カルロス・ゴーンと「サムライ」日本の精神。Carlos Ghosn and the “Samurai” Japanese spirit.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

世界では、カルロス・ゴーンを擁護するメディアが多くあります。

やはり、日本人は「禅の心」があるから、黙っています。

これは、前に「日本人の心」「日本の文化」に書いています。

これは「サムライ」の心が理解できれば、理解できます。

日本は、第二次世界大戦の終わる1945年まで、身分制度が色濃く残っていました。

学校に入学する時に親の職業を書くことが、必要でした。

そこには「士農工商、シノウコウショウ」という、親の職業にランク付けがありました。

「士、シ」は、武士、ブシです。

最も高いランクの階層です。次に「農、ノウ」農業。

これは、生きていく時に、最も必要なものが「食糧」で、食べるものを作る人は、お給料が少なくても、社会的地位は高いのです。

「工、コウ」これは、生活する時に、必要なものを作る人は、お給料が、少なくても社会的地位は、比較的良いものでした。

一番下なのは、「商、ショウ」で、お金がたくさん持っていても、お金を扱って、商売するのは、社会的地位は、一番、下でした。

このように日本では「どれだけ、人に役にたつか」によって、社会的地位が決まっていました。

これを解説すると、一番上が、「武士、ブシ」これは、「サムライ」のことで、組織の中で、「忠誠、チュウセイ」いちずな心、何事にも動じずに誠実に仕える心を言います。

「武士、ブシ」には、「参勤交代、サンキンコウタイ」というのが、あって、「将軍、ショウグン」に忠誠を誓う為に、莫大なお金を使って、「将軍、ショウグン」に会いに行く制度がありました。

それによって、「商、ショウ」は、たくさんのお金を手に入れました。

しかし、これは、社会的身分は、一番下の身分でした。

これは、商業をしている人で、お金に関して心が揺れる人を一番下にしています。このことからも、判るように「お金」によって組織を乱すことは、この日本では許さない、暗黙のルールがあります。

ですから、日本の経済界のトップの方は、そう高額のお給料はありません。創業者として株式を保有することによって資産は、ありますが。

カルロス・ゴーンは、特別な存在でした。

その上に、組織を「お金」で裏切ることは、日本人の道徳には、最も「許されない存在」です。

日本人は、「阿吽、アウン」と言う、ことばがあります。

1人が、「ア」言えば、すべてを理解して、「ウン」と返事をする。

これだけで、すべてが理解できる、ということばです。

ですから、メディアで報じられたとしても、何も言わずにして、理解できますし、「禅の心」がありますから、何も反論はしません。

誰も知らないのではなく、すべて知った上で、「黙って」います。

これは、いろんな国際ニュースに対しても、同じ、です。

だから、「日本人は知らない」のではなく、知っていても、反論しないのです。

日本には、こんなことばがあります。「沈黙は金なり」。

黙っていることは、最高に素晴らしい、ことだという意味です。

There are many media in the world who defend Carlos Ghosn.

After all, Japanese people are silent because they have a “Zen heart”.

I wrote this earlier in “Japanese spirit”and “Japanese culture”.

This is understandable if you understand the heart of “Samurai.”

Japan had a strong identity system until the end of World War II in 1945.

It was necessary to write the parent’s profession when entering school.

There, there was a ranking of parents’ occupations, “Shin-no-Kosho”. “Shi” is Samurai, Bushi.

The highest rank tier. Next, “agriculture, nou-how” agriculture.

This means that when we live, the most necessary thing is “food”, and those who make food have a high social status, even if they have a low salary.

“Engineering, Ko” This means that those who make what they need when they live have a relatively good salary and at least a relatively good social status.

At the bottom is “sho, commercial”.

Even if you have a lot of money, dealing with money and doing business was the lowest social status.

In this way, in Japan, the social status was determined by the “how useful a person is”.

To explain this, at the top is “Samurai, Bushi” This is “Samurai”, and in the organization, “Loyalty, Chusei” An unwavering heart, a heart that serves sincerely without moving anything say.

“Samurai, Bushi” has a part-time job change, Sankinkotai, and in order to pledge loyalty to “Shogun”, he spends a huge amount of money to meet “Shogun”. had.

As a result, “Sho” got a lot of money.

However, this was the lowest social status.

This is at the bottom of those who do commerce and who are shaking about money.

As you can see from this, there is an implicit rule in Japan that disturbing an organization with “money” is not allowed.

One person, saying “a”, understands everything and replies with “un”.

That’s all you can understand.

So the top of the Japanese business community does not have such a high salary.

Although there are assets by holding shares as founders.

Carlos Ghosn was special.

In addition, betraying an organization with “money” is the most “forbidden” in Japanese morals.

Japanese have the words, “Aun”.

So, even if it is reported in the media, I can understand it without saying anything, and because I have a “Zen mind”, I will not refute anything.

No one knows, he knows everything and is “silent.”

This is the same for various international news.

So, instead of saying, “I don’t know the Japanese,” they do not refute.

There are such words in Japan.

“Silence is gold.” Being silent means the most wonderful thing.

コメントを残す