人生を豊かにする、心。The heart that enriches life.

今回は、日本を離れて、ドイツのクラッシック音楽の事を書いてみたいと思います。

ドイツ音楽は、非常に重厚です。

代表作曲家は、J.S.バッハ、(Bach),ベートーヴェン(Beethoven),ヨハネス.ブラームス(Brahms)は、とても有名なドイツ音楽です。

このブラームスは、とても曲調が、重いです。

私の好きな日本人の指揮者で、佐渡裕さんがいますが、彼はとても軽快にクラッシック音楽を「演出」してくれます。

ブラームスの天才的な音楽は、非常に重く、哀しみの強い曲が、多いので、いつもどうタクトを振るのか、楽しみでした。

…ブラームスは、どうしてこんなに曲調が、「哀しい」のか、知った時は、衝撃でした。

クララ.シューマンという、ピアニストと不倫関係を知ったのです。

ウワサですが、彼女は、8人の子供を産んでいますが、8人目の子供が、ブラームスの子供だと世間は、騒いでいました。

このウワサは、19世紀のことです。

私は、特に「音楽」を専攻していません。

このことを知ったのは、1枚の「絵画」でした。

とても、クララ.シューマンは、美人だったそうで、色んな業界の人との交流が、あった、そうです。

その中のひとりが、彼女を題材にして、描いた「絵画」があります。

その「絵画」には、美しいクララの姿と共に、「お腹の赤ちゃん」が、描かれていました。

その赤ちゃんは、「不倫」で、できた子供だと、嫉妬で、満ちあふれた、「絵画」でした。

学芸員から、のお話で、とても興味深いものでした。

それが、クララとブラームスだと知ったのは、数年後になるのです。

このように、色んな形で、その人の「人生」は語ります。

ブラームスは、「実らぬ愛」を「音楽」という形で残しています。

耳の聞こえなくなった、ベートーヴェン、の話は、有名です。

「運命」は、人生の波、風、時には安らぎを奏でています。

誰でも、100%満たされる、ことは、ありません。

だからこそ、自分のできるところから、始めてみましょう。

「経験」は、「努力」によって、「宝」にできます。

色んな境遇の人が、「苦境を乗り越えて、良い人生」になりますように。

This time, I want to leave Japan and write about German classical music.

German music is very solid.

The representative composers are J.S.Bach, (Bach), Beethoven, and Johannes Brahms are very famous German music.

This Brahms is very tuned and heavy.

One of my favorite Japanese conductors is Yutaka Sado, who “directs” classical music very lightly.

Brahms’s genius music has a lot of very heavy and sorrowful songs, so I was always looking forward to how to play the tact.

… It was a shock when Brahms knew why the tune was so sad.

I knew Clara Schumann, an affair with a pianist.

Rumors, she has eight children, but the public was upset that the eighth child was a child of Brahms.

This rumor is from the 19th century.

I am not particularly majoring in music.

It was one “painting” that knew this. Very, Clara Schumann was a beautiful woman, and there was interaction with people from various industries.

One of them is a “painting” drawn with her as the subject.

In the “painting”, “the baby on the stomach” was drawn with a beautiful figure of Clara.

The baby was an “affair”, a jealous, full, “painting” if it was a grown child.

It was very interesting from the curator.

Only a few years later I knew it was Clara and Brahms.

Thus, in various ways, the “life” of the person speaks.

Brahms leaves “ineffective love” in the form of “music”.

The story of Beethoven, who is deaf, is famous.

“Destiny” plays the waves, the wind, and sometimes the peace of life.

Nobody is 100% satisfied.

That’s why you can start where you can.

“Experience” can be made “treasure” by “effort”.

May people of various circumstances become “overcoming the hardships and have a good life”.

コメントを残す