「日本人の心」「日本の文化」”Japanese spirit” “Japanese culture”

前回は、日本の住宅を通じて、日本の住宅の「使い捨て」になってしまう事情を書きました。

日本は、「温泉」がたくさんあります。

「小さな爆弾」ですが、これさえも、「文化」にします。

日本は、とてもものを大切にする「文化」ですが、色んなものが「使い捨て」になってしまいます。

「温泉」は、地震がたくさん発生する、国土、の証明です。

気象庁を検索すれば、毎日、日本は、地震があります。

日本は、資源がない国、です。

これも、又、書いていきたいと思います。

大きな「震災、シンサイ」(地震による災害)が、あって、それによってたくさんの死んだ人が出ます。

身近な人が、不幸な事件で死んだ人の家族がいたり。

そんな時、外国人を映すメディアは、大きく声をあげて、泣き悲しむ、姿、が出されています。

日本は、災害が多いですから、とても苦労、しています。

でも、日本人は声をあげて、泣きません。

これは、「禅」の心が、わからないと、理解できません。

よく外国の著名人が日本の「禅」をします。

日本人なら、「禅」の心は、体験しなくても、わかっています。

それが、答え、です。

外国の方は、さっぱり、わからないと思います。

そこには、「無心、ムシン」が、あります。

漢字で書くと、心が無い、と書きます。

心は、悲しみでいっぱいで、心は、とても傷ついています。

悲しみは、災害が多いので、「心の病気」になる人もいるので、ケアします。心は、外国の人と同じ、です。

日本人は、「禅の心」があるのです。

奥深い言葉で、「心が無いような、揺らぎの無いように耐えます」。

「無心、ムシン」には、多様な意味があり、心を解き放つ、と言う意味もあり、「禅」は、修行しなければ、わからない領域でもあります。

「アメリカンファースト」の言葉をよく聞きます。

日本人は、決して「ジャパンファースト」とは、言いません。

これは、「謙虚」な日本人。

と見えるかもしれません。

しかし、違います。それは「文化」です。

ずっと一番、でいることは、不可能だということを知っています。

このことにも書いていきたいです。

だから、日本人は、努力します。

努力しないと生きていけない、国土、なので、さらに、努力します。

いつも、「耐え」ています。

昭和天王の言葉があります。

「タエガタキヲタエ、シノビガタキヲシノビ」「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」。

意味は、「耐えられないものを耐える。我慢できないものを我慢する」。

だから、「自己主張」をするのが、苦手です。

そして、貿易交渉などは、いつも不利で、損をしています。

日本国内では、そうならない、からです。

「サムライ」の心です。

これが、日本人の心です。

ひとこと、では説明できません。

そこには、キーワードがたくさん、あるからです。

それについても書いていきたいです。

だから、日本は「カタナガリ」が、できました。

「努力」それは、「修行」(シュギョウ)です。

心の「ワビサビ」です。

これこそ、「日本の心」です。

「ワビサビ」についても、とてもひとことでは、言えません。

この頃は、日本人も心が、外国のようになって、来ている人もいます。

これも、個性でしょう。

「ワビサビ」についても、又、書いていきたいです。

Last time, I wrote about the fact that Japanese houses became “disposable” through Japanese houses.

Japan has many “hot springs”.

“Small bomb”, but even this makes it “culture”.

Japan is a “culture” that values things very much, but many things become “disposable”.

“Hot spring” is a proof of the country where many earthquakes occur.

If you search for the Japan Meteorological Agency, there will be earthquakes in Japan every day.

Japan is a country without resources.

I would like to write this again.

There is a big “earthquake, shinsai” (earthquake disaster), which leads to many dead people.

There is a family of people who have died in an unfortunate incident.

At such times, the media that reflects foreigners are loudly crying and crying. Japan has a lot of disasters, so it is very difficult.

But the Japanese don’t cry out loud.

This cannot be understood without understanding the heart of Zen.

Foreign celebrities often do Zen in Japan.

If you are Japanese, you can understand the spirit of Zen without experiencing it.

That is the answer.

I think foreigners don’t understand at all.

There is “Musin” there.

I write that there is no heart when I write in Kanji.

My heart is full of sorrow and my heart is very hurt.

Since sadness is a disaster, there are some people who become “heart illness”, so care is taken.

The heart is the same as a foreigner.

Japanese people have a “Zen heart”.

In a profound language, “I will endure with no heart and no fluctuation”.

“Musin” has various meanings and also means to unleash your mind.

“Zen” is an area that you cannot understand unless you practice.

I often hear the words “American First”.

Japanese people never say “Japan First”.

This is a “humble” Japanese. It may seem.

But not.

That is “culture”.

I know that it’s impossible to go out all the time.

I want to write about this too.

Therefore, the Japanese make an effort.

Since it is a land that cannot live without effort, we will make further efforts.

I always “endure”.

There are words from Showa Tenno. “Taegata Takiotae, Shinobigataki Shinobi”.

The meaning is “to endure what cannot be tolerated. Therefore, I am not good at making “self-assertion”.

And trade negotiations are always disadvantaged and losing money.

This is not the case in Japan.

The heart of “Samurai”.

This is the Japanese mind.

A word cannot explain.

Because there are a lot of keywords.

I want to write about it. Therefore, “Katakanagari” was made in Japan.

“Effort” is “training”(syugyou).

It is the “wabisabi” of the heart.

This is the “Japanese heart”.

I can’t say anything about “wabisabi”.

At this time, some Japanese people have come to feel like foreign countries.

This is also personality.

I would like to write about “wabisabi” again.

コメントを残す