お金をためる。目標金額を決める。Save money by saving money.Determine the target amount.

今回は、お金のため方について書いてみたいと思います。

この基本は、まずは、どれぐらいためるのか、ゴールを決めてお金をためる、事です。

私は、基本給124,000円でした。

その中から、社会保険、税金等引落されます。

そして、自宅に居ますので、毎月25,000円自宅に払っていました。

その中から、お金を積み立てしていました。

その金額は、毎月50,000円でした。

これを特別なものと思わないでください。

会社で、同じ金額を積み立てしている人が、居たからです。

その話を聞いて、私も決心してお金を積み立てしていました。

更に、ボーナスは、年2回有ります。

300,000円程が、2回支給されていましたので、ボーナスは、200,000円を2回積み立てました。

これで、1年間で、1,000,000円のお金がたまりました。

生活は、質素でした。家からお弁当を持って行ったり。

でも、何かをするには、やはりお金は、必要ですから、社会人になれば、信用を付ける為にも、大切なことです。

これは、特別なことでは、ありません。同僚にも同じことをしている人が、いたのですから。

毎日の積み重ねは、大切です。

銀行からもとても、信用、が付いたようです。

まずは、積み立て金額を決めて、その残りで、生活する工夫をすれば、お金はたまります。

そうすれば、マイホームや投資に資金をかけられます。

小さな一歩ですが、先ずは、お金をためる、ように頑張ってください。

This time I would like to write about how to save money.

The basic idea is to start with a goal and save money.

I had a basic salary of 124,000 yen.

From there, social insurance and taxes will be deducted.

And since I was at home, I paid 25,000 yen every month.

From that, he was accumulating money.

The amount was 50,000 yen per month.

Don’t think this is special.

Because there was a person who saved the same amount in the company.

When I heard that story, I also decided to accumulate money.

In addition, there are bonuses twice a year.

Since about 300,000 yen was paid twice, the bonus was accumulated 200,000 yen twice.

With this, I earned 1,000,000 yen in one year.

Life was simple.

Take lunch from home.

However, to do something, money is still necessary, so if you become a member of society, it is important to gain trust.

This is nothing special.

Some of my colleagues did the same thing.

Daily accumulation is important.

It seems that credit has also been received from the bank.

First of all, if you decide the amount of money to be saved, and make the ingenuity to live with the rest, you will earn money.

Then you can spend money on your home and investment.

This is a small step, but first, do your best to save money.

コメントを残す