日本の「衛生」教育、「マスク」を語る。I talk about “health” education and “masks” in Japan.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今回は、日本のマスク文化について、皆さまに知っていただきたいと思い、ふと文章を書き連ねてみたい、と思います。

日本は、より清潔にするために、マスクをします。

これは、学校の教育の一貫、です。

日本の小学校(6〜12歳)の時期に、学校で、給食、があります。

これは、毎日、学校の栄養士によって、栄養の偏り、の無いように、献立、が作られます。この食事は、教室毎に、配膳、されます。

その後、教室で、グループに分けられた、当番になったグループが、その食事をひとり、ひとり、に配膳します。

その時の服装に、大事な「衛生」観念が、芽生え、ます。手を食事の時に洗うのは、もちろん、です。その服装は、先ず、頭は、髪の毛が、入らないように、大きなナフキンを三角に折りたたみ、頭に着けます。

給食のエプロンも日本の割烹着のように、そで口が、ゴムになっており、袖から、ゴミが、食事に入らないようになっています。(関連)

そして、ガーゼのマスクをして、お喋りをしても、食事に、唾、など入らないように、します。

この服装は、すべて、白いもので、「衛生」に気をつける、必要があります。

ですから、このように、マスクは、人に対しても、自分に対しても、常に「衛生」である、ことを、幼少期に身を持って、知り、「衛生」であること、の「道徳心」を身につけます。

ですから、マスクは、自分にとっても、相手にとっても、思いやり、である、「衛生」道具、です。

このように、心の根底に、「衛生」であること、の気遣い、を身につけます。

そして、手を合わせて、その給食当番のグループは、「おあがりなさい、オアガリナサイ」と言います。

そして、その教室は、全員で「いただきます、イタダキマス」と、手を合わせ、声を出します。

これは、食べものを大切にする、心、で、手を合わせる、ことは、仏教の「お祈り」の心、を示しています。

このようにして、食べもの、の「大切さ」を知ります。

そして、このシステムの良いところは、教室毎の、配膳なので、少し、多目に食事、があります。

ですから、たくさんお腹の空いた、子供は、おかわり、と言って、バイキングのように、お腹いっぱいに、食べることが、できます。

そして、みんな、食べ終わると、「ごちそうさまでした、ゴチソウサマデシタ」と手を合わせ、食べものに、感謝します。

そして、給食当番のグループは、後片付け、をします。

このようにして、「衛生」を教わった、子供は、常に、「衛生」である、ことを、当たり前のように思い、行動します。

ですから、日本は、公衆トイレにも、「消毒液」が有り、洋式トイレは、必ず、消毒します。

私の友人は、それでも、もの足りない、ようで、腰を掛けない、人もいます。

ですから、日本の教育は、食べもの、という、人間の原点においても、教育をしています。

今回は、日本の「衛生」教育の「マスク」の原点、を書いてみました。

This time, I would like everyone to know about the Japanese mask culture, and I would like to write a series of sentences.

Japan wears masks to make it cleaner.

This is a part of school education.

There is a school lunch at elementary school (6-12 years old) in Japan.

It is created daily by school nutritionists to ensure that there is no malnutrition.

This meal is served and served in each classroom.

Then, in the classroom, the on-duty group, divided into groups, serves the meals one by one. At that time, the important concept of “hygiene” is sprouting up.

It is, of course, to wash your hands at meals.

First of all, wear a big napkin folded into a triangle so that your hair does not get into your head.

The apron of the school lunch is also made of rubber like a Japanese kappogi, so that garbage can not enter the meal from the sleeve. (Relation)

Then, wear a gauze mask and talk, so that you don’t get into your diet, saliva, etc.

This attire is all white and needs to be “hygienic”.

So, in this way, the mask is known to be “hygienic” with childhood as it is always “hygienic” for people and for yourself. Morals.

” So a mask is a “hygiene” tool that is caring, both for you and for your opponent.

In this way, you can learn to be “hygienic” at the heart of your heart. And with their hands in hand, the school on duty group says, “Done, Oagarinasai.” And, in the classroom, everyone joins hands and says “I’ll have you, Itadakimasu”. This is the heart of cherishing food, putting hands together, and showing the heart of Buddhist “prayer.”

In this way, we know the “importance” of food. And the good thing about this system is that it is a catering service for each classroom, so there is a little extra meal.

So, a child who is hungry a lot can eat as much as a buffet by saying, “Refill.” And when everyone finishes eating, they join hands with “Feast, Gochisou-samadesita” and thank them for their food.

Then, the school on duty group cleans up.

In this way, a child who has been taught about hygiene always thinks and acts of “hygiene” as a matter of course.

Therefore, in Japan, public toilets also have “disinfectants”, and Western toilets must be disinfected.

Some of my friends are still lacking, seeming, and do not sit down.

That’s why Japanese education teaches at the origin of humans, that is, food.

This time, I wrote the starting point of “Mask” in “Health” education in Japan.

コメントを残す