treating him like his own child.

In Japan, industrial products were made in Japan during the high growth era, and the atmosphere was dirty.

But this was always monitored by the region.

Called “photochemical smog,” a yellow flag was raised and exercise was stopped when a dirty atmosphere rushed in.

Therefore, at that time, I am exercising in the building.

This is Japan, but since the atmosphere is still dirty, “asthma” of children became a problem.

The principal also had “asthma” himself.

So, at that elementary school, I focused on “swimming” to strengthen my respiratory system.

Children who couldn’t swim had a special training every day, divided into grades.

Because the number of people who can enter the pool is limited, children who cannot swim had to prepare swimming forms at the poolside.

From time to time, I used to lie down and float in the pool.

However, I had a lesson every year at the outdoor pool in the summer.

With that kind of education, naturally there are no children in the third grade of elementary school (9 years old) who cannot swim at school. There are individual differences.

Although it is a pool class only in summer, if you stick to such things, if you are in the fourth grade, the poolside will be decided according to your individual level and you will swim from the beginning to the end of the class.

In the 5th grade, I make a ring in the middle of the pool, and at the turn of the pool, I take a rest so that I can swim all the time during class.

Continuing to do this, at the age of 12 in the 6th grade, attach a lifeline and swim in the sea.

Upon graduation, everyone was able to swim 1,500 to 3,000 meters.

Schools in this area are still famous for “swimming”, and because they are transferred, children from other areas can’t keep up with the lessons, so it seems they can’t keep up unless they study at the swimming school.

In this way, anyone will be able to swim.

It is important that you do it one by one.

This time, I wrote about Japanese classes, swimming.

コメントを残す