緊急事態宣言。時間を味方につける。Emergency declaration. Give time to your side.

時は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言、が出されています。

だから、多分、テレビの報道に釘付けになっている人、は多いと思う。

普段、あまりテレビを観ない人も、テレビを観ている、ことでしょう。

真実は、知ることは、大事、ですが、物事は、多方面から、広い視野で、判断した方が、良いと感じます。

確かに、このコロナショックで、多くの人が困っています。

ですが、その一方で、この機会にと、多方面で、人々は、水面下でうごめいて、います。

私は、母の「眼瞼下垂」という、まぶたの垂れ下がる、病気で、付き添いで、病院に行っています。

病気なので、保険適応のある手術、だった。

その病院の標榜(ヒョウボウ)は、「美容外科」になる。

経過観察で、その病院に連れ添っていきました。

そこには、多くの「患者」が、いて、驚いた。

みんなが、おやすみ、しているから、思いっきり、手術のダウンタイム、が取れる。

だから、きっと、顔が、ひとつの職業になっている人は、お手入れ、をしている、と思う。

一般人だって、こんな、カンジ、だから。

京都に、外国人が未だ少しいる頃に、足を運んでみました。

そこには、庭師などが、たくさん居て、お手入れ、をしていました。

だから、きっと、もう、人が、入れない、観光地は、次を狙って、準備を整えている。

私は、不動産を通じて、建築関係の人と親しくさせてもらっています。

その人からも、とても、忙しい、と聞いた。

だから、今、ニュースで、報道されていることは、真実、ですが、そんな悲観することは、ない。

「夜明けの前」の、深夜、です。

事実、一足早く回復した、中国では、国内で、観光地に、人が、押し寄せて、大変、らしい。

だから、そんなに悲観する、ことは、ない、と思う。

だからこそ、しばらくは、「夜明け前」を味わう、必要が、ある。

ひとり、ひとりの「心がけ」で、早く、この谷底から、抜け出せる。

闇夜、にさせない、「夜明け前」にするために、踏ん張ることが、必要、です。

夜明け前 全4冊(岩波文庫)本 Before dawn, all 4 books (Iwanami Bunko) in Japanese

https://amzn.to/2wJP18h

At that time, an emergency declaration was issued by the new coronavirus.

Therefore, I think that there are probably many people who are stuck in TV coverage.

Even if you don’t usually watch TV, you’re probably watching TV.

The truth is that knowing is important, but I think it’s better to judge things from many angles and with a broad perspective.

Certainly, many people are troubled by this corona shock.

But on the other hand, on this occasion, in many ways, people are wobbling underwater.

I’m sick with eyelid drooping, my mother’s eyelid drooping, and I go to the hospital with an attendant.

Because I was ill, I had surgery for insurance.

The hospital’s leopard becomes “cosmetic surgery”.

I followed him to the hospital for follow-up.

There were many “patients” there and I was surprised.

Since everyone is having a good night, the downtime of surgery can be taken care of.

Therefore, I’m sure that people whose faces are in one profession are in good condition.

Even ordinary people don’t like this.

I visited Kyoto when there were a few foreigners still there.

There were a lot of gardeners and other people there, and they were taking care of them.

Therefore, I’m sure that tourist spots that people can’t enter are preparing for the next.

Through real estate, I get to know people related to architecture.

I heard from that person that he was very busy.

So, what is being reported in the news right now is the truth, but there is no such pessimism.

It’s midnight, in front of the dawn.

In fact, it seems that it has been a quick recovery in China, and it is very difficult for people to rush to tourist destinations in Japan.

So I don’t think I’ll be so pessimistic.

That is why, for a while, there is a need to taste “before dawn”.

You can quickly get out of this valley bottom with your “heart”.

It is necessary to step in to make it “before dawn”, not to let it be a dark night.

コメントを残す