ブランドバックの金具のかんたん修理 Easy repair of brand-back metal fittings

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今日は、金具が古くなったバックのリォーム方法を書いてみようと思います。

ブランドバックは、金具になっているものがあります。

古いバックを綺麗にリフォームできたので、皆さまにお伝えします。

ブランドバックは、金具は、改造されないように、かなり精巧にできています。

ですので、正規店以外で修理されますと、もうコピー商品の扱いになってしまいます。

高額の修理代は出せないけど、もったいない、と思うことが、良くあると思います。

私は、そのようなバックを綺麗に仕上げることができました。

それは、まず、バックの金具の当たる部分にマスキングテープを貼ります。

金具は、良く拭いておきます。そして金具に元の色に近いマニキュアを塗ります。

とても綺麗に光ってとても良い感じになります。

そのままでも、良いし、そのバックを使ってみて気に入れば、マニキュアをはがして、正規店に持って行って本格的に修理しても良いと思います。

街の修理に出すと別の金具になります。

と、私がいつもお世話になっている靴の修理の方に教えていただきました。

特にブランドバックは、精巧に作られているので、ビスをとめるのも、接着剤で封印されているので、一般に部品は、流通できないようになっています。

ですので、部品を勝手に改造するのは、やめたほうがいいです。

それを知っておくことは大切です。

皆さまのブランドバックが、大切にそして満足して使っていただけたら嬉しいと思い、この記事を書いてみました。

ライト ゴルフ アイアンマニキュア ゴールド色Light Golf Golf Iron Manicure Gold Color

https://amzn.to/2Nk6sBF

Today, I’m going to write how to re-form the back with old metal fittings.

Some brand backs are metal fittings.

We are happy to inform you that the old bag has been completely renovated.

It shines very beautifully and feels very good.

The brand back is fairly elaborate so that the hardware is not altered.

Therefore, if it is repaired at a non-regular store, it will be treated as a copy product.

Even if it is good as it is, if you like using the bag, you can remove the nail polish, bring it to a regular store and repair it in earnest.

Some brand backs have metal fittings.

I was able to finish such a back beautifully.

First of all, stick the masking tape on the part where the metal fittings of the back hit.

Wipe the metal fittings well.

Then apply nail polish close to the original color to the metal fittings.

If you send it to the city for repair, it will be another fitting.

I was told to repair shoes that I always take care of.

In particular, brand backs are made with precision, so the screws are also stopped, and the parts are not generally circulated because they are sealed with an adhesive.

Therefore, it is better not to modify parts without permission.

It is important to know that.

I’d be happy if your brand back could be used with care and satisfaction, so I wrote this article.

<

コメントを残す