再建築不可物件の魅力。The appeal of buildings that cannot be built.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「建築不可物件」は、融資が付かないので、どうしても現金での購入になりますので、購入できる人も限られてしまいます。

その上、リフォームをしようとしても銀行から「融資」が受けられない、ので、買える人が、少なくなってしまいます。

便利なところにある事も多いのです。

「再建築不可物件」を実際、購入してお住まいしておられる方も知っておりますが、それは、とても素敵に住まわれておりました。

窓やサッシ は、お高いのでそのままにしておられたようですが、中は、2階に対面キッチンにされて、それはとても素敵でした。

もちろん、駅から近いので、便利です。

建築不可物件は、中途半端にリフォームするより、土台のみ残して、お金をかけてリフォームした方が、良いと思います。

予算にもよりますが、やはり古い木造建築は、筋交に金具がないので、地震にも弱いです。

土台は、今のように、杭打ちまでは、無理でしょうが、補修して、建物の筋交に金具等を入れて作れば良いでしょう。

かなり、現金が必要となるとは、思いますが、「再建築不可物件」ですから、長く住う為には、思い切ってリフォームした方が、良いでしょう。

その方が、結局は、その住宅に満足して、長く住う事もできます。

不動産は、一つとして同じ物件は、ありません。色んな物件を見学にいきましょう。

Since “loans that cannot be built” have no financing, they must be purchased in cash, so the number of people who can buy them is limited.

In addition, even if you try to renovate, you will not be able to receive “financing” from the bank, so the number of people who can buy it will decrease.

It is often in a convenient place.

I know people who actually purchased and lived on “non-rebuildable property”, but it lived very nicely.

The windows and sashes were expensive and seemed to have been left alone, but inside was a face-to-face kitchen on the second floor, which was very nice.

Of course, it is convenient because it is close to the station.

I think that it is better to leave only the foundation and renovate the property that cannot be built, rather than renovating it halfway.

Older wooden buildings are also vulnerable to earthquakes, depending on the budget, because there are no braces for braces.

The foundation, as it is now, will not be possible until stakeout, but it should be repaired and made with fittings etc. in the building braces.

I think that you will need a lot of cash, but since it is a “non-rebuildable property”, it is better to renovate drastically to live longer.

In the end, you will be more satisfied with the house and will be able to live longer.

No two properties are the same.

Let’s visit various properties.

コメントを残す