日本の着物の希少価値。Rare value of Japanese kimono.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

現在、生産されている衣類は、大量に廃棄をされています。

経済は、「需要」と「供給」から、「価格」が決まります。

競争激化により、このようなことが起こっています。

これは、とても、環境問題とされています。

世の中の流れというのは、非常に速くて、このようなことになるとは、誰も想像していなかった、と思います。

なぜなら、今から50年前には、衣類を「たくさん持っている人」は、「豊かな人」の象徴でした。

ですから、日本が、第二次世界大戦に、「食べ物」を「衣類」と交換していました。

このように、「衣類」は、とても「価値」があり、「絶対量」が少なかったからです。

布地を作る原料や技術も発達しておらず、その上に「縫製技術」も今のように「既製品」は、粗悪な商品が多く、「ハンドメイド」が好まれたので、とても「衣類」は、品質の高いものが大変に好まれました。

「洋服」は、デザインが、毎年変わるので、「価値」が、落ちることも多いと思います。

しかしながら、変わらぬ「価値」を保つために「ブランド」を保っているメーカーもあります。

ヨーロッパのメーカーは、「老舗」が多く、とても「ハイブランド」が、多いです。

このような商品は、昔から高く評価されています。

私が、注目しているのは、日本の「古い着物」です。

皇室では、「絹、シルク」を作る「蚕、カイコ」を「飼育」する行事があります。

このように、日本では、「絹、シルク」の「着物」が、一般的で、その織物は、「金糸、キンシ」「銀糸、ギンシ」、「色糸、イロイト」を組み合わせて織り上げられています。

京都の錦織、ニシキオリは、京都の桂川、カツラガワを、繊維の染料で、いつも黒く染まって流れていました。

これが、この数十年ほどで、なくなってしまいました。

もう、日本の純国産の「着物地」は、ほとんどゼロだと思います。

今、「古い着物」は、とても「価値」がある、と個人的に思っております。「ちりめん織、チリメンオリ」は、ご存知でしょうか。

シルクのちりめん織は、手作りの反物、タンモノ(着物の生地のこと)は、1日に6cmしか、できません。

ですから、このような着物は、もうないので、とても高価で、貸衣装の方が、高く買い付けされるそうです。

私は、古い、「着物」や「帯、オビ」が大好きです。

今、販売されている「着物」は、海外製造です。

とても残念です。又、日本製の反物やオビで、日本でハンドメイドされた、「着物、キモノ」が生産される、事を願っています。

技術の持った人がおられる内に、技術の伝承が行われることを願っています。

今回は、日本の「着物、キモノ」について書いてみました。

Currently, the garments being produced are being disposed of in large quantities. In the economy, “price” is determined from “demand” and “supply”.

Clothes are made from fabrics, but with the supply of fabrics and improvements in sewing techniques, the “supply volume” has increased significantly, and “mass disposal” has been performed to maintain the “price” of clothes.

This is happening due to intensifying competition.

This is a very environmental issue.

I think that the flow of the world was so fast that no one had imagined it would happen like this. Because, 50 years ago, “a person with a lot of clothing” was a symbol of a “rich person”.

So, during World War II, Japan exchanged “food” for “clothing”.

Thus, “clothing” was very “value” and “absolute amount” was small.

The raw materials and techniques for fabrics have not been developed, and the “sewing techniques” are also very poor.

Was very much liked the high quality. Since the design of “clothing” changes every year, I think that “value” often drops.

However, some manufacturers keep their “brand” to keep their “value” unchanged.

Many European manufacturers have “long-established stores” and very “high brands”.

Such products have long been appreciated.

What I am paying attention to is “old kimono” in Japan. In the Imperial Family, there is an event to “breed” silkworms and silkworms that make silk.

In this way, in Japan, “kimono” of “silk” is common, and the fabric is woven using a combination of “gold thread, kinshi”, “silver thread, ginshi”, and “color thread, iloit” .

Nishikori in Kyoto flowed from Katsuragawa in Kyoto, dyed with fiber and dyed black.

This has been gone in the last few decades.

I think there are almost no Japanese kimonos in Japan.

Now, I personally believe that “old kimonos” are very “worthy”. Did you know “crepe weave, chirimenori”?

Silk crepe weave is handmade, and tanmono (kimono fabric) can only be 6cm a day.

So there are no such kimonos, so they are very expensive, and costume rentals are more expensive.

I love old, “kimono” and “obi”.

The kimonos sold now are manufactured overseas.

It is very disappointing.

Also, I hope that “Kimono ” handmade in Japan will be produced with Japanese goods and goods.

I hope that the handing down of the technology will take place while the skilled person is there.

This time, I wrote about Kimono, Kimono in Japan.

コメントを残す