会社の存在の意義を知る。Know the significance of the existence of a company.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

会社経営の難しさと存在意義を書いていきたいと思います。何故なら、組織に「歴史」を作ることは、非常に大変なことです。

それは、過去を振り返ると、分かります。

時代は、流れが有ります。その変わりゆく「時代」に合った事業に「変化」しながら、生き残る、ことは非常に、困難です。

その中で、如何に「適応していく」ことが、求められています。

どの会社でも、同じです。100年歴史を持つ「会社」は、素晴らしいと思います。それぐらい、時代は、加速度的に「革新」されています。

その早い、ニーズを如何に察知して、事業を変化していくのか、とても難しいことです。日本には、「富士フィルム」という会社があります。

アメリカにも「コダック」というフィルムの会社がありました。同じ事業の「会社」ですが、「コダック」という会社は、今はもうありません。インスタント写真を開発した、とても優秀な「会社」でした。

「富士フィルム」は、フィルムから、医療機器や、医薬品、化粧品メーカーでもあります。このようにして、今も「会社」として、残っています。

また、「パイオニア」という会社は、あえて得意とした音楽関係の技術を他社に売って、これからの時代にと大きく舵をとり「カーナビゲーション」などの自動車関連に専業しましたが、失敗しました。

このように、時代の先を読むのは非常に難しいことです。その上に、新規事業を展開するのは、リスクと背中合わせです。

「会社は、公器(コウキ、みんなの受け皿だという意味)だ。」と、もう、お亡くなりになった、日本の会社経営の神様と言われた、Panasonic 創業者の松下幸之助のことばがあります。

「会社」が、破綻すれば、多くの従業員が、困ります。

どうぞ、経営者の方、たくさんの課題があり、大変だと思いますが、より良い「社会」になりますよう、頑張ってください。

「会社は、公器(コウキ)」心に響く、ことばです。

今回は、会社の存在意義について書いてみました。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと What you need to know as a leader(Book, Japanese)

https://amzn.to/3agThKs

I would like to write about the difficulty of managing a company and its significance. Because it is very hard to make “history” in an organization.

You can see that by looking back on the past. The times have a flow.

It is very difficult to survive while “changing” to a business that fits the changing “era”. In such a situation, how to “adapt” is required.

Every company is the same. A company with a 100-year history is wonderful.

In that era, the times are being “innovated” at an accelerating pace.

It is very difficult how to perceive the needs quickly and change the business.

In Japan, there is a company called Fuji Film.

There was a film company in the United States called Kodak.

Although it is a “company” of the same business, there is no longer a company called “Kodak”.

It was a very good company that developed instant photos.

“Fuji Film” is a manufacturer from film to medical equipment, pharmaceuticals and cosmetics.

In this way, it still remains as a “company”.

A company called Pioneer dared to sell its music-related technology to other companies, and took a large turn in the coming era to specialize in car-related services such as car navigation, but failed.

Thus, it is very difficult to read ahead of the times.

On top of that, it is risk and back to develop new business.

“The company is a public organ (Kouki, meaning everyone’s saucer),” says Konosuke Matsushita, the founder of Panasonic, who has died and is said to be the god of business management in Japan.

If the “company” goes bankrupt, many employees are in trouble.

Please, managers, there are a lot of issues and I think it is tough, but please do your best to become a better “society”.

“The company is a public organ (Koki)”.

This time, I wrote about the purpose of the company.

コメントを残す