孫正義は、なぜカリスマなのか?Why is Masayoshi Son charismatic?

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今回は、孫正義氏(以下、ソンさんと書きます)のことを書いてみたいと思います。

ツイッターでも、フォロワーが多く、童顔なので見かけの髪型(ハゲている)でとても得をしているソンさんです。

Apple社の故ジョブズ氏とのお話は、有名で、iPhoneの提案をしたとのことは、素晴らしいと思っております。

そのソンさんは、よく「少年」のようなことをします。

多分、今どきの若者に「憧れられる存在感」だと思います。

幾つのも事業を運営されているのに、「投資家」と言いきるソンさんの存在は、だだ、驚くばかりです。

私は、あまり、ソンさんの実態は存じませんが、それでもいろんな事が、伝わってきます。

以下に日本で起きた、有名な「ジェイコム株大量誤発注事件」の概要を書きます。日本で実際に起こった事件です。

2005年(平成17年)12月8日午前9時27分56秒、この日東証マザーズ市場に新規上場された総合人材サービス会社ジェイコム(当時。証券コード:2462)の株式(発行済み株式数14,500株)において、みずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力した。

Wikipedia

この事件で、ほんの一瞬で、数十億円というお金を手にした投資家がいました。彼は、天才的な頭脳で、直ぐにこれを売り、今も現役で投資家をしています。

その彼にソンさんが、投資をしてくれないか?と相談したそうです。ですが、丁寧にお断りしたそうです。

それに「仮想通貨取引」で何億円も負けた、とか。

とにかく、「投資家」と言いきるソンさんに「ソフトバンクグループ」のアメリカ投資の損失をテレビでも、経済評論家は、何も言えない様子でした。

テレビは、「損切り…が…」といつも、ここで、終わるニュースで、解説にもならない、経済評論家がいました。

そこに、もの言う株主の登場です。

アメリカ、エリオットマネジメントが、2,700億円以上(2020/02/07現在)の株を買い占めた、との報道です。

これからは、ちょっと、今までとおりには、いかないでしょう。

「ソフトバンクグループ」の「経営者」としての、ソンさんのお姿、が、私は好きです。

ですので、アメリカ式の洗練を受けて、良い事業が、できますよう、「経営者」のお姿に戻って、今以上に、良い業績を残してください。

今回は、日本のカリスマ経営者、孫正義氏の、なぜ、若者に好かれるのか、書いてみました。

This time, I would like to write about Masayoshi Son (hereafter, Mr. Son).

Even on Twitter, Son has a lot of followers and a baby face, so he is very profitable with an apparent hairstyle (bald).

The story with Apple’s late Jobs is famous, and I think it’s wonderful that he proposed the iPhone.

Son often does something like a “boy”. Probably, I think that it is the “admired presence” of modern youth.

Even though there are a number of businesses in operation, the existence of Mr. Son, who can be called an “investor,” is amazing.

I don’t really know Mr. Son’s actual situation, but many things are still transmitted.

The following is a summary of the famous “JAM stock mass misorder case” that occurred in Japan. This is an actual incident in Japan.

At 9:27:56 on December 8, 2005 (Heisei 17), shares of J-COM, a comprehensive human resources service company newly listed on the Tokyo Stock Exchange Mothers Market at that time (Securities code: 2462) (14,500 shares issued) A male employee at Mizuho Securities mistakenly entered an order that should be “sold 610,000 shares” into a computer as “sold 610,000 shares”.

Wikipedia

In this case, there was an investor in a matter of a few billion dollars in a fraction of a second.

He is a genius mind, sells it quickly and is still an active investor.

Would you like to invest in him? I heard that he consulted.

However, he refused carefully. And they lost hundreds of millions of yen in “virtual currency trading.” Anyway, economic critics couldn’t say anything on TV about the loss of SoftBank Group’s investment in the US to Son, who could be called an “investor.”

There was always an economic commentator on the TV saying, “Loss …”, the news that ends here, and is not commentary.

That’s where the shareholder who speaks appears.

In the United States, Elliott Management has reportedly bought over 270 billion yen (as of February 7, 2020).

From now on, it won’t be the same as before.

I like Mr. Son’s appearance as the “manager” of the “SoftBank Group”.

So, with the refinement of the American style, please return to the “manager” and do better business than ever, so that a good business can be done.

This time, I wrote about the charismatic manager of Japan, Masayoshi Son, why he is liked by young people.

コメントを残す