「生命の起源」”Origin of Life”

人間の身体は、そのほとんどが、「水」です。身体における「水」の割合は、年齢が、大きくなると、少なくなります。

赤ちゃんは、ミルクという液体から始まり、離乳食、食事と、水の摂取も少なくなっていきます。

ですから、赤ちゃんには、綺麗なお水が、必要です。

2019年12月4日にアフガニスタンで、射殺された、中村哲医師は、非政府組織(NGO)「ペシャワール会」で、井戸の建設事業をしていました。

過去にも、この「ペシャワール会」の農業部門の方も、殺害されています。

アフガニスタンでは、綺麗な水が無いために、病気が多く、水がないので、食べ物にも、困っていました。

昔は、砂漠のような土地を整備したのが、「ペシャワール会」でした。

綺麗な水は、生物にとって最も重要なものです。

事実、先端技術では、「癌」の治療に「水素水」を使います。

水は、「H2O」ですから、基本原子、「1番」の水素「H」は、体組成のキーワードです。

このことからも判るように、綺麗な「O」、「酸素」、つまり、綺麗な「空気」と「水」は、生物にとって最も重要な、ものです。

このようなことからも判るように、食事は、とても大事なものです。

「水」つまり、栄養素で言えば、「ミネラル」になるのですが、生命の進化と共に、どういう働きをしたのか、免疫力について、私の考察です。

かつて、生命が誕生した海は、カリウムやマグネシウムの多い海だったと考えられています。

その進化の様子が、細胞に刻まれています。

ミトコンドリアは、カリウムを有し、ナトリウムを排出します。

そうすると、体液と反応して、Na+H2O→NaOH+1/2H2として、pH調整作用があります。

組成から、液胞は、かつての精子だと考えられます。

「糸状菌において液胞では、オルガネラである。液胞は、植物や菌類の有するコーパメントであり、物質の貯蔵や分解、細胞質イオンの恒常性維持に必要なオルガネラである。 東京大学」

ヒトでは、細胞膜が、これを代行しています。

かつての精子は、マグネシウムによって育ったので、これも体液と反応して、2H2O+Mg→Mg(OH)2+H2という形で、pH調節作用があります。

これが、生命体としての免疫力と私は、考えています。

このように、ヒトとしての進化は、「同性」つまり、「X」から始まり、それから「Y」が、発生した名残りが、あります。

「XX」、「XY」との分離の痕跡があります。

このように、「水」は、「生命の起源」でもあります。

「地球は、青い。」宇宙飛行士のガガーリンは、ことばを残しています。

地球での、生物としての「ヒト」の歴史は、ほんの一滴です。

環境を大切にすることは、人類にとって最も重要なことです。

このことにも、触れていきたいと思います。

Most of the human body is “water”.

The proportion of “water” in the body decreases with age.

Babies begin with a liquid called milk, and their baby food, diet, and water intake are reduced.

So, babies need clean water.

Dr. Tetu Nakamura, who was shot dead in Afghanistan on December 4, 2019, was working on a well construction project at the non-governmental organization (NGO) Peshawar Kai.

In the past, the Peshawar Agriculture sector has also been killed.

In Afghanistan, there was a lot of sickness due to lack of clean water, and there was no water, so food was a problem.

In the past, it was the Peshawar Society that developed land like a desert.

Clean water is the most important thing for living things.

In fact, advanced technology uses “hydrogen water” to treat “cancer”.

Water is “H2O”, so the basic atom, “No. 1” hydrogen “H” is a keyword for body composition.

As you can see from this, clean “O” and “oxygen”, that is, clean “air” and “water” are the most important things for living things.

As you can see from this, food is very important.

“Water”, in other words, it becomes “mineral” in terms of nutrients, but it is my consideration of how it works along with the evolution of life and immunity.

It is thought that the sea where life was born was once a sea of potassium and magnesium.

The evolution is carved into the cell.

Mitochondria have potassium and excrete sodium.

Then, it reacts with body fluids and has a pH regulating action as Na + H2O → NaOH + 1 / 2H2.

By its composition, the vacuole is considered a former sperm.

“In filamentous fungi, vacuoles are organelles.

Vacuoles are the components of plants and fungi, and are organelles necessary for storing and decomposing substances and maintaining cytoplasmic ion homeostasis.

The cell membrane takes over this.

In the past, sperm grew up with magnesium, which also reacts with body fluids and has a pH-regulating effect in the form 2H2O + Mg → Mg (OH) 2 + H2.

I think this is immunity as a living entity.

Thus, human evolution begins with “homosexuality”, that is, “X”, and then “Y”, the remnant of which occurred.

There are traces of separation from “XX” and “XY”.

Thus, “water” is also the “origin of life”.

“Earth is blue.” Astronaut Gagarin leaves the word.

The history of “human” as a living thing on the earth is only one drop.

Caring for the environment is of paramount importance to humanity.

I would like to mention this too.

This time, I examined “water” of “source of life”.

コメントを残す