wifiルーターの設定で、通信速度を速くする。Increase the communication speed by setting the wifi router.

今回は、テクニカル的なことです。wifiルーターを、自分で設置している人も多いと、思います。このwifiルーターには、スイッチがあります。

こんな感じで、wifiルーターのスイッチがあります。これを、意外と知らない人は、多いです。

「CNV」モードというスイッチがあります。

これは、賃貸住宅などで、有線LAN工事のできない方のものです。

有線LANがないので、無線電波だけで、wifiを使える範囲を、広げたい、時のモードです。

「BR」モードは、部屋にいくつかの有線LANがあり、屋内に配線のルーターが、ある時のモードです。

家などを新築された場合、このパターンが、多いです。業者が、親ルーターを設置しますので、「RT」モードに間違えて、していると、速度が、充分に出ません。

親機は、大抵、屋根裏にありますので、チェックしましょう。

今後、5Gになりますと、容量が不足しますので、この設置されているルーターが、どのようなスペックなのか知る必要があります。買い替えも、必要になると思います。

wifi親機、wifi子機、共にスペックの変更が、必要になるでしょう。

マンションなどは、一度に、複数の部屋に配線しているので、この「BR」モードです。

これを間違ってしまうと、ルーターが、互いに干渉してしまい、速度が、出ません。

「R T」モードは、直接、ダイレクトに屋外から、ルーターなどを使わずに配線している時に、使います。

この場合、設置したwifiルーターが、親機になりますので、このルーターの容量を上げれば、すぐに対応できます。

このように、wifiルーターの設置は、色んな、環境によって、設定が違いますし、間違えると速度が、出ません。

実際に、この設定を知ってから、かなりのスピードが、出るようになりました。

契約を変える前に、wifiルーターの設定や屋内の配線を見直すことは、大きな通信料金の節約に、なりますので、是非、この機会に点検してみてください。

速度ac規格で、速いです。3階建て、4LDKに対応。余裕のスペックのwifiルーターです。It is fast with the speed ac standard. 3 floors, 4LDK compatible. It is a wifi router with specs.

https://amzn.to/35z4p4i

This time it’s technical. I think that many people have installed wifi routers themselves. This wifi router has a switch.

There is a switch for the wifi router like this. There are many people who do not know this unexpectedly.

There is a switch called “CNV” mode.

This is for rented houses, etc., where wired LAN construction is not possible.

Since there is no wired LAN, it is a mode when you want to expand the range of wifi that can be used only by radio waves.

“BR” mode is the mode when there are several wired LANs in the room and there are wired routers indoors.

This pattern is common when new houses are built.

The vendor installs the parent router, so if you make a mistake in the “RT” mode, the speed will not be sufficient.

The base unit is usually located in the attic, so check it out. In the future, with 5G, the capacity will be insufficient, so it is necessary to know what kind of specifications this installed router has.

I think you will need to replace it. It will be necessary to change the specifications of both the wifi master unit and the wifi slave unit.

This is the “BR” mode because you are wiring multiple rooms at once, such as in an apartment.

If you do this wrong, the routers will interfere with each other and you will not get speed.

“RT” mode is used when you are wiring directly and directly from the outside without using a router.

In this case, the installed wifi router will be the master device, so if you increase the capacity of this router, you can respond immediately.

In this way, the setting of the wifi router is different depending on the environment, and if you make a mistake, the speed will not come out.

In fact, since I knew this setting, a lot of speed came out.

Before changing the contract, reviewing the settings of the wifi router and indoor wiring will save a lot of communication charges, so please check this opportunity.

コメントを残す